広島県エリアガイド

スライド1

広島県エリアガイド

広島市の原爆ドームと宮島の嚴島神社、2つの世界遺産を持つ広島。多くの映画やドラマの舞台にもなった尾道や鞆の浦、風光明媚なしまなみ海道など、心を打つ風景と出合える。お好み焼きやカキなど、名物グルメも旅の楽しみ。

電子雑誌

旅におすすめの情報を編集部が厳選ピックアップ
サムネイル1
サムネイル1
サムネイル2
サムネイル3
サムネイル3
掲載エリア

観て、歩いて、感じて 感動が待つ 広島の旅
広島市内|宮島|廿日市・大竹市|尾道市|福山市・府中市|呉市|東広島市|竹原市|三原市・世羅郡|庄原市・三次市|山県郡・安芸高田市

読む

エリアマップ

気になるエリアを選んで、観光情報をチェック
エリアマップ1
全国に戻る

おすすめモデルコース

人気・定番の観光地が満喫できるプランをご紹介

このエリアの旬の食材・おすすめ料理

季節ごとに楽しめるご当地ならではのグルメ情報
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材大野アサリ
    ジャンル
    魚介
    一つひとつ手掘りで、丁寧に砂抜きされた逸品

    安芸の宮島の山々から湧き出る栄養を、ふんだんに吸収して育ったブランド品。今でも伝統の手掘りにこだわり、漁師が丁寧に収穫するため、砂が少ないのが特徴。そのふくよかな味わいと品質のよさは、全国的にも知れ渡っている。

    旬の食材カレンダー
    4月~9月
    主な品種・ブランド
    なし
    主な産地
    廿日市市大野瀬戸
    この時期のおすすめアサリの酒蒸し
    アサリの風味が存分に味わえる手軽な家庭料理

    日本酒を鍋に入れて火にかけ、熱くなった頃合いにアサリを入れて蓋をし、蒸し煮にした料理。日本酒の代わりに白ワインを使った洋風のワイン蒸しは、また違った味わい。酒蒸しには小ネギやアサツキ、ワイン蒸しにはパセリのみじん切りなどをアクセントに。

    美味しい豆知識
    砂が少ないので、余った具や茹で汁をそのままパスタにからめれば、ボンゴレのできあがり。バターを加えれば、一層風味が際立つ。
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材カタクチイワシ
    ジャンル
    魚介
    とれたてでしか味わえない刺身を満喫

    14cmほどの小さな身に、旨味がギュッと詰まったカタクチイワシ。広島では小イワシと呼ばれ、夏になると底引き網で大量に水揚げされる。鮮度が命の小イワシの刺身は、昔から「七回洗えば鯛の味」といわれ、広島の夏の味覚として親しまれてきた。

    旬の食材カレンダー
    6月、7月、8月、9月
    主な品種・ブランド
    コイワシ
    主な産地
    広島湾
    この時期のおすすめあなごめし
    できたてあなごめしを頬張ろう

    瀬戸内を代表する郷土料理の一つ。アナゴのあらで炊き込んだご飯の上に、蒲焼きにしたアナゴをびっしりと敷き詰める。特に宮島では名物料理となっていて駅弁も有名だが、広島を訪れた際は、ぜひ店舗でできたてを食べたい。弁当とは異なる味わいが楽しめる。

    美味しい豆知識
    アナゴは、宮島と本土側の大野町との「大野瀬戸」でよくとれるため、宮島の味の代表格に。20軒近くの店で食べられる。
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材マツタケ
    ジャンル
    キノコ
    質・量ともに全国屈指のマツタケ名産地

    広島は松林が広く美林が多いことに比例して、マツタケの生産量も全国屈指。広島産は香りの高さやシャッキリした食感に定評があり、本場の逸品として老舗料亭や贈答用などに求められる。秋はマツタケ狩りやマツタケ料理を楽しむイベントが、各地で行なわれる。

    旬の食材カレンダー
    10月、11月
    主な品種・ブランド
    なし
    主な産地
    東広島市、神石郡神石高原町、三次市、庄原市
    この時期のおすすめ福山うずみごはん
    伝統の食文化から新たに発展した郷土食

    収穫を祝う秋の郷土食の「うずみ」は、質素倹約が求められた江戸時代に、贅沢な具を椀の底に潜ませ、隠して食べたことに始まる。現在は「福山鯛うずみ」をはじめ、具材もダシ汁もさまざまな「福山うずみごはん」としてよみがえり、市内の料理店で提供されている。

    美味しい豆知識
    「福山食ブランド創出市民会議」では、うずみごはん提供店のMAPやレシピ集を提供。新たな視点でのコンテストも行なっている。
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材カキ
    ジャンル
    魚介
    濃厚でとろりとした“海のミルク”

    栄養価の高さから“海のミルク”と呼ばれるカキ。その名産地として広く知られているのが広島だ。まるで枕詞のように語られる「広島のカキ」は、身が大ぶりで、磯の香りも存分に味わえる。大きな貝殻を開いたら、とれたてをつるりといただこう。

    旬の食材カレンダー
    12月、1月、2月、3月
    主な品種・ブランド
    なし
    主な産地
    瀬戸内海沿い
    この時期のおすすめカキの土手鍋
    プリプリに膨れたカキと味噌のハーモニー

    生もいいが、この季節ならではのカキの味わいといえば「土手鍋」。大きな土鍋のヘリに味噌を塗りつけ、たっぷりのカキと野菜をとろとろと煮込む。身の締まったカキは火が通ると丸々と膨れて、プリプリとした舌ざわりに。アツアツをたっぷり味わおう。

    美味しい豆知識
    栄養バランスに富んだカキ。ビタミン類や亜鉛などのミネラルをはじめ、滋養強壮のもととなるタウリンなどが豊富だ。

このエリアの人気ランキング

旅色読者が選んだ旅館・ホテル、グルメ、観光スポット

おすすめのテーマ

気分や目的、旬のエリアから提案する旅のスタイル
もっと見る