※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

Plan No.1391
  • 日帰り

愛南町を日帰り観光
自然を満喫カップル旅

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

愛媛の最南端・愛南町で自然を満喫!

「自然を満喫する旅がしたい」そんなカップル向けのプラン。愛媛の最南端・愛南町へ向かいます。道の駅を堪能し、名物「びやびやかつお」のランチを味わい、幻の戦闘機を見学。海中船でサンゴの海を鑑賞し、海風から家を守る石垣や断崖絶壁の「高茂岬」で絶景を眺める、充実の日帰り旅をどうぞ。

こんな旅気分の人におすすめ
#カップル・夫婦で旅がしたい #絶景を見たい #観光船に乗りたい #地元グルメを味わいたい

Schedule

DAY 1 START
松山市
車車約2時間10分
SPOT1
スポット
地元の特産品をチェックしよう

道の駅 みしょうMIC(ミック)

冬は牡蠣や温州(うんしゅう)みかん、夏は特産の柑橘類「愛南(あいなん)ゴールド」など、地元のおいしいものがそろう。愛南ゴールドのジュースやドレッシング、ジュレなどのオリジナル商品は、お土産にも最適。期間限定のソフトクリームもぜひ味わいたい。

DATA
  • 【住所】 愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城4296-1map
  • 【TEL】 0895-72-1115
  • 【営業時間】 7:00~19:00
  • 【定休日】 無休
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 海の幸・山の幸に恵まれた愛南町の特産物が多く集まるスポットです。施設名の「みしょう」は、御荘町という旧地名が由来。地元の採れたて野菜や旬のフルーツ、花やハーブ、海産物などがそろっているので、お土産に購入してみては?
  • ★ おすすめは、愛南町が生産量日本一を誇る柑橘「愛南ゴールド」。食べ頃は4~7月ですが、果汁を原料とした「愛南ゴールドドレッシング」「愛南ゴールドプリン」などの加工品も展開されているので、チェックしてみてくださいね
車車すぐ
SPOT2
スポット
新鮮な海の幸が味わえる

お食事処 なにわ

創業は1985年。一品料理から定食、丼物、麺、会席料理まで多彩にそろい、地元で長く愛される食事処。特におすすめは、地元の浜言葉で「びやびやかつお」と呼ばれる鮮度抜群のカツオを使った刺身で、ほかでは味わえないおいしさ。

DATA
  • 【住所】 愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城3924-1map
  • 【TEL】 0895-72-1411
  • 【営業時間】 11:00~14:00、17:00~21:00(LO20:30)
  • 【定休日】 火曜日(祝日の場合は翌日)
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 愛南町の近海で捕れた新鮮な海の幸がいただける、ランチにおすすめのスポット。店名の「なにわ」は、先代が縁の深かった大阪にちなんで付けられたとか
  • ★ 漁師さんが釣り上げてすぐ活締め・血抜きして鮮度を保った「愛南びやびやかつお」の刺身は、クセがなく身が締まっていて絶品! また、とろける食感がたまらない幻の高級魚「媛(ひめ)スマ」の刺身やクエの鍋料理もいただけます。新鮮なお魚ランチをご堪能ください
車車約5分
SPOT3
スポット
幻の戦闘機を展示

紫電改(しでんかい)展示館

各種レクリエーション施設を整備した広大な公園・通称「南レク」内に位置。旧日本海軍の最高傑作といわれた戦闘機「紫電改」を保存・展示する施設。ほぼ原形に近い姿で海底から引き揚げられた機体を、間近で見学できる。

DATA
  • 【住所】 愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城5688map
  • 【TEL】 0895-73-2151(南レク南宇和管理事務所)
  • 【営業時間】 9:00~17:00
  • 【定休日】 12月29日~翌1月1日
  • 【料金】 入館無料
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 紫電改は、 ゼロ戦に代わる新鋭機として終戦の直前に開発された戦闘機。海軍の最も優れた傑作機と称されていましたが、戦況の悪化で400機ほどしか生産されず、幻の戦闘機といわれています
  • ★ 1978(昭和53)年、久良(ひさよし)湾の海底40mに原型のまま沈んでいる機体が地元ダイバーによって発見され、恒久平和のシンボルとしてこちらに展示されているんです
  • ★ 搭乗していたと思われるパイロットの写真や、機体とともに引き上げられた品々も数多く展示。紫電改に関する資料のほか、開発の経緯や海底からの引き揚げ時の映像も観ることができますよ
車車約10分
SPOT4
スポット
海底が見える船で海中散歩

西海(にしうみ)観光船

足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園の特別保護地域に指定された海を舞台に、遊覧船や各種マリンスポーツを手がける。約40分のクルーズは通年楽しむことができ、船底の窓からサンゴや多彩な種類の魚を眺めていると、まるで海中を周遊した気分に。

DATA
  • 【住所】 愛媛県南宇和郡愛南町船越1599(瀬ノ浜待合所)map
  • 【TEL】 0895-82-0280
  • 【営業時間】 運行時間9:00~16:00の毎時00分に出航
  • 【定休日】 不定休(海況が悪い時など)
  • 【料金】 <乗船料>中学生以上2,100円(2,300円)~、小学生1,050円(1,150円)、小学生未満無料 ※料金は船により異なり、ガイヤナ(カッコ内はユメカイナ)の料金です。どちらの船になるかは当日の海況により決定
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ サンゴや多数の魚が生息する黒潮の海を観察できる、海中展望船クルージングの体験が楽しめます。船底に設けられた展望室から、窓越しに“サンゴの森”が広がりますよ。海底のお花畑を眺めながら、夢のようなひとときを過ごしてみませんか?
  • ★ 予約不要で気軽に体験することができ、船員の詳しい解説付きなのもうれしいですね
  • ★ 待合所で販売している「お魚クリアファイル」には、海底で見ることのできる魚たちがデザインされています。これがあれば、窓越しでの魚探しがより楽しめますよ
車車約10分
SPOT5
スポット
先人の文化に触れる

外泊(そとどまり)「石垣の里」

入江に面した急斜面に石垣で囲まれた民家が並ぶ外泊集落は、通称「石垣の里」として知られる。石垣に囲まれた迷路のような路地を散策し、石垣の一部を低くして海が見えるようにした「遠見(とおみ)の窓」などが見どころ。

DATA
  • 【住所】 愛媛県南宇和郡愛南町外泊map
  • 【TEL】 0895-73-0444(愛南町観光協会)
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 台風や海風から家を守るため、軒に達するほどの石垣が整然と積み上げられた集落。その光景は江戸から明治時代にかけて作られたもので、今なおその姿を残しています。通称「石垣の里」として知られ、 「日本の美しいむら農林水産大臣賞」「美しい日本の歴史的風土100選」などに選ばれているんです
  • ★ 集落の麓にある休憩所「しおかぜ」にある案内マップを片手に、散策を楽しみましょう。宇和海を一望できる高台には、石垣に囲まれた民家を利用した休憩処「だんだん館」(火曜日定休)があり、コーヒーや軽食を楽しみながらひと休みすることもできますよ
車車約10分
SPOT6
スポット
愛媛県最南端の景勝地

高茂岬(こうもみさき)

愛媛県最南端に位置し、100m超の断崖絶壁が続く景勝地。草原が広がる岬には先端へと続く遊歩道が設けられていて、のんびりと散策するのにぴったり。秋には野路菊(のじぎく)の白い花が咲き誇り、海の青さとのコントラストが美しい。

DATA
  • 【住所】 愛媛県南宇和郡愛南町高茂18map
  • 【TEL】 0895-82-1111(愛南町役場西海支所)
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 愛媛県の最南端に位置する岬で、亜熱帯植物が生い茂る緑豊かな自然スポット。大分と愛媛に挟まれた海峡・豊後水道(ぶんごすいどう)に突出するこの岬からは、晴れた日には海の向こうに九州山脈を望むことも!
  • ★ 九州山地に日が沈む夕刻の景色は、まさに絶景。切り立った断崖絶壁の眼下に広がる、オレンジ色に光輝く海面に、思わず声を失いますよ。時間帯が合えば、夕陽の時間帯に訪れてみては?
SPOT

UNTRACE inc.

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。

帰路へ

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

プランナー一覧
『TRANSIT』編集部
『TRANSIT』編集部

世界を旅し、その土地の歴史や文化、人びとの暮らしを紹介するトラベルカルチャー誌「TRANSIT」。

土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

『散歩の達人』土屋広道編集長
『散歩の達人』土屋広道編集長

1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。

羽野晶紀
羽野晶紀

1968年、京都府生まれ。TVやラジオ、舞台などの仕事先で、ショートトリップを楽しむことが多い。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。

美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力をご紹介。

『SAVVY』竹村匡己編集長
『SAVVY』竹村匡己編集長

京都市伏見区生まれ。エルマガジン、サヴィ、リシェ、別冊、ミーツ編集長を経て、2019年より現職。