琵琶湖を擁する滋賀は、湖畔の自然美と歴史スポットが魅力。
魚や近江牛などの名産も多い、
自然の恵みあふれる滋賀グルメをご紹介します

読む
旬の食材
ホンモロコ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

味よく丸ごと食べられる琵琶湖固有の高級魚

日本産コイ科魚類の中で、最も美味といわれるホンモロコは、琵琶湖の固有種。関西では高級魚として扱われ、春の「子持ちモロコ」は特に珍重される。淡白ながら、ほのかな甘みがあり、上品な味わいが特徴。頭や骨がやわらかく、丸ごと食べられる。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    琵琶湖

この時期のおすすめ
ホンモロコの南蛮漬け

酸味が甘み・旨味を引き出す王道料理

佃煮や天ぷら、唐揚げ、素焼き、昆布巻きなどさまざまな調理法で食べられているホンモロコ。その王道料理ともいえるのが、ホンモロコの持つ味を引き立たせる南蛮漬け。ニンジンやタマネギ、ピーマン、香り付けに焼いた長ネギを一緒に漬け込んだものもある。

美味しい豆知識

ホンモロコは揚げることで、味がよくしみ込む。しみ込んだ酢の酸味は、ホンモロコの身の甘み、旨味をより引き出してくれる。

旬の食材
小アユ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

琵琶湖の夏の訪れを知らせる小さなアユ

琵琶湖育ちの天然のアユは、成魚でも一般的なアユの半分ほどの10cmくらいにしかならず、「小アユ」と呼ばれ、琵琶湖の夏の代表的な味覚として愛され続けている。クセがなく、旨味が強い「小アユ」は、天ぷら、南蛮漬け、佃煮などで食べられている。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    琵琶湖

この時期のおすすめ
ビワマスのお造り

目の覚めるような橙色が食欲をそそる

琵琶湖でとれる唯一のサケ科の魚。川の上流で春に生まれた稚魚が、夏には育って旬を迎える。数多く流通していないので、地元でぜひとも味わいたい。脂ののったお造りは、臭みもなく、トロサーモンのようなおいしさ。皮だけあぶった「たたき」もおすすめだ。

美味しい豆知識

ビワマスの料理法は多岐にわたり、伝統料理の「アメノイオご飯」が有名だが、「コケラずし」や「どぼ漬け」など特有の料理は数多い。

旬の食材
日野菜
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

歴史ある、風味豊かな滋賀の伝統野菜

約500年前に日野町で発見されたカブの一種。直径約2cm、長さ30cmほどの細長い形で、赤紫と白のコントラストが美しい。程よい辛味と苦みが特長で、甘酢漬けやぬか漬けなどで食されてきた。漬けるとピンク色に染まることから「桜漬け」とも呼ばれる。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    蒲生郡日野町

この時期のおすすめ
あめのいお御飯

琵琶湖の恵みを贅沢に炊き込んだ御飯

県の無形民俗文化財で、湖西を中心に食される郷土の味。卵を抱いた琵琶マスを米に炊き込んで、身と卵をほぐし混ぜ込んでいただく。琵琶マスは大きなものだと5kgほどにもなり、かつては秋の親戚が集まる折りなどに、大鍋で新米と丸ごと豪快に炊いたという。

美味しい豆知識

琵琶湖固有種の琵琶マスは、初秋の産卵期を迎えると、雨の日に川を遡上する習性があるため「雨の魚(あめのいお)」と呼ばれる。

旬の食材
シジミ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

皇室に献上されたプリプリの極上シジミ

食卓で広く親しまれているのは、夏に旬を迎えるシジミだが、琵琶湖の固有種であるセタシジミは冬場が美味。「寒シジミ」ともいわれ、身がプリっと締まって噛みごたえがあり、旨味もたっぷり。汁や炊き込みご飯などで、その味を堪能したい。

  • 主な品種/ブランド

    セタシジミ

  • 主な産地

    大津市瀬田

この時期のおすすめ
鴨すき

鴨すきには欠かせない「骨のたたき」

冬の食材は冬らしく鍋で味わいたい。滋賀の鴨すきに欠かせないのは、骨を細かくたたいて丸めた「骨のたたき」だ。コリコリとした歯ざわりと、そこから出るダシが最高。もちろん、鴨肉も絶品だ。締まった身と、とろける脂身が絶妙のハーモニーを奏でる。

美味しい豆知識

脂身の溶ける温度が低いため、消化しやすいとされる鴨肉。うどんや雑炊などで、汁の最後の一滴まで堪能しよう。