美術館や自然公園はもちろん、最近ではトリックアートなど楽しみながらアートに触れられるアミューズメント施設なども増えています。遠くに出かけなくても、非日常気分に浸れるので、ショートトリップにはうってつけ。

どんなアートに会いに行く?

  • インテリ派,美術館で名作を鑑賞し芸術の深淵に触れる

    アート鑑賞といえば、まずは美術館。国宝はもちろん、世界的な名作を目の当たりにできる体験は、美術館ならでは。ぶらりと立ち寄っても、解説文を読めば時代背景や作り手の思いも分かり、作品の深みを感じることができ、“生”だからこその迫力を味わえるはず。また、作品をモチーフにしたグッズもあるので、国宝をお土産として自宅にお持ち帰り、なんていう楽しみ方もできます。

    上:国立西洋美術館,左下:横浜美術館,右下:国立新美術館
  • のんびり派,自然の美しさを感じまったり散歩

    自然の美しさだってアートのひとつ。緑あふれる公園にいるだけで、身も心もリフレッシュされます。園内に作品を点在させた場所も多いので、アート散策するのもいいでしょう。歩き疲れたら、ベンチに腰かけてのんびり木々や草花に目をやってみる。身近な場所でも、ちょっと視点を変えれば立派なアートスポットです。美術館などの屋内では感じにくい、開放感あふれるアート鑑賞が楽しめます。

    上:世田谷公園,左下:八王子山公園
  • アクティブ派,自分だけのアートをつくる&遊ぶ

    じっくり鑑賞したり、のんびり触れ合うだけじゃなく、自分だけのとっておきを作ってみるのもアートトリップ。ガラス製品、陶芸品などの製作は、作業に没頭できるので気分転換にもうってつけ。他にも、壁いっぱいにペイント体験できるアミューズメント施設やトリックアート鑑賞など、お遊びスポットも多彩にあるので、もっと自由にアートを楽しんでみましょう。

    画像:REEAST ROOM

「非日常を体験するアートトリップ」
全国のおすすめ旅館・ホテル

  • 旅館・ホテル
  • グルメ・飲食店
  • 観光スポット
  • 絞り込み条件追加