【長崎から車で1時間】ドライブで絶景を楽しめるおでかけスポット6選

【長崎から車で1時間】ドライブで絶景を楽しめるおでかけスポット6選

自然・絶景

2024/03/21更新

長崎市は九州地方の西部に位置し、有明海、大村湾、橘湾と3つの海に囲まれているエリアです。海や山から絶景を見渡せるスポットが多数あります。また、長崎ちゃんぽんやカステラなど、長崎ならではの美味しい地元グルメも豊富です。1時間ほど車を走らせるだけで、佐世保や島原など、さまざまなエリアにも行けます。本記事では、長崎市より1時間台のドライブで行ける、絶景スポット6カ所を紹介します。

PR 旅色×Samsonite トートバッグが当たるプレゼントキャンペーン開催中! 自分らしさの見つかるスーツケースをラインナップ

長崎県

佐世保

佐世保エリアは、長崎市より1時間強のドライブで到着します。長崎県の北西に位置するエリアです。北東の海には200以上の島々が浮かび、岸の地形はリアス式海岸となっています。これらの島々とリアス式海岸により海の景勝地が点在。また観光スポットでは、オランダ風の建物やヨーロッパの雰囲気を楽しめるテーマパークのハウステンボス。グルメでは佐世保バーガー、五島うどんなどが楽しめます。また自衛隊とアメリカ海軍の基地があり、独特の雰囲気を持つ港町でもあります。

【佐世保】九十九島

海上約25kmに連なる、208の島々が織り成す景勝

九十九島(くじゅうくしま)は、佐世保港外から平戸瀬戸(ひらどせと)までの海上およそ25kmに、208の島々が連なる絶景スポットです。西海(さいかい)国立公園の一部で、入り組んだリアス式海岸と大小の島々が、美しい景観を見せてくれます。

【佐世保】石岳展望台

映画のワンシーンが眺望できる展望台

標高約190mの石岳(いしだけ)頂上にある展望台。西海(さいかい)国立公園の九十九(くじゅうくしま)全体が眺められる絶景スポットです。映画「ラストサムライ」の冒頭に登場する島々の風景は、ここから撮影されました。映画好きな方なら、聖地巡礼するのもおすすめ。夕暮れ時の景色も心打たれるものがあります。

「佐世保」のおすすめスポットをもっと見る

雲仙・島原

雲仙・島原(うんぜん・しまばら)エリアは、長崎市より1時間弱から1時間強のドライブで到着します。長崎県の南東部に位置する島原半島のエリアです。雲仙エリアは温泉地が点在し、そのひとつである雲仙温泉には、地熱や湯けむりの噴気を利用した「足蒸し」という休憩場があります。島原エリアは、武家屋敷や掘割がのこる城下町や、原城址などの世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が有名。半島を囲む有明海ではイルカウォッチングができるクルーズ船が運航。

【雲仙・島原】雲仙普賢岳

季節によってさまざまな景観が眺望できる、雲仙の主峰

「雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)」は、妙見岳(みょうけんだけ)、国見岳(くにみだけ)など、1,300m級の山々が連なる雲仙岳のひとつです。山は雲仙天草(うんぜんあまくさ)国立公園の中にあります。山頂からは平成新山(へいぜんしんざん)が眺められ、春にはきれいなミヤマキリシマ、冬には霧氷が見られます。季節によって、さまざまな姿を堪能できる絶景スポットです。

「雲仙・島原」のおすすめスポットをもっと見る

諫早・大村

諫早(いさはや)・大村エリアは、長崎市より30分から1時間弱で到着します。長崎県の中央部に位置し、有明海の3つの湾(諫早湾・大村湾・橘湾)に囲まれたエリアです。諫早エリアは、堤防沿いを通る諫早湾干拓堤防道路(いさはやわんかんたくていぼうどうろ)から有明海の絶景が楽しめます。大村エリアは、玖島(くしま)城の城下町として栄えたところで、現在の城址は大村公園に整備され、国の天然記念物である大村桜が咲く「日本さくら名所百選」となっています。地元グルメは有喜(うき)かまぼこや大村寿司など。

【諫早・大村】諫早公園

春には満開のツツジが園内を彩る

「諫早(いさはや)公園」は、戦国時代に築かれた高城(たかき・山城)の城跡を整備した公園です。石橋としては、最初に国の重要文化財に指定された眼鏡橋があります。その眼鏡橋と3万本のツツジが見どころで、一枚の写真に収めようと、多くの観光客がカメラやスマホで撮影しています。ツツジは4月から5月に満開になるため、この時期に合わせてドライブするのもおすすめです。

【諫早・大村】野岳湖公園

湖と林に囲まれた園内は、トレッキングやサイクリングにおすすめ

湖畔の四季を満喫できる公園。野岳湖(のだけこ)を囲むように、さまざまな施設が点在しています。遊歩道やトレッキングコース、サイクリングロードも整備されています。

「諫早・大村」のおすすめスポットをもっと見る

佐賀県

伊万里・有田・武雄・嬉野

伊万里・有田・武雄・嬉野(いまり・ありた・たけお・うれしの)エリアは、長崎市より1時間前後のドライブで到着します。佐賀県の西部に位置するエリアです。伊万里・有田エリアは、日本を代表する焼き物の里。武生エリアは、温泉地で長崎街道の宿場町として約1300年の歴史があるところです。同温泉にある桜門は東京駅などを設計した辰野金吾のもので国の重要文化財に指定されています。嬉野エリアも温泉地で、お茶や温泉豆腐が特産品。

【伊万里・有田・武雄・嬉野】祐徳稲荷神社

パワースポットで運気上昇。四季折々の絶景が楽しめる

「祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)」は、日本三大稲荷のひとつで、地元からは「祐徳さん」と呼ばれています。年間約300万人の参拝客が訪れるパワースポットとしても知られており、商売繁盛などさまざまなご利益があるスポットです。初夏は境内に繁る青々とした緑と、朱塗りの社殿のコントラストが美しい姿を見せてくれます。草花による四季折々の絶景を楽しめるスポットです。

「伊万里・有田・武雄・嬉野」のおすすめスポットをもっと見る

まとめ

この記事では、長崎市より1時間台のドライブで行けるおでかけスポット6カ所を紹介しました。四季折々の山の景色や、碧い海から見える島々など、美しい絶景を眺望できます。加えて、映画のロケ地や自然を満喫できるアクティビティなど、見て体験できるスポットも盛りだくさん。どのスポットも長崎市より1時間台で行ける距離なので、日帰りでも十分に楽しめますよ。家族や友人たちと、楽しい旅の思い出を作ってくださいね。

旅色編集部 なかやま

参考になりましたか? 旅行・おでかけの際に活用してみてください。

記事企画・監修:旅色編集部 なかやま

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright MAPPLE, Inc.