静岡県エリアガイド

スライド1

静岡県エリアガイド

霊峰富士や裾野に広がる茶畑が織りなす、四季折々の風景美が心を打つ静岡。また、駿河湾の旬の魚や浜名湖のうなぎなど、土地ならではの味覚が豊かで個性的なご当地グルメも人気。温泉へも足を運んでゆっくり旅を楽しみたい。

電子雑誌

旅におすすめの情報を編集部が厳選ピックアップ
サムネイル1
サムネイル1
サムネイル2
サムネイル3
サムネイル3
掲載エリア

日本人の心に根付く原風景を求めて静岡へ
静岡西部|静岡中部|静岡東部

読む

エリアマップ

気になるエリアを選んで、観光情報をチェック
エリアマップ1
全国に戻る

このエリアの旬の食材・おすすめ料理

季節ごとに楽しめるご当地ならではのグルメ情報
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材桜エビ
    ジャンル
    魚介
    駿河湾のみで漁獲される、桜色に輝く海の宝石

    日本国内で唯一、桜エビが漁獲できる駿河湾。南アルプス、富士山の清水が注ぐ湾内で育った美しい桜色のエビは、春と秋ならではの味だ。一般には冷凍物や干物が流通するが、産地では生や釜揚げを食べたいところ。桜エビの甘みがストレートに味わえる。

    旬の食材カレンダー
    4月~6月、11月、12月
    主な品種・ブランド
    なし
    主な産地
    由比港、大井川港
    この時期のおすすめ桜エビのかき揚げ
    桜エビの甘さ、香ばしさを贅沢に味わう

    サクサクの食感が楽しめる、たっぷりの桜エビに薄く衣をつけて揚げたかき揚げ。揚げたてをそのまま食べたり、そば・うどんにのせたり、丼にしたりと楽しみ方はいろいろ。食感や香ばしさはもちろん、甘みや口に含んだ際に鼻から抜ける香りも楽しみたい。

    美味しい豆知識
    ご飯の上に桜エビのかき揚げをのせ、ダシをかけてお茶漬けにするとまた違った味わいが楽しめる。食事の〆にもぴったりだ。
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材マスクメロン
    ジャンル
    野菜・果物
    美しい網模様に包まれた果実の王様

    言わずと知れた、夏のフルーツの最高峰。その名前は「ムスク」のような香りを放つことからつけられた。晴天日数が日本一多く、日照時間の多い静岡の温暖な気候が生み出した最高級のマスクメロンは、軽くつかんだときにやわらかい感触がしたら食べ頃だ。

    旬の食材カレンダー
    1月~12月
    主な品種・ブランド
    クラウンメロン、アローマメロン
    主な産地
    静岡県西部地方
    この時期のおすすめウナギの蒲焼
    ウナギを最も美味しく食べる方法

    浜名湖名物の一つ、ウナギ。ひしめくウナギ店が、それぞれの味わいを誇っている。味を比べるなら、ぜひポピュラーな蒲焼で。店ごとに伝わる秘伝のタレで、強火で焼き上げた身は琥珀色に輝く。滑らかな舌触りと広がる風味が、夏バテ一掃に一役買ってくれる。

    美味しい豆知識
    「土用の丑の日」にウナギを食べると健康によい、としたのは、平賀源内の案によるものとされている。
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材タチウオ
    ジャンル
    魚介
    駿河湾の恵みを受けた秋の味覚

    産卵に向けて脂の乗る夏から秋が旬で、静岡県では9月~10月にかけて身に張りのあるタチウオの漁獲量が増える。一本釣りで漁獲されるため丁寧に扱われ、鮮度のよいものは銀色の皮付きで刺身として提供される。また、生活習慣病を防ぐEPAやDHAが豊富。

    旬の食材カレンダー
    10月
    主な品種・ブランド
    なし
    主な産地
    沼津港、由比漁協、焼津漁港(小川港)、相良港
    この時期のおすすめいけんだ煮味噌
    漁師町ならではの豪快・新鮮な浜鍋

    江戸時代から漁師の間に伝わる素朴な浜鍋で、「爪木崎池の段」の地名がなまり「いけんだ」となった。季節の野菜と海藻や、網にかかった魚介を煮て、味噌で味付けして食べるが、海の恵み豊かな土地柄を反映し、金目鯛や伊勢海老などが入る場合もある。

    美味しい豆知識
    もとは漁師が日々の獲物で作ったため、磯で獲れるカメノテやフジツボなどさまざまな魚介が具となった。残りのダシでいただくうどんも美味。
  • 自然の恵みたっぷり!旬の食材自然薯
    ジャンル
    野菜・果物
    箸でつかめるほどの粘りが最大の魅力

    日本原産の野生種として山に自生する自然薯(じねんじょ)。黒くて細長い身を皮ごとすりおろすと、箸でつかめるほどもちもちとした粘りを見せる。おろし金でおろした後、すり鉢で空気を含ませるようにすり混ぜるのが美味しく味わうコツだ。

    旬の食材カレンダー
    11月、12月、1月、2月
    主な品種・ブランド
    なし
    主な産地
    牧之原地区
    この時期のおすすめとろろ汁
    丸子を訪れたら絶対外せない深い味わい

    もちもちとした自然薯に、ダシ汁を少しずつ含ませて作るとろろ汁。醤油風味も美味だが、ここでのおすすめは味噌味だ。野性味あふれる自然薯の味わいに、味噌が深みを加え、旨味が幾重にも増していく。アツアツの麦飯にとろりとかけて、召し上がれ。

    美味しい豆知識
    「丸子のとろろ汁」として全国的に有名。江戸時代、農作業の合間の昼食としておろしたイモを味噌汁でのばしたのが始まりだとか。

このエリアの人気ランキング

旅色読者が選んだ旅館・ホテル、グルメ、観光スポット

おすすめのテーマ

気分や目的、旬のエリアから提案する旅のスタイル
もっと見る