広大な県土に広がる自然に圧倒される長野。
信州蕎麦やおやきなど、内陸県ならではの
郷土料理が揃う長野のグルメをご紹介します

読む
旬の食材
フキノトウ
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

春の到来を告げる山菜の王様

春の山菜の王様ともいうべきフキノトウは、雪解けとともに土の上に丸い姿を現して、いち早く春の到来を告げる。食べた瞬間に鼻から抜ける香りと、ほのかな苦味がフキノトウの醍醐味。天ぷらや酢味噌和えにして、春を存分に味わおう。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    県内全域

この時期のおすすめ
ローメン

「B-1グランプリ」出展のご当地グルメ

蒸した中華麺に炒めたマトンやキャベツ、キクラゲなどを加えたローメンは、伊那市自慢の味。スープに入ったもの、焼きそば風のものなど、提供する店によってバリエーションがあるが、ラーメンとも焼きそばとも異なる独特の味わいが、観光客にも好評だ。

美味しい豆知識

好みにより、酢や唐辛子、マヨネーズ、カレー粉などで、味のカスタマイズが楽しめるのもローメンの魅力の一つ。

旬の食材
高原レタス
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

水気滴るフレッシュな味わい

パリッと2つに割ると、水気が飛び散るほどみずみずしい、この季節の高原レタス。夏でも夜の気温が20度前後まで下がり、適度な朝露がおりる高原の気候が、レタスをやわらかく甘くする。食べる直前まで氷水につけておき、シャキシャキ感を存分に楽しもう。

  • 主な品種/ブランド

    八ヶ岳高原レタス

  • 主な産地

    南佐久郡川上村、南佐久郡南牧村

この時期のおすすめ
山賊焼

強烈なニンニク醤油で夏バテも吹っ飛ぶ

県内の中心部にあたる塩尻や松本に伝わる郷土料理。ニンニクやショウガが入った醤油ベースのタレに、鶏のムネの一枚肉かモモ肉を漬け込み、片栗粉をまぶしてからりと揚げたものが王道とされる。千切りキャベツやレタスとともに、豪快に味わおう。

美味しい豆知識

松本市内には、山賊焼を食べられる店が数多くあり、毎年3月9日は「さんぞく」の語呂合わせで「松本山賊焼の日」となっている。

旬の食材
リンゴ
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

長野県のオリジナル品種「リンゴ三兄弟」

山に囲まれた盆地が多いため、日照時間が長く降水量が少ない長野県は、リンゴの栽培に適し、青森県に次いで全国第2位の収穫量を誇る。その品種は約20種と多彩で、特に秋映、シナノスイート、シナノゴールドの3品種は「リンゴ三兄弟」と称されている。

  • 主な品種/ブランド

    サンふじ、つがる、秋映、シナノスイート、シナノゴールドほか

  • 主な産地

    県内全域

この時期のおすすめ
信州そば

繊細な更科と野趣あふれる田舎をお好みで

狭義では信州そば協同組合の登録商標のことを指す場合もあるが、一般的には、平均気温の低い長野県で栽培され、製麺されたものの総称として「信州そば」が使われる。清らかな水がそば本来の美味しさを引き出し、香りと喉越しがよく、新そばはことのほか美味。

美味しい豆知識

伊那地方には「赤そばの里」という、赤いそばの花が咲く産地があり、打ったそばもうっすらとしたピンク色をしている。

旬の食材
野沢菜
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

冬の食卓に欠かせない歯応え満点の青菜

18世紀、健明寺8代目住職・晃天園瑞大和尚が京都へ遊学した折「天王寺蕪」の種子を持ち帰り、栽培したことが始まりとされる「野沢菜」。昔から「お菜漬け」と呼ばれ、長野の冬には欠かせない存在。緑鮮やかな浅漬と、べっこう色の本漬を食べ比べてみては。

  • 主な品種/ブランド

    野沢菜(在来種)、おかあちゃん、美郷1号

  • 主な産地

    石井町、徳島市他

この時期のおすすめ
おやき

信州の味覚が詰まった素朴なおやつ

野沢菜やキノコ、小豆あんなどを小麦粉の皮で包んで焼いた、信州に広く伝わるおやつ。稲作の乏しい地域で、米代わりの主食として広まった。家庭ごとに手作りで伝承されてきたため、家や店ごとにさまざまな工夫が見られる。手軽ながら奥深い味わいが魅力。

美味しい豆知識

今ではオーブンやフライパンで手軽に作られる「おやき」だが、かつては囲炉裏の灰に埋めて蒸し焼きにしたとか。