宮崎県エリアガイド

スライド1

宮崎県エリアガイド

数々の伝説が残る神話のふるさと・宮崎。神秘的な高千穂峡、南国ムードあふれる日南海岸、霧島連山の麓にはえびの高原など雄大な自然が広がる。宮崎牛やフルーツなど豊かな風土が育んだ美味や、本場のチキン南蛮も味わいたい。

電子雑誌

旅におすすめの情報を編集部が厳選ピックアップ
サムネイル1
サムネイル1
サムネイル2
サムネイル3
サムネイル3
掲載エリア

心とカラダを潤す自然豊かな南国リゾート 宮崎パワーチャージの旅
宮崎市・青島・日南|日向・延岡・高千穂|綾・えびの・都城

読む

エリアマップ

気になるエリアを選んで、観光情報をチェック
エリアマップ1
全国に戻る

このエリアの旬の食材・おすすめ料理

季節ごとに楽しめるご当地ならではのグルメ情報
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材マグロ
    ジャンル
    魚介
    貴重な部位も食べられる近海の生マグロ

    日向灘の沖先を流れる黒潮は、はるか南から回遊魚を乗せ、豊かな漁場を形成。そのため宮崎は、沿岸や近海のマグロはえ縄漁で有数の水揚げ量を誇る。その身の美味しさは言わずもがな、腹身や胃袋、心臓まで食せるのは、新鮮なマグロが手に入る地元ならではだ。

    旬の食材カレンダー
    2月、3月、4月、5月
    主な品種・ブランド
    メバチマグロ、キハダマグロ
    主な産地
    日南市ほか
    この時期のおすすめマグロのごんぐり煮
    港町ならではの内臓を使った漁師料理

    「ごんぐり」とはマグロの胃袋のこと。ゆでてやわらかくした胃袋をよく洗い、醤油、酒、砂糖などで甘辛く煮込んだもの。冷凍技術が発達する前は釣りたてのものでしか作ることができなかったため、漁港の多い宮崎県日南市近辺を中心に根付いた。

    美味しい豆知識
    ごんぐりは、そのままでもトロや赤身よりも美味しいといわれるが、鮮度が持たないため地元で消費されてしまう、幻の食材。
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材完熟マンゴー
    ジャンル
    野菜・果物
    宮崎の夏を象徴するトロピカルフルーツ

    宮崎の夏といえば完熟マンゴー、といっても過言ではない県を代表する特産品。一つひとつ袋をかけて、傷がつかないように最新の注意を払って栽培される。樹上で熟し自然に落ちたものだけを収穫するため、マンゴー本来の濃厚な甘みが楽しめる。

    旬の食材カレンダー
    4月、5月、6月、7月
    主な品種・ブランド
    アーウィン種、太陽のタマゴ
    主な産地
    県内全域
    この時期のおすすめ冷や汁
    宮崎ならではのさらさらとした味わい

    宮崎で、野良仕事の合間に気軽に食べられる昼食として伝えられてきた。すり鉢にゴマや味噌、イリコ、焼いたアジの身などを入れてすり上げ、冷やしたダシ汁でのばす。それにほぐした豆腐、キュウリや香味野菜を加えて、麦飯にかけていただく、まさに夏の味。

    美味しい豆知識
    すり鉢で材料をよく混ぜた段階で、すり鉢の内側に広げ、逆さにしてコンロで軽く炙ると、生臭さが飛んで香ばしさが加わる。
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材シイタケ
    ジャンル
    キノコ
    シイタケ栽培の歴史を刻む日本屈指の名産地

    温暖で豊かな山と谷に恵まれた宮崎は、室町時代に諸塚村周辺でシイタケ栽培が行なわれた記録もあり、日本でも早い時期から生産が始まった名産地。旨味と香りが深く、よいダシが出るだけでなく、干すことでビタミンDが増加、骨粗しょう症の予防にも役立つ逸品だ。

    旬の食材カレンダー
    9月~11月、3月~5月
    主な品種・ブランド
    なし
    主な産地
    東臼杵郡諸塚村・椎葉村、西臼杵郡五ヶ瀬町
    この時期のおすすめ魚うどん
    独飽食の現代によみがえったヘルシー麺

    戦時中の食料不足を解消するため、日南市油津の母親たちが、魚のすり身を麺にしたことに始まる料理だが、旨味たっぷりで低カロリーと、現代のグルメにも嬉しい贅沢な麺。当初はシイラが原料だったが、より食感がうどんに似て旨味が濃いトビウオが使われる。

    美味しい豆知識
    魚が原料のため、煮汁にダシが出て美味しくなると、鍋料理やちゃんこ料理にも好評。食感が変わらないよう程よく煮ていただく。
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材みやざき黒皮かぼちゃ
    ジャンル
    野菜・果物
    宮崎が誇る、希少価値の高いカボチャ

    古くから宮崎県で栽培され、今も「日向かぼちゃ」として広く親しまれている。まろやかな甘みときめ細かな舌ざわりで、長く煮込んでも煮崩れしないため、日本料理の高級素材としても名高い。宮崎県を代表する味覚の一つだ。

    旬の食材カレンダー
    11月、12月、1月
    主な品種・ブランド
    宮崎早生1号宮崎早生2号、小型タチバナ黒皮南皮
    主な産地
    宮崎市、児湯郡川南町
    この時期のおすすめチキン南蛮
    もはや全国区の地元発信グルメ

    カラッと揚げた鶏肉を、南蛮酢に漬けてタルタルソースをかける。甘酸っぱい風味と、タルタルソースのコクが見事にマッチ。もとは洋食店のまかない料理だといわれるが、いまでは宮崎県を代表する一品料理に成長。店ごとの個性を楽しみたい。

    美味しい豆知識
    胸肉を使ったもの、もも肉を使ったもの、ひと口サイズから一枚肉まで個性豊か。延岡市ではチキン南蛮による町おこしも。

このエリアの人気ランキング

旅色読者が選んだ旅館・ホテル、グルメ、観光スポット

おすすめのテーマ

気分や目的、旬のエリアから提案する旅のスタイル
もっと見る