海と山の幸に恵まれた独特の自然環境がはぐくむ食材はとても個性的。
多彩な魅力にあふれた徳島のグルメをご紹介します

読む
旬の食材
鳴門ワカメ
ジャンル
海藻・海苔

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

鮮やかな緑色とシコシコの歯応え

世界一の大きさを誇る「鳴門の渦潮」を生み出す、激しい潮流の鳴門海峡。鳴門ワカメのシコシコとした歯応えと、風味のよさは、この地ならではの環境で育まれたもの。食物繊維、ミネラル、ビタミンなど、不足しがちな栄養素を豊富に含む、海からの贈り物だ。

  • 主な品種/ブランド

    鳴門わかめ

  • 主な産地

    鳴門市、小松島市、阿南市

この時期のおすすめ
鳴門鯛のワカメ蒸し

同じ海で育った相性抜群の食材

鳴門海峡の激しい潮流で育った、鮮やかな桜色をした鳴門鯛を、同じ海峡でとれたワカメと一緒に酒蒸しにした料理。あっさりした塩味で、潮の香りとともに鯛の旨味が逃げ出さずに閉じ込められ、身の引き締まった鯛の独特の歯応えも楽しめる。

美味しい豆知識

春の産卵期の鳴門鯛は脂がのっており、そのダシがしみたワカメもシャキシャキの歯応えと味が抜群なので、この時期が一番美味。

旬の食材
スダチ
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

夏の疲れた胃に吹き抜ける爽風のごとし

全国シェアがほぼ100%の徳島を代表する特産品。レモンを上回るビタミンCを含んでおり、口から鼻へ抜ける爽やかな香りが特徴だ。果汁を絞ってうどんや焼き魚にかけたり、青々とした皮をすりおろして料理に加えたり、味わい方はさまざま。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    名西郡神山町、名東郡佐那河内村、徳島市、阿南市

この時期のおすすめ
アメゴ(アマゴ)のひらら焼き

青空の下で川の恵みを存分に味わう

アメゴは、ビワマス、サクラマスの幼魚で、ひらら焼きは徳島特有の郷土料理。「ひらら」と呼ばれる、熱した平たい石の上に、味噌で丸く土手を作り、砂糖や酒で味をつけ、吉野川でとれるアメゴと野菜や豆腐などを並べて焼き上げる。野趣あふれる料理だ。

美味しい豆知識

吉野川の周辺には、ひらら焼きを味わえる店舗も多い。最近では、小鍋仕立てになっていたり、鉄皿で供されることが多い。

旬の食材
カリフラワー
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

色・味・形と三拍子が揃う生産技術が光る

徳島は、カリフラワーの出荷量が全国トップの生産地で、花を束ねたように形が整い、純白で締まった、質の高いカリフラワーを出荷することで定評がある。独特の甘みとサクサクした歯応えは、サラダだけでなく、ポタージュや炒め物などでも美味しい。

  • 主な品種/ブランド

    スノーニューダイヤ、T-518

  • 主な産地

    徳島市、板野郡藍住町・上板町

この時期のおすすめ
ボウゼの姿寿司

頭からかぶりつける、香り爽やかな姿寿司

「ボウゼ」とは「イボダイ」または「ウオゼ」のこと。徳島の秋祭りに欠かせない料理で、数ある魚の姿寿司の中でも、徳島っ子の郷愁を誘う。手の平ほどのボウゼを頭ごと背開きにして、やわらかく酢締めにし、スダチの香る酢飯を包み、飾りスダチをのせる。

美味しい豆知識

祭りの姿寿司は、その秋一番に収穫した米を使うので、ご飯の量も多め。季節には魚屋やスーパーなどにもボウゼの姿寿司が並ぶ。

旬の食材
なると金時
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

ホクホクした黄金色のイモ

抜群の甘みとホクホクとした食感で人気を上げ、焼きイモやふかしイモでも、調理して食べても美味しい全国区の名物。鳴門地域で育ったサツマイモのみが「なると金時」と呼ばれている。収穫後、2~3ヵ月貯蔵して寝かせることで、さらに甘みが増すのだとか。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    鳴門市

この時期のおすすめ
そば米雑炊

そばを主食とした祖谷地方の郷土料理

蕎麦の実をゆでてから乾燥させ、皮を取り除いたものをダシ汁で煮たのが「そば米雑炊」。高い山に囲まれ、稲作に適さない祖谷地方では、そばが主食として作られてきた。具材はゴボウや里芋などの根菜のほか、季節の野菜が使われる。

美味しい豆知識

平家の落人が東祖谷村に身を潜めた際、都を偲んで作ったのがはじまり。今では、県下全域で日常的なおかずのひとつとなっている。