房総の新鮮な魚介や農産物など食材が豊富な千葉。
魚介はもちろん、野菜や果物などを生かした、
千葉エリアのグルメをご紹介します

読む
旬の食材
春ダイコン
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

みずみずしく、シャキシャキの食感が特徴

春ダイコンの収穫量日本一を誇る銚子市。全国一のトンネルダイコン(畑のうねごとに作られた施設で栽培)産地でもあり、肌が美しく、やわらかでみずみずしいダイコンが収穫される。サラダや漬け物に向くが、大根おろしや煮物にしても美味しい。

  • 主な品種/ブランド

    品種:初誉/ブランド:さわやか大根

  • 主な産地

    銚子市

この時期のおすすめ
菜花のからしあえ

からしをアクセントに菜花の風味を楽しむ

独特のほろ苦さと鮮やかな緑を生かし、和・洋を問わずさまざまな料理に用いられる菜花。なかでも、生産量日本一の南房総地域を含む千葉のふるさと料理となっているからしあえは、ピリッとした辛みがアクセントになり、一段と増した菜花の風味を楽しめる料理。

美味しい豆知識

千葉では、あえ衣にワサビやゴマ、落花生を使ったり、塩昆布和えやなめこあえなど、素材に工夫を凝らした菜花のあえ物がある。

旬の食材
アジ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

夏が最旬! 庶民派の魚

関東近郊の釣り好きは、夏とくれば“千葉のアジ”を狙うのが定番。夏頃に水揚げされるアジは、一年の中でも一番の旬とされる。脂がのってプリプリの身は、刺身でもよし、細かくたたいて薬味を混ぜてもよし。地元でとれたてのアジを使った一夜干しも絶品だ。

  • 主な品種/ブランド

    マアジ

  • 主な産地

    内房、外房、銚子・九十九里

この時期のおすすめ
なめろう

細かくたたいたアジで作った漁師メシ

房総半島の沿岸部から広まったとされる、青魚の美味しい食べ方。もともとは船の上で作られていた漁師料理だ。脂ののったアジやイワシの身を、味噌や薬味とともに包丁で細かく叩いた一品は、ご飯にもお酒の肴にもぴったり。お茶漬けにした「孫茶」も美味しい。

美味しい豆知識

皿まで舐めてしまいたいほど美味しい「なめろう」。傷みやすい生魚ゆえ、焼いて食べたのが「さんが焼き」として広まった。

旬の食材
落花生
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

生産量日本一、甘さとコクがピカイチの落花生

落花生はオレイン酸やリノール酸を多く含み、ビタミンE・ビタミンB1が老化を防ぎ、疲労を癒すヘルシーな食品。全国一の生産量を誇る千葉産は甘みが強く、コクが深いことでも知られる。秋は収穫の最盛期で、新豆をゆでた「ゆで落花生」も生産地の旬の風物詩。

  • 主な品種/ブランド

    千葉半立、ナカテユタカほか

  • 主な産地

    八街市、千葉市ほか

この時期のおすすめ
房総太巻き寿司

冠婚葬祭を彩る、華やかな太巻き寿司

房総地方には古くから飾り巻きの太巻き寿司が伝わる。卵巻き・海苔巻き・変わり巻きがあり、花や文字に縁起物、キャラクターなど、切り口の複雑なデザインは食べるのが惜しいほど見事。ハレの日用に大きくて豪華であることと、具材の味付けが甘めなのも特長。

美味しい豆知識

名産の米に特産の海苔なども加わり、巻き寿司が独自に発達。戦前は冠婚葬祭で男性の「すしつけ名人」が専業で作る習わしだった。

旬の食材
イワシ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

庶民の味方、全国一のイワシを味わう

江戸時代から漁が盛んで、今でも全国一の漁獲高を誇る、九十九里のイワシ。黒潮が流れ込み、浅瀬に住むプランクトンも豊富なため、この土地でとれるイワシは身も厚く絶品だ。刺身でも、煮ても焼いても美味しく、干魚はダシとして料理に深みを与える。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    山武郡九十九里町

この時期のおすすめ
イワシのゴマ漬け

酸っぱさとゴマの風味の
絶妙なアンサンブル

ひと晩塩漬けにしたイワシにゴマをまぶし、甘酢でじっくりと漬け込んだ郷土料理「ゴマ漬け」。保存食としてだけでなく、ご飯のおかずや酒の肴としても最適で、地元では食卓登板率も高い。針ショウガをたっぷりと効かせて、骨ごといただこう。

美味しい豆知識

古くから正月の料理として親しまれている「ゴマ漬け」。ゴマのビタミンEが、イワシに豊富に含まれる栄養群の吸収率を上げる。