※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

Plan No.939
土庄雄平Tonoshou Yuhei
更新日:2022/05/31
  • 1泊2日
  • 1日目

絶景・温泉を求めて!
カップルで東北縦断の山旅

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

梅雨明けとともに夏の暑さも本番へ。「どこか避暑にちょうど良い旅先がないか?」とお探しの方にオススメしたいのが、岩手・秋田・青森の内陸縦断旅です。高山植物咲き乱れる八幡平や、風光明媚な十和田湖などの自然を味わいつつ、源泉掛け流しの温泉ゲストハウスに宿泊します。

こんな旅気分の人におすすめ
#カップル・夫婦で旅がしたい #手軽に絶景を楽しみたい #雰囲気のある温泉宿に泊まりたい #アクティブな旅が好き

Schedule

DAY 1 START
盛岡駅
車駅周辺でレンタカーを借り、車約30分
SPOT1
スポット
大農場でたっぷりパワーチャージ

小岩井農場まきば園

日本最大級の民間総合農場。宮沢賢治ゆかりの地としても知られる。観光エリアとして開放されている「まきば園」では、様々な動物を鑑賞したり、グルメが楽しめる。一般非公開の生産現場などを巡るガイド付きツアーも人気。

DATA
  • 【住所】 岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1map
  • 【TEL】 019-692-4321
  • 【営業時間】 グリーンシーズン:平日9:00~16:00(最終入園15:00)、日祝日9:00~17:00(最終入園16:00) ※季節、イベント開催等により変更あり。事前に公式HPでご確認ください
  • 【定休日】 ※事前に公式HPをご確認ください
  • 【料金】 大人800円、小人(5才~小学生)300円 ※季節・イベント開催等により変更あり。事前に公式HPでご確認ください
土庄雄平

土庄雄平のおすすめポイント

  • ★ まきば園にはフォトスポットがたくさん! 丘の風景をはじめ、夏には鮮やかに花々も咲き誇ります。時間がある方は、小岩井ひつじタイムを狙って、岩手山を背景とした牧歌的風景に癒やされてみてください
  • ★ 少し歩きますが、農場西側の「上丸牛舎」にも立ち寄りましょう。周囲の9棟の建物は重要文化財に指定され、明治時代から受け継がれる、農場の原風景を見せてくれます
  • ★ 農場内にある「山麓館 農場レストラン」ではジンギスカンをはじめ、ここでしか食べられない絶品グルメがそろっています。オススメは農場産牛肉のグリルや、農場たまごのミニオムライス、農場産牛肉のシチューが楽しめる「大地の恵みランチ(税込2,200円)」です
車2スポットめ周辺の駐車場まで車約1時間15分
徒歩車を停め、八幡平山頂まで徒歩約30分
SPOT2
スポット
天空へ浮かぶ池へ軽ハイキング

八幡平(はちまんたい)

岩手県と秋田県にまたがる標高1,614 mの山及び周辺の高原台地。車でアクセスできる県道23号線(八幡平アスピーテライン)の頂上から入山できる。日本百名山の一つで、高山植物の宝庫として人気が高い。

DATA
  • 【住所】 岩手県八幡平市八幡平細野map
  • 【TEL】 0195-78-3500(八幡平山頂レストハウス)
  • 【定休日】 11月中旬〜4月中旬は冬季閉鎖(八幡平アスピーテライン)
  • 【料金】 無料
土庄雄平

土庄雄平のおすすめポイント

  • ★ 山上の池や沼の絶景が、八幡平ハイキングの醍醐味です。緩やかな山頂一帯に残雪が残ることで、見事な高層湿原や高山植物の花畑が広がります。途中には青空が映り込む、神秘的な水鏡が見られることも
  • ★ 八幡平は、登りやすい百名山として有名。歩きやすい服装とスニーカーがあれば、誰でもハイキングを楽しむことができます。電波がしっかり入るのもうれしいところ
  • ★ 山頂までは片道約30分、ガマ沼や八幡沼をめぐる場合、往復1時間30分〜2時間ほどを要します
  • 《参考》コースガイド:八幡平登山口→(約10分)→見返峠→(約10分)→ガマ沼→(約10分)→八幡平山頂→(約10分)→ガマ沼→(八幡沼を一周約45分)→見返峠→(約10分)→八幡平登山口  合計:約1時間35分
車駐車場まで車を取りに戻り、車約1時間10分
SPOT3
スポット
世界遺産に登録されたストーンサークルへ

大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)

秋田県鹿角(かづの)市十和田大湯にある縄文時代後期の大型の配石遺跡。2021年に「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つとして、世界遺産に登録された。縄文時代後期(約4,000年前)の景観を今に残す。

DATA
  • 【住所】 秋田県鹿角市十和田大湯字万座map
  • 【TEL】 0186-37-3822(大湯ストーンサークル館)
  • 【営業時間】 4月~10月/9:00~17:30 11月/9:00~16:00(月曜日は閉鎖)
  • 【定休日】 11月中旬~4月中旬は冬季閉鎖
  • 【料金】 無料
土庄雄平

土庄雄平のおすすめポイント

  • ★ 縄文文化が残る東北地方の原風景。当時、最先端を誇る集落遺跡が作り上げる、どこかミステリアスな世界観を味わいましょう
  • ★ これまでの発掘調査から、配石遺構は「お墓」であり、その集合体である環状列石は「墓地」である可能性が高いと考えられています。あなたの目にはどのように映るでしょうか?
  • ★ 環状列石に使われる石材の6割は「石英閃緑ヒン岩(せきえいせんりょくひんがん)」で、約2~4km離れた大湯川から運ばれてきたと判明しています。考古学の世界はなんだかロマンがありますね
車車約5分
SPOT4
宿
源泉掛け流しの温泉ゲストハウスへ

yuzaka~natural & sustainable inn~

自然豊かで古代縄文の風情を残す、大湯温泉の旧旅館をリノベーションした源泉掛け流しの温泉ゲストハウス。自然との調和を大切にしたマクロビ・ヴィーガン料理と、貸切風呂で心身ともに癒やされる。

DATA
  • 【住所】 秋田県鹿角市十和田大湯下ノ湯19map
  • 【TEL】 0186-22-4825
  • 【営業時間】 チェックイン16:00/チェックアウト10:00
  • 【定休日】 不定休(要事前連絡)
  • 【料金】 1泊2食付き11,000円/人〜
土庄雄平

土庄雄平のおすすめポイント

  • ★ 老舗旅館を現代風にリノベーションした館内は、ゲストハウスでありながらアート志向の高いライフスタイルホテルの趣。随所に思わず写真を撮りたくなるポイントが満載です
  • ★ もともとドミトリーもありましたが、そのお部屋は今はライブラリとなり、現在は全部屋個室。プライベートな空間を大事にしたいカップルにオススメです
  • ★ 料理が振舞われるスペース「Dining Kuromanta」はオーナー夫妻の趣向があらわれているリノベーション空間。レトロな情緒たっぷりで、夜には温かな間接照明が灯ります
  • ★ 夕食は全てオーガニックにこだわって厳選した食材を使用し、マクロビとイタリアン等を併せた創作ディナーになっています。中でも、豆乳マヨやチーズを使い、色鮮やかな野菜が添えられた自家製ガレットは絶品です
  • ★ 温かく自然体なオーナー夫妻のお人柄も魅力。食事をいただきながら、お宿のことや旅行のことなど、ぜひ気さくにお話を楽しんでみてください
SPOT

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

プランナー一覧
『TRANSIT』編集部
『TRANSIT』編集部

世界を旅し、その土地の歴史や文化、人びとの暮らしを紹介するトラベルカルチャー誌「TRANSIT」。

土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

『散歩の達人』土屋広道編集長
『散歩の達人』土屋広道編集長

1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。

羽野晶紀
羽野晶紀

1968年、京都府生まれ。TVやラジオ、舞台などの仕事先で、ショートトリップを楽しむことが多い。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。

美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力をご紹介。

『SAVVY』竹村匡己編集長
『SAVVY』竹村匡己編集長

京都市伏見区生まれ。エルマガジン、サヴィ、リシェ、別冊、ミーツ編集長を経て、2019年より現職。