せいろの香りがほんのり移った、アツアツの点心。種類も見た目もさまざまで、テーブルを華やかに彩ります。今回は、意外と知らない点心の種類や飲茶との違い、食べ方のマナーなどをご紹介。さぁ、食べたいものを好きなだけ味わいましょう!

代表的なメニューはこちら代表的なメニューはこちら

もはや定番もはや定番
もう食べた?もう食べた?
デザート系デザート系

飲茶・点心のトリビア

点心は「食べる」
飲茶は「する」

点心は「食べる」飲茶は「する」

「点心」は中華料理の軽食や菓子のこと。「飲茶」は中国茶を飲みながら点心を食べるスタイルのこと。広東省や香港などの伝統的な習慣で、唐の時代から始まったと言われています。

まずはお茶選びから

まずはお茶選びから

専門店ではテーブルに着くと最初に何のお茶を飲むか聞かれます。日本ではジャスミン茶やプーアル茶、ウーロン茶などが人気ですが、本場では「寿眉(サウメイ)茶」がポピュラー。

オーダー式とワゴン式

オーダー式とワゴン式

オーダー式ならシートに記入、ワゴン式なら店内を回るワゴンから選びます。食べる順番はお好みで。テーブルの上は汚してOK。細かいことは気にせず楽しく食べるのがマナーです。

「いろんな種類を少しずつ 飲茶・点心パラダイス」
全国のおすすめ旅館・ホテル

  • 旅館・ホテル
  • グルメ・飲食店
  • 観光スポット
  • 絞り込み条件追加