閲覧履歴
プレゼント応募

からりと爽やかで快適な夏の北海道。だからこそ、川遊びや山遊びをよりアクティブに楽しめます。さらに、広大な大地に咲き誇る花に癒されたり、牧場体験で非日常を味わえたりと、夏こそ北海道のベストシーズン! そんな魅力が満載の夏の北海道旅行はどうでしょう?

どんな夏を満喫しますか?

  • 写真:Navo(上)、山本観光果樹園(右下)
    【アクティブ系】ラフティングや乗馬で思いっきりはしゃぎたい

    梅雨がないぶん、爽やかな夏を過ごせる北海道。だからこそ、思いっきり体を動かしてアクティブに楽しみたい。ラフティング、乗馬、パラグライダーといった大自然だからこそできる本格レジャーはもちろん、旬を迎えたフルーツ狩りなんかもおすすめ。快適な気候だから、外遊びが存分に楽しめちゃいます。

  • 北海道花畑
    【観賞系】一面のラベンダー畑でのんびり癒されたい

    初夏の北海道の花といえばラベンダー。広大な大地いっぱいに広がる紫色の絨毯は、言葉を失う圧巻のスケール。もちろんラベンダーに限らず、夏はシバザクラ、ひまわり、ユリなど、色とりどりの花が咲きほこり、訪れた人の心を癒してくれること請け合いです。ぜひ、夏の北海道旅行では花畑観賞をコースに追加しましょう。

  • 写真:硝子工房NAKAMORI(上・左下)、渡辺体験牧場(右下)
    【体験系】ガラス工芸やチーズ作りでとっておきを作りたい

    いろんなことにチャレンジしたくなる夏の時期。せっかく北海道に来たなら、ガラスの街として知られる小樽でガラス工芸を体験したり、牧場での乳搾りや新鮮な生乳を使ったチーズやアイスクリーム、バター作りなどにトライしてみてはいかがでしょう。子どもも喜ぶとっておきの体験とお土産のできあがり。

北海道ウニ
【番外編】「ウニ」は夏こそ食すべし!

一年を通じて、おいしいものが盛りだくさんの北海道。実は礼文島や小樽、積丹といった日本海に面した地方のウニは、夏に旬(6月~8月初旬ごろ)を迎えます。秋の産卵に向けて一番栄養がつまっている状態が夏だから、というのが理由だそう。そのためウニ漁も6月が解禁です。夏の北海道旅行は、獲れたて&旨さ凝縮のウニを食べに行こう!

「ベストシーズン到来 夏こそ行きたい北海道!」
全国のおすすめ旅館・ホテル

  • 旅館・ホテル
  • グルメ・飲食店
  • 観光スポット
  • 絞り込み条件追加