横浜・鎌倉・湘南・川崎と、個性豊かな街が揃う神奈川。
郷土の味からスイーツまで、神奈川エリアのグルメをご紹介します

読む
旬の食材
アカモク
ジャンル
海藻

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

ネバネバ、シャキシャキとした食感が魅力

ミネラルの豊富な海で育った海藻「アカモク」。健康成分「フコイダン」がワカメや昆布より豊富で、シャキシャキした歯ざわりと粘りが絶妙のハーモニーを奏でる。この時期は特に、鎌倉の湾内に繁殖した天然種「鎌倉あかもく」がおすすめだ。

  • 主な品種/ブランド

    鎌倉あかもく

  • 主な産地

    鎌倉市

この時期のおすすめ
生シラス丼・シラス丼

ご飯にシラスをたっぷりのせた名物丼

新鮮なシラスが揚がる湘南・茅ヶ崎の名物ともいえるのがシラス丼。釜揚げシラスをのせたものが多いが、鮮度のよいものは生シラス丼として提供される。生ならプリプリ、釜揚げならしっとりやわらかなシラスが味わえる。薬味、ご飯、醤油ダレの相性は抜群だ。

美味しい豆知識

薬味はネギや大葉、おろしショウガなど。店によってトッピングや味付けはさまざまで、生と釜揚げシラスをのせた2色丼もある。

旬の食材
シャコ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

上品な旨味を備えた「小柴のシャコ」が有名

江戸前寿司の代表的なネタとしても有名なシャコ。なかでも柴漁港で水揚げされるシャコは「小柴のシャコ」として珍重されている。その秘密は漁獲後、漁師自らすぐに塩茹でと殻むきを行うところにある。新鮮な状態で旨味を閉じ込めたシャコは食通をも唸らせる。

  • 主な品種/ブランド

    小柴のシャコ

  • 主な産地

    東京湾(横浜市柴漁港、横須賀市新安浦港)

この時期のおすすめ
アナゴの天ぷら・白焼き

シンプルな味付けで旬のアナゴを楽しむ

旬ど真ん中を迎えたアナゴは、ウナギにも引けを取らないほど脂が乗っている。食べ方は定番の蒲焼のほか、シンプルな味付けで身の舌触りを楽しむ白焼きや、からりと揚がった天ぷらがおすすめ。天つゆに浸すのもいいが、繊細な味が楽しめる塩も美味しい。

美味しい豆知識

淡白で上品な味わいゆえ、どんな料理にもマッチするアナゴ。ウナギと同じくビタミンAが豊富で、夏バテ予防にもバッチリだ。

旬の食材
サバ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

栄養を吸収して脂が乗ったブランドサバ

春に産卵を終えた後、遠洋に出ず、松和地区の小エビなどを食べて身が太った地付きのものを「松輪サバ」と呼ぶ。傷みが早いため、返しを付けない釣り針を使い、サバに直接手を触れない独特の漁法で釣り上げる。脂の乗った身は、ぜひ刺身で味わいたい。

  • 主な品種/ブランド

    松輪サバ

  • 主な産地

    三浦半島・松輪

この時期のおすすめ
よこすか海軍カレー

明治時代に作られた海軍のカレーがベース

横須賀市内限定で提供されるカレー。1907年発行の「海軍割烹術参考書」のレシピがベースで、カレー粉と小麦粉を炒り、肉は牛か鶏、ジャガイモとタマネギ、ニンジンが入り、薬味のチャツネと牛乳とサラダが添えられる。各加盟店のバリエーションも豊富。

美味しい豆知識

海軍カレーは英国海軍料理がルーツ。もとは、腐敗を防ぐためにインドの香辛料でシチューを作り、船上の食事としたものだ。

旬の食材
三浦大根
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

全身純白、煮崩れなしの極上大根

首から先端まで真っ白な三浦大根。生で味わう独特の辛味も魅力だが、シンプルな煮付けも美味しい。面取りしなくても煮崩れしないため、ダイコンの醍醐味を存分に味わうことができる。近年では主に正月ならではの食材として、家庭の食卓にのぼっている。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    三浦市、横須賀市

この時期のおすすめ
なます

祝いの席には欠かせない紅白の美しい一皿

純白の三浦大根は、やはり正月祝いの席で「なます」として味わいたい。色鮮やかなニンジンと共に千切りにして塩もみし、甘酢に漬ける。サクサク感が絶妙で、どの家庭でも作られる素朴な一皿だ。やさしい味付けは、正月の豪勢な料理で疲れ気味の胃に染みる。

美味しい豆知識

おせち料理の箸休めとして欠かせない一品。水にさらしても身崩れせず、シャキシャキとした歯ざわりが心地良い。