伊達文化を継承する杜の都・仙台など、街ごとの個性が豊かな宮城。
海山の幸や米が魅力の"食材王国"宮城のグルメをご紹介します

読む
旬の食材
ホッキ貝
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

大粒で肉厚、甘みを持った“貝の貴族”

貝の貴族といわれるホッキ貝。宮城県では、亘理町・荒浜漁港で古くからホッキ漁が盛んに行われ、また山元町・礒浜漁港は県内有数の水揚量を誇る。亘理郡の両港のホッキ貝は、プランクトンの多い礒部で育ち、成長が早いうえに大粒かつ肉厚、甘みもたっぷりだ。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    亘理町、山元町

この時期のおすすめ
ホッキ飯

濃厚なホッキ貝の味わいと歯応えを楽しむ

ホッキ貝が水揚げされる荒浜漁港や礒浜漁港がある亘理町、山元町に伝わる郷土料理。火を通されて赤味を帯びた身が見た目にも美しく、ホッキ貝の旨味を十分に含んだご飯と、シコシコとした食感、噛むほどに口の中に広がる甘みがたまらない。

美味しい豆知識

主に寿司ネタとして用いられるホッキ貝は、生で食べても美味しいが、熱を加えることによって甘みと風味が一層増す。

旬の食材
茶豆
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

甘さと歯応えが段違い! 絶品の茶豆

普通の枝豆を食べ慣れている舌には、ちょっと驚きの濃厚な味わいの枝豆。さやの表面を覆ううぶ毛や、さやの中の薄皮が茶色いことから「茶豆」と呼ばれている。強い甘味と味に深みのある豆は、カルシウムやビタミンも豊富で、ビールのお供に最適な一品だ。

  • 主な品種/ブランド

    仙台ちゃ豆、気仙沼茶豆

  • 主な産地

    名取市、岩沼市、気仙沼市

この時期のおすすめ
ずんだ餅

豆の存在感を残した郷土菓子

ゆでた枝豆をすりつぶして砂糖を混ぜた餡でくるんだ餅のことで、仙台周辺ではお盆のお供え物にされてきた。粒が残る程度に粗くすりつぶしたずんだ餡は、枝豆の風味が口の中に広がる、まろやかな口当たり。やわらかな餅と相まって絶妙の味わいだ。

美味しい豆知識

かの伊達政宗公も好んだといわれているずんだ餅。その語源は、枝豆をつぶすという意味の「豆打(ずだ)」が訛ったものとか。

旬の食材
カツオ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

鮮度も脂の乗りも抜群、金華は高品質の証

北部太平洋に属する金華山周辺海域で漁獲し、石巻港で水揚げされたもののうち、買受業者が高品質と判断したカツオのみが「金華カツオ」と名乗ることを許されている。脂の乗りが極上なので、新鮮なうちに、刺身やタタキで味わいたい。

  • 主な品種/ブランド

    金華カツオ

  • 主な産地

    北部太平洋海区

この時期のおすすめ
油麩丼

新感覚の“ほっとする美味しさ”を発見

登米地方に昔から伝わる油麩は、棒状にした小麦粉のグルテンを、植物性油で揚げたもの。最近注目を浴びているのが「油麩丼」で、カツ丼のカツの代わりに油麩を輪切りにしたものを使い、ダシ汁を吸った油麩やネギに卵が絡み合い、新感覚の美味しさだ。

美味しい豆知識

今では年中味わうことのできる油麩だが、かつては夏から秋の暑い時期に、貴重な栄養源として肉の代わりに食べられていた。

旬の食材
キンキ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

「吉事」と称される、めでたい魚

真っ赤な色合いから、地元では「キチジ(吉事)」と呼ばれ、東北や北海道では祝い事の膳に欠かせない魚の一つとされている。かつては宮城名産の練り物・笹かまぼこの原料にも使われていたが、現在はその味わいと希少さから、高級魚として流通している。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    石巻市、塩釜市

この時期のおすすめ
キンキの煮付け

身だけでなく
汁まで味わいたい冬の味覚

春の産卵期に向けて、北の魚が栄養を蓄えていくこの時期こそが、キンキの旬。ふわりと広がるショウガの風味と、ほろほろとやわらかな身。脂がのった白身はもちろん、とろりととろける赤い皮、魚から染み出す汁の最後の一滴まで残さず味わい尽くしたい。

美味しい豆知識

「キンメダイ」と混同されることが多いが、実は別物。キンキはカサゴの仲間であり、カサゴ特有のとげとげした骨が見られる。