※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

Plan No.534
  • 日帰り

カップルで犬吠埼灯台へ
銚子のサンマを食す秋旅

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

秋の味覚・サンマを食べに、カップルで銚子へ出かけてみませんか? 日本一早い日の出が見られる場所として有名な「君ヶ浜しおさい公園」へ行き、浜辺をのんびり散歩。その後は、漁港で獲れたての海鮮、「しょうゆソフトクリーム」、サンマ尽くしの料理をいただき、地元グルメをたっぷり満喫します。

こんな旅気分の人におすすめ
#カップル・夫婦で旅がしたい #秋の味覚を堪能したい #パワースポットに興味あり #絶景が見たい

Schedule

DAY 1 START
千葉市
車車約1時間45分
SPOT1
スポット
早朝から絶景を堪能

犬吠埼灯台

明治7(1874)年、英国人灯台技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計によって完成した灯台。大型1等レンズを使用した光は約36km離れた海上からでも認識できる。

DATA
  • 【住所】 千葉県銚子市犬吠埼9576map
  • 【TEL】 0479-25-8239(燈光会 犬吠埼支所)
  • 【営業時間】 8:30~17:00(閉館)、10~翌2月~16:00(閉館)、時期により異なる
  • 【定休日】 荒天時、点検期間休、GW・盆時期・年末年始は営業
  • 【料金】 参観寄付金=中学生以上300円/障がい者手帳持参で参観料無料
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ 「世界灯台100選」「日本の灯台50選」に選ばれ、銚子観光のシンボルとして知られるこちら。断崖絶壁の下に横たわる岩礁で、荒波が砕ける様子は見応えあり!
  • ★ 99段の階段を上った展望デッキから、海岸線や太平洋の水平線を見ることができます。風が強いので、女性はスカートよりパンツスタイルがおすすめ
車車すぐ
SPOT2
スポット
美しい浜辺をお散歩

君ヶ浜しおさい公園

犬吠埼灯台の北方から海鹿島(あしかじま) にいたる白砂青松(はくさせいしょう)の美しい海岸。文人・歌人などの来遊も多く、周辺には文学碑も点在。関東最東端の犬吠埼は山頂・離島を除き、日本で一番早く初日の出を見ることができるスポットとしても名高い。「日本の渚100選」にも選定されている。

DATA
  • 【住所】 千葉県銚子市君ケ浜map
  • 【TEL】 0479-24-8707(銚子市観光商工課)
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ 浜辺を散歩したり、海をぼんやり眺めながらゆっくり過ごすのもおすすめ。また海沿いには遊歩道が設けられているので、靴の汚れを気にせずに歩くことができますよ
  • ★ 波が高いので遊泳は禁止されています。ただ周囲の景色はとてもきれいなので、遠目から眺めるのがおすすめ
車車約5分
SPOT3
スポット
その年の一番大きな願いが叶うかも!?

補陀洛山(ふだらくさん) 満願寺

徳道上人(とくどうしょうにん)が創設以来の巡礼の歴史と伝統を受け継いで開設。本尊は十一面観世音菩薩を安置し、四国・西国・坂東(ばんどう)・秩父188か所の霊場の本尊の写しも奉られている。各地から多くの人が参拝しに訪れ、「願いがかなう観音様」として信仰されている。

DATA
  • 【住所】 千葉県銚子市天王台9822-1map
  • 【TEL】 0479-24-8416
  • 【営業時間】 参拝自由
  • 【定休日】 無休
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ パワースポットで人気のお寺。祀られている「ご本尊十一面観音」は「一願観音」としても知られ、その年の一番大きな願いを叶えてくれるといわれています。せっかくなので、願い事をして参拝してみては?
  • ★ 境内の満願堂には、西国、坂東、秩父、四国の188カ所のご本尊を祀っているので、参拝すると189カ所のお寺をお参りしたのと同じご利益があるんだとか!
車車約10分
SPOT4
スポット
ちょっと遅めの朝食を

ウオッセ21

地元の鮮魚商などが軒を連ねる水産物即売センターや、シーフードレストランを備える海の幸の総合センター。銚子産の新鮮な鮮魚を買って、食して満喫できる。市内を一望できる銚子ポートタワーや公園もあり、人気のスポット。

DATA
  • 【住所】 千葉県銚子市川口町2-6529-34map
  • 【TEL】 0479-25-4500
  • 【営業時間】 9:00~16:00
  • 【定休日】 無休
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ メディアでも多数紹介されている「見る・買う・食べる」がまとめて楽しめる、お魚ランド。目の前の銚子港で獲れる鮮魚が並びます。お土産やご自宅用にもおすすめ! お食事処でおいしい海鮮を味わえますよ。シェアしながら遅めの朝食にいかが?
  • ★ 隣接している「銚子ポートタワー」は周囲にさえぎるものがなく、壮大な風景が見渡せます。天気の良い日は利根川河口まで一望できますよ
車車約10分
SPOT5
スポット
お土産探しはこちらで!

銚子セレクト市場

地元の人たちが自らセレクトした逸品をそろえるセレクトショップ。厳選した海産物や農産物のほか、土産物などもずらり。直売所ならではの新鮮でおいしい旬の味覚が見つかる。ヤマサ醤油を使った「しょうゆソフトクリーム」もおすすめ。

DATA
  • 【住所】 千葉県銚子市双葉町3-6map
  • 【TEL】 0479-26-3123
  • 【営業時間】 9:30~18:00、土・日曜日・祝日9:00~18:30
  • 【定休日】 無休
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ ヤマサの工場とこちらでのみ販売されている「しょうゆソフトクリーム」が食べられます。しょっぱさはなく、まろやかな甘みの中に醤油のコクがマッチして、絶妙なおいしさです!
車車約5分
SPOT6
レストラン
旬のサンマを食べ尽くす!

魚料理 みうら

銚子の旬の鮮魚を丼や定食など、さまざまなメニューで取りそろえる食事処。春夏はイワシ、秋冬はサンマ、冬から春にかけてはアジなど、その時期一番おいしい魚を仕入れ、刺身や寿司、煮付けなどで提供。脂ののった旬魚のおいしさを堪能しよう。

DATA
  • 【住所】 千葉県銚子市新生1-36map
  • 【TEL】 0479-22-0915
  • 【営業時間】 11:00~22:00
  • 【定休日】 水曜日(祝日の場合は営業)
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ おすすめの「さんま姿ずし」はサンマを丸ごと1匹使った押し寿司で、見た目もきれい! そのほか、刺身や煮付けなど6品で秋の味覚を味わい尽くす「さんまづくし膳」や、サンマの漬けをたっぷりと盛りつけた「さんまづけ丼」なども。お好みの料理で、旬のサンマを存分に召し上がれ
SPOT

UNTRACE inc.

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。

Copyright MAPPLE, Inc.

帰路へ

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

プランナー一覧
泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

『散歩の達人』土屋広道編集長
『散歩の達人』土屋広道編集長

1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

『TRANSIT』編集部
『TRANSIT』編集部

世界を旅し、その土地の歴史や文化、人びとの暮らしを紹介するトラベルカルチャー誌「TRANSIT」。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

『SAVVY』竹村匡己編集長
『SAVVY』竹村匡己編集長

京都市伏見区生まれ。エルマガジン、サヴィ、リシェ、別冊、ミーツ編集長を経て、2019年より現職。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力をご紹介。

土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

羽野晶紀
羽野晶紀

1968年、京都府生まれ。TVやラジオ、舞台などの仕事先で、ショートトリップを楽しむことが多い。

美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。