※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

Plan No.338
  • 日帰り

「令和」ゆかりの地へ
太宰府で神社巡り女子旅

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

元号「令和」ゆかりの地として有名な福岡県・太宰府の「坂本八幡宮」の周りには、「源氏物語」にも登場する古刹「観世音寺」や、ご存知「太宰府天満宮」などの寺社仏閣がたくさん! 福岡名物・明太子の名店で「明太子茶漬けセット」や「太宰府バーガー」なども味わって女子旅を満喫しましょう。

こんな旅気分の人におすすめ
#友達旅行・女子旅がしたい #寺社仏閣めぐりがしたい #SNS映えする景色が見たい #福岡グルメを味わいたい

Schedule

DAY 1 START
西鉄久留米駅
電車都府楼前駅まで電車約20分 徒歩徒歩約15分
SPOT1
スポット
「令和ゆかりの地」として有名な神社へ

坂本八幡宮

地域の土地神・産土神を祀る神社。元号・令和の典拠となった万葉集の梅の歌はこの地(※所説あり)にあった大伴旅人邸で詠まれたものであることから、一躍有名に。付近には大伴旅人の歌碑や令和にちなんだ碑もある。

DATA
  • 【住所】 福岡県太宰府市大字坂本3ー14ー23
  • 【TEL】 092-928-3100(週末のみ)
  • 【営業時間】 24時間自由 ※社務所開設は現状、土・日曜日、祝日の10:00~16:00
  • 【定休日】 無休
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ 「令和ゆかりの地」として有名な神社。およそ1300年前、大宰府に赴任した大伴旅人(おおとも の たびと)が自邸で「梅花の宴」を開き、その時に詠まれた32首の序文が、元号「令和」のもとになったといわれています
  • ★ 2019年には、高さ約1.6m、幅約1.2mの御影石製で「令和」と彫られた石碑が建てられ、話題を呼びました
徒歩徒歩約10分
SPOT2
スポット
「源氏物語」にも登場する古刹

観世音寺(かんぜおんじ)

「源氏物語」にも登場する古刹で、江戸時代に再建された講堂と金堂は県の文化財に指定されている。また、国宝の鐘楼、宝蔵内に安置された重要文化財の仏像も必見。境内は藤や紫陽花など四季の花が彩り、散策にも最適。

DATA
  • 【住所】 福岡県太宰府市観世音寺5ー6ー1
  • 【TEL】 092-922-1811(宝蔵)
  • 【営業時間】 参拝は自由、宝蔵は9:00~17:00(最終入館16:30)
  • 【定休日】 無休
  • 【料金】 拝観無料、宝蔵は大人500円、高校生・学生300円、小・中学生150円、未就学児無料
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ 天智天皇が母である斉明天皇を祀るために建立したお寺で、完成までに約80年を費やしたそうです。その間、たび重なる火災などで廃寺寸前にまで追い込まれた経緯がありますが復興を遂げ、現在の姿になりました
  • ★ 九州を代表する古寺といわれ、境内には国宝指定されている国内最古の梵鐘や、5m級の仏像が数多く立ち並ぶ収蔵庫があります。仏像の大きさや迫力に圧倒されると同時に、お寺の辿ってきた歴史も感じてみましょう
徒歩徒歩約20分
SPOT3
スポット
秋の紅葉、春の新緑は必見

光明禅寺(こうみょうぜんじ)

菅家の生まれである鉄牛円心が鎌倉中期に建立した禅寺。重森三玲による枯山水をあしらった庭園で紅葉の名所。福岡県の名勝であり、通称「苔寺」と親しまれている。

DATA
  • 【住所】 福岡県太宰府市宰府2丁目16-1
  • 【TEL】 092-925-1880(太宰府市観光案内所)
  • 【営業時間】 9:30~16:30(閉門)
  • 【定休日】 法要等による臨時休あり
  • 【料金】 拝観料=200円
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ 太宰府天満宮からも至近距離にある寺院で、九州に唯一残る重森三玲作庭の枯山水庭園が見られます
  • ★ 「苔寺」の愛称で親しまれる庭園が美しく、おすすめは新緑や紅葉の季節! 長時間眺めていたくなるような、美しい光景は一見の価値あり!
徒歩内山バス停まで戻る
バス連歌屋までバス約5分
徒歩徒歩すぐ
SPOT4
レストラン
福岡名物「明太子」を売り出した名店で昼食

味の明太子 ふくや 太宰府店

福岡を代表する特産品「明太子」は、ふくや創業者である川原俊夫氏が昭和24年に売り出したのがはじまり。太宰府店では、店舗の和の雰囲気に合うメニューとして明太茶漬けをカフェで提供。テイクアウトもできる。

DATA
  • 【住所】 福岡県太宰府市宰府3ー2ー47
  • 【TEL】 092-929-2981
  • 【営業時間】 売店9:00~17:30(時短営業中は9:30~)、カフェ10:00~16:30
  • 【定休日】 無休
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ 良質な「たらこ」を使用したこちらの明太子。特製のブレンド唐辛子でシンプルに味付けし、味わい深く香り高い明太子がお店の看板商品です
  • ★ 昼食は「明太子茶漬けセット」をいかが? 「明太ごはん」「明太とろろ丼」「明太茶漬け」という3つの食べ方があるので、お試しあれ。量が欲しい人は、明太子とごはんの追加注文もOK
徒歩徒歩すぐ
SPOT5
レストラン
菅原道真ゆかりの名物「梅ヶ枝餅」でひと休み

お食事処 かさの家

太宰府天満宮に祀られる菅原道真ゆかりの太宰府名物「梅ヶ枝餅」。同店では、大正11年の創業時から販売している。伝統の製法で作られる梅ヶ枝餅はどこか懐かしい素朴な味。太宰府を訪れる多くの旅人に長く愛されている。

DATA
  • 【住所】 福岡県太宰府市宰府2ー7ー24
  • 【TEL】 092-922-1010
  • 【営業時間】 9:00~18:00
  • 【定休日】 無休
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★太宰府名物「梅ヶ枝餅」は、もち米とうるち米をブレンドした生地に、上品でほのかな甘さのつぶ餡を包み込み、香ばしく焼き上げています。できたてアツアツが絶品のこちらは茶房で味わうことができます。また、お土産にもおすすめです
徒歩徒歩すぐ
SPOT6
スポット
合格、開運、カップル円満を願って

太宰府天満宮

平安時代に学者、政治家、詩人と多方面で活躍した菅原道真を祀る。左大臣の藤原時平の陰謀により、大宰府に左遷された道真は、延喜3(903)年に59歳で死去。その亡骸を運ぶ牛車の牛が、この場所に伏して動かなくなり、祠を建てたのが起源といわれる。

DATA
  • 【住所】 福岡県太宰府市宰府4丁目7-1
  • 【TEL】 092-922-8225(社務所)
  • 【営業時間】 通年6:00~19:30(閉門、時期により異なる)
  • 【定休日】 無休
  • 【料金】 見学料(宝物殿)=大人500円、高・大学生200円、小・中学生100円
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ 境内には本殿へと続く橋が3本あり、それぞれ「過去」「現在」「未来」を表しています。この橋を渡ることにより、心と身体が清められた状態で神様の前に進めるそう
  • ★ 京都の「北野天満宮」と並び、全国の天満宮の総本社とされています。初詣時には200万人以上、年間850万人以上が訪れる人気の神社で、学問の神様として知られる天神様・菅原道真公が祀られる“合格祈願”の聖地のような場所です
  • ★ また、触ると幸運をもたらすといわれてる牛の像が11体もあり、その牛に触れると触れた箇所と同じところが良くなったり、願いを込めながら撫でると願いが叶うといわれています。牛を見つけて、ご利益にあやかってみましょう!
徒歩徒歩約5分
SPOT7
スポット
赤い鳥居が美しい“九州最古のお稲荷さん”

天開稲荷社

こちらの御祭神は、京都伏見稲荷大社より観請された宇迦之御魂神。日本神話にも登場する女神で、「天に道が開けて、運気が上昇する」パワーを持つ信じられている。御本殿裏手にはさらに赤い鳥居が続き、石室の奥の院がある。

DATA
  • 【住所】 福岡県太宰府市宰府4ー7ー1
  • 【TEL】 092-922-8225(太宰府天満宮社務所)
  • 【営業時間】 開門:春分の日~秋分の日前日6:00、それ以外6:30 閉門:4・5・9・10・11月19:00、6~8月19:30、12~3月18:30
  • 【定休日】 無休
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★「太宰府天満宮」境内の最奥にあり、“九州最古のお稲荷さん”として親しまれています。太宰府天満宮の御本殿から徒歩約10分ほど、赤い鳥居が続く階段を上りきると到着します
  • ★ 福岡随一のパワースポットともいわれ、開運、商売繁盛のご利益があるそう。道中はやや急なので、歩きやすい靴でお出かけしましょう
徒歩宮前バス停まで徒歩約5分
バス内山までバス約5分
徒歩下車徒歩約5分
SPOT8
スポット
特に縁結びのご利益を求める女性に人気

宝満宮 竈門神社

古来から祈りの山として知られる宝満山(竈門山)の山頂に上宮、麓に下宮が鎮座する。創建1350年を迎えた平成25年には大規模改修が行われ、美しくなった本殿やお守り授与所、展望舞台などをゆっくり参拝したい。

DATA
  • 【住所】 福岡県太宰府市内山883
  • 【TEL】 092-922-4106
  • 【営業時間】 参拝24時間、授与所8:30~18:00、祈願受付10:00~16:00
  • 【定休日】 無休
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ 別名「宝満宮」や「竈門宮」とも呼ばれていて、玉依姫命 (たまよりひめのみこと)が祀られています。男女間や友人、仕事など、幅広い縁を結ぶ神様ですが、特に縁結びのご利益を求める女性に人気のスポットとなっています
  • ★ 一見、カフェのようにも見えるモダンなつくりの授与所は、“100年後も色褪せない神社”というコンセプトで設計・建築されたのだとか。今までの神社のイメージを覆すようなオシャレな空間に、種類やカラーバリエーションが豊富なお守りが多数販売されています。ぜひ、立ち寄ってみて
徒歩徒歩約3分
SPOT9
レストラン
太宰府バーガーと唐揚げの専門店

筑紫庵 本店

太宰府バーガーと唐揚げの専門店。大宰府バーガーは、「元祖 九州からあげ」と梅の名所・太宰府名物の「梅肉」、タルタルが絶妙のおいしさ。新登場のスイーツバーガー・うめイチゴ、自家製黒ゆず、無添加酵素ジュースも人気。

DATA
  • 【住所】 福岡県太宰府市宰府3ー2ー2
  • 【TEL】 092-921-8781
  • 【営業時間】 10:00~22:00
  • 【定休日】 不定休
旅色コンシェルジュ・和田

旅色コンシェルジュ・和田のおすすめポイント

  • ★ 出汁が効いた唐揚げと、太宰府名物の梅を組み合わせた「太宰府バーガー」が大人気! 大きめのバンズに、食べごたえのある唐揚げ×梅肉ソース×タルタルソースの組み合わせは味もさることながら、ご利益もたっぷりありそう。太宰府に来たなら食べなきゃ損かも

UNTRACE inc.

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。

Copyright MAPPLE, Inc.

帰路へ

太宰府(福岡県)を巡る旅はいかがでしたか?オリジナルの旅プラン作成は旅色コンシェルジュにご依頼ください♪

旅色コンシェルジュとは…
旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

プラン作成依頼はこちらから! 旅行プランはプロにすべておまかせ!旅色コンシェルジュ

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

『TRANSIT』編集部
『TRANSIT』編集部

世界を旅し、その土地の歴史や文化、人びとの暮らしを紹介するトラベルカルチャー誌「TRANSIT」。

泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

羽野晶紀
羽野晶紀

1968年、京都府生まれ。TVやラジオ、舞台などの仕事先で、ショートトリップを楽しむことが多い。

『散歩の達人』土屋広道編集長
『散歩の達人』土屋広道編集長

1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

『SAVVY』竹村匡己編集長
『SAVVY』竹村匡己編集長

京都市伏見区生まれ。エルマガジン、サヴィ、リシェ、別冊、ミーツ編集長を経て、2019年より現職。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力をご紹介。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。