近年「マー活」といわれる「第4次激辛ブーム」がきました。これまで辛さといえば唐辛子でしたが、最近は辛みの種類が多様化し、また、従来の唐辛子系では、突き抜けた辛さが特徴の「ストロング系」と評される超激辛料理がトレンドに。しかも、オーダーするのは女性が増えているのだそう。なぜこんなにも虜になるのか。そのヒミツと嬉しい効果をおさらいして、今日も刺激的なお店に出かけましょう。

スパイス・ハーブの嬉しい力3つ スパイス・ハーブの嬉しい力3つ

1 辛さのちから 食欲不振の解消に一役

季節の変わり目や気温の変化などで、食欲の減退や体のだるさみたいなのを感じている時に食べたいのが辛い料理。唐辛子などの辛いスパイスは、消化器の粘膜を刺激し、胃腸の働きを助けてくれる働きがあります。特に夏バテには威力を発揮し、発汗作用もあるので汗をかいて体内の熱を放出し、汗が蒸発することで涼しくなる効果も。暑い国の人たちが辛い料理を食べるのには理由があるのですね。

1 辛さのちから 食欲不振の解消に一役

季節の変わり目や気温の変化などで、食欲の減退や体のだるさみたいなのを感じている時に食べたいのが辛い料理。唐辛子などの辛いスパイスは、消化器の粘膜を刺激し、胃腸の働きを助けてくれる働きがあります。特に夏バテには威力を発揮し、発汗作用もあるので汗をかいて体内の熱を放出し、汗が蒸発することで涼しくなる効果も。暑い国の人たちが辛い料理を食べるのには理由があるのですね。
1 辛さのちから 食欲不振の解消に一役

2 ここからブームに! ダイエット効果

カプサイシンダイエットがブームになったように、唐辛子を食べると同時に期待してしまうのがダイエット効果。唐辛子の成分・カプサイシンには、代謝を上げて脂肪の分解を促す作用があるのだそう。ダイエットの強い味方になってくれる食材です。ただし、食べることで脂肪が燃焼されるわけではなく、摂取して、有酸素運動をすることで効果が発揮されることを覚えおきましょう。

2 ここからブームに! ダイエット効果

カプサイシンダイエットがブームになったように、唐辛子を食べると同時に期待してしまうのがダイエット効果。唐辛子の成分・カプサイシンには、代謝を上げて脂肪の分解を促す作用があるのだそう。ダイエットの強い味方になってくれる食材です。ただし、食べることで脂肪が燃焼されるわけではなく、摂取して、有酸素運動をすることで効果が発揮されることを覚えおきましょう。
2 ここからブームに! ダイエット効果

3 クセになる理由がある 幸せを感じられる!?

昨今話題の香辛料といえば、「花椒(ホアジャオ)」。麻婆豆腐や坦々麺などに使われている四川料理に欠かせない香辛料です。あの独特の香りとビリビリするほどのシビレの虜になっている人も多いのでは? 辛いものを食べると高揚感のようなものを感じるのは、脳が辛さを痛みと勘違いし、痛みを緩和するために幸福感をもたらす物質を分泌するからだとか。やみつきになる理由もそこにありそうです。

3 クセになる理由がある 幸せを感じられる!?

昨今話題の香辛料といえば、「花椒(ホアジャオ)」。麻婆豆腐や坦々麺などに使われている四川料理に欠かせない香辛料です。あの独特の香りとビリビリするほどのシビレの虜になっている人も多いのでは? 辛いものを食べると高揚感のようなものを感じるのは、脳が辛さを痛みと勘違いし、痛みを緩和するために幸福感をもたらす物質を分泌するからだとか。やみつきになる理由もそこにありそうです。
3 クセになる理由がある 幸せを感じられる!? 写真提供:中國旬菜 頭市
もっとおいしく食べるヒント スパイスは熱の強さに違いがある? もっとおいしく食べるヒント スパイスは熱の強さに違いがある?
  • 辛味を感じる食材は、大きく「ホット系」と「シャープ系」に分けることができます。ホット系は唐辛子、胡椒、山椒、ショウガなど、シャープ系は、からし、ワサビ、ニンニクなどで、大根おろしやタマネギの辛さもシャープ系です。ホット系は熱を加えても辛いまま、シャープ系は熱すると辛味が弱くなります。またシャープ系はおろしたり刻むと辛味が出やすい特徴もあります。

「魅惑の旨辛グルメ」
全国のおすすめ旅館・ホテル

  • 旅館・ホテル
  • グルメ・飲食店
  • 観光スポット
  • 絞り込み条件追加