閲覧履歴
プレゼント応募

少し前までは、ハンバーガーと聞くと「ジャンクフード」「栄養が少ない」など、あまりイメージがよくない言葉が浮かぶ人が多かったはず。でも、今は高級素材やヘルシー志向など、作り手の創意工夫が詰まったこだわりのハンバーガーが全国各地で味わえます。肉汁したたるパティや、ふわりとした甘みが心地よいバンズ、アメリカンな空気漂う店内など、ハンバーガーがさらに美味しく味わえるこだわりのポイントを知って、今すぐかぶりつきに出かけませんか?

どこに注目する? グルメバーガーポイント3 どこに注目する? グルメバーガーポイント3

パティ / 牛肉100%やブランド牛など作り手のこだわりが凝縮 パティ / 牛肉100%やブランド牛など作り手のこだわりが凝縮

パティ / 牛肉100%やブランド牛など作り手のこだわりが凝縮 パティ / 牛肉100%やブランド牛など作り手のこだわりが凝縮
世界のトップがハンバーガーを片手に談義をするほど、グルメバーガー旋風がとまりません。要は何といっても店のこだわりが凝縮されているパティ。旨味が強く肉感のあるアンガス牛や肉汁たっぷりの黒毛和牛など、ベースとなる肉で味が変わるので、好みの味を探求するのも楽しいですね。旅先では、佐世保バーガーを筆頭に、その土地の肉や魚をパティに使った“ご当地バーガー”をチェック。

バンズ / セサミ入り?ツヤあり?ハンバーガーの第一印象を決める バンズ / セサミ入り?ツヤあり?ハンバーガーの第一印象を決める

バンズ / セサミ入り?ツヤあり?ハンバーガーの第一印象を決める バンズ / セサミ入り?ツヤあり?ハンバーガーの第一印象を決める
バンズをただのパンとあなどるなかれ。ブリオッシュ、ベーグル、マフィンなど多彩なタイプがあり、多くの店では肉汁やソースに合わせて特注で作られています。セサミやケシ、パンプキンシードなどを乗せて食感や香ばしさを加えたもの、全粒粉や胚芽入りの栄養価の高いブラウンバンズ、野菜や木炭などを練りこんだカラフルなバンズなど種類もさまざま。パティとの最高のコラボも味わって。

おしゃれな空間 / ダイナー風や開放的なカフェなど”映え”も期待大 おしゃれな空間 / ダイナー風や開放的なカフェなど”映え”も期待大

おしゃれな空間 / ダイナー風や開放的なカフェなど”映え”も期待大 おしゃれな空間 / ダイナー風や開放的なカフェなど”映え”も期待大
ワクワクするアメリカンダイナー風や開放的なハワイアンカフェ風など、ひとりでも入りやすいお洒落なハンバーガーショップが増えています。本格派のグルメバーガーは、美味しさはもちろん、フォトジェニックなので、空間と合わせて上手に撮影を。ドリンクメニューが充実している店も多く、気軽にカフェ感覚で利用したり、仕事帰りにクラフトビールでちょい飲みしたりするのにもぴったり。

ハンバーガーはダイエットの敵? カロリーと食べ方のコツ ハンバーガーはダイエットの敵? カロリーと食べ方のコツ

TIPS FOR EATING
ハンバーガー=ジャンクフードという考えはもう古い。
上手に食べれば炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンなどがバランスよく摂れる食事として、ヘルシー志向の人たちからも注目されています。カロリーを抑えたいならポテト付きはNG。赤身のパティ、野菜多め、ブラウンバンズのハンバーガーとノンカロリードリンクを選んで。

「至極のグルメハンバーガー」
全国のおすすめ旅館・ホテル

  • 旅館・ホテル
  • グルメ・飲食店
  • 観光スポット
  • 絞り込み条件追加