誰と旅行する?

× 閉じる

どんな気分?

× 閉じる

都道府県から探す

× 閉じる

※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

八戸の海鮮グルメも満喫恐山へ一人旅ドライブ
Plan338
更新日:2021/04/26

八戸の海鮮グルメも満喫
恐山へ一人旅ドライブ

下北半島(青森県) 予算:23,000円〜
予算について
予算について

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

× 閉じる
  • おひとり様の旅がしたい
  • 同一県内で旅がしたい
  • 海の幸やウニが大好き
  • リフレッシュしたい

全体スケジュール

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
*1日目の過ごし方

Spot.1Café de ketty

Spot.2霊場恐山

Spot.3湯小屋(温泉)

Spot.4下北バル

Spot.5ホテル ユニサイトむつ

1日目START!!
八戸市
  • 車約2時間
spot1

リラックスムード満点な欧風カフェレストラン

Café de ketty

「Café de ketty」

かわいらしい一軒家カフェレストラン。アロマ効果が高いとされるコーヒーの香りが漂う洒落た店内は、いつもリラックスムード。フードメニューのメインは、上質なフレッシュクリームをふんだんに使用した「若どりのクリームソース」が人気。

【住所】青森県むつ市小川町2-19-46

【TEL】0175-23-6633

【営業時間】10:00~21:00(LO20:30)

【定休日】無休

【料金】500円~1,999円

SNS

★ ふっくらと香ばしい自家製パンや10種類以上あるカレーなど、メニューがたくさん! ご注文に迷った時は、人気メニュー「若どりのクリームソース」のパスタをどうぞ

★ ミルクティーのシフォンケーキやフレンチトースト、パンケーキといったスイーツも豊富。デザートとして、ランチと一緒に味わってみては?

  • 車約25分
spot2

青森県最大のパワースポット

霊場恐山

「霊場恐山」

慈覚大師が開山した恐山は、高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場のひとつ。宇曽利山湖を望む丘陵には、火山性による独特の荒涼とした風景が広がっている。7月と10月に行なわれる大祭は、「イタコの口寄せ」でも有名。

もっと詳しくみる
  • 「異世界」を感じる風景

「異世界」を感じる風景

× 閉じる

【住所】青森県むつ市田名部宇曽利山3-2

【TEL】0175-22-3825(恐山寺務所)

【営業時間】5~10月:6:00~17:00(閉山18:00、時期により異なる)

【定休日】期間中無休

【料金】入山料=大人500円、小人200円/霊場アイス(ヨモギ・ブルーベリー)=各250円

★ 他のスポットでは感じたことのないような雰囲気に溢れており、まるで異世界に来たような気持ちになるそう。幻想的な光景が見たい人におすすめの恐山

★ 恐山の参拝コースは1周約3キロで、40分ほどかけて歩くことができます。一面火山岩で覆われた岩場を歩くことになるので、参拝の際は歩きやすい靴を履いて行くことをおすすめします

★ 恐山は5月1日~11月上旬頃まで開山されています。冬期は入山ができないので行く際は予め調べてから行くと良さそうですね

  • 車約10分
spot3

参拝客が身を清めるために浸かる温泉へ

湯小屋(温泉)

「湯小屋(温泉)」

恐山菩提寺境内に湧く温泉。参拝客が身を清めるために、男湯・女湯・男女入替・混浴の4つの湯小屋が設けられている。酸性が強い硫黄泉のため長湯は禁物。さっと浸かるだけでも肌がツルツルになり、身も心も清められる気分。

もっと詳しくみる
  • 温泉

  • 外観

温泉

外観

前の写真 次の写真
× 閉じる

【住所】青森県むつ市大字田名部字宇曽利山3ー2

【TEL】0175-22-3825(恐山菩提寺寺務所)、冬期は0175-22-1091(恐山菩提寺 本坊 円通寺)

【営業時間】(開門時間)5月1日~10月末日6:00~18:00 ※10月は日没時間により閉門が早まる

【定休日】期間中無休

【料金】入山者は無料

★ 境内の真ん中にある温泉。一見、温泉と分からないような小屋作りになっているため、見落としてしまいそうな外観なのでご注意を。境内を参拝する前に身を清めるため、かつては参拝者全員が入浴していたそうです

★ うっすらと緑がかったお湯が特徴で、お湯は少し熱め。神経痛やリウマチ、胃腸病に効果があるといわれています

  • 車約30分
spot4

夕食は下北半島の名産をまるごと味わおう

下北バル

「下北バル」

JR大湊線下北駅より徒歩約3分、「プラザホテルむつ」の1階に店を構える「下北バル」は、“下北半島の名物をまるごと味わえる店”がコンセプトのダイニングバー。自然豊かな下北半島の美味しい食材を使った料理と酒を楽しめる。

【住所】青森県むつ市下北町2-46 プラザホテルむつ1F

【TEL】0175-23-7115

【営業時間】朝:6:00~9:00、昼:11:00~14:00(LO13:30)、夜:17:00~22:00(LO21:00)

【定休日】無休

【料金】朝:700円(宿泊の場合は500円)、昼:500円~1,200円、夜:1,000円~2,000円

SNS

★ 地元野菜や近海で捕れる新鮮な魚介を豪快に使った海鮮パエリアが看板メニュー。3種類のサイズからチョイスして

★ 海上自衛隊では外の景色がほとんど変わらない航海時に、隊員の曜日感覚がなくなってしまわぬよう、毎週金曜日にカレーライスを食べる習慣があるそう。そこで実際に船内で使用されている食器・通称「テッパン」を使用して、隊員から伝授されたレシピを再現した「大湊海自カレー」もいただけます

  • 車約7分
spot5

一人旅にピッタリの宿でゆったり

ホテル ユニサイトむつ

「ホテル ユニサイトむつ」

全室Wi-Fi接続、PCコーナーもあり、観光からビジネスまで利用可能。桜色の壁が清潔感あるレディースルームには、三面鏡やイオンドライヤーも完備され、女性も快適に過ごせる。朝食はダイニングカフェで和洋バイキングを。

もっと詳しくみる
  • シングルルーム

  • ビジネスコーナー

  • 朝食バイキング

シングルルーム

ビジネスコーナー

朝食バイキング

前の写真 次の写真
× 閉じる

【住所】青森県むつ市小川町2ー8ー10

【TEL】0175-28-2525

★ 下北半島観光の拠点となる、むつ市の中心部に位置するこちら。ホテル近くに飲食店が集まり、突然な夜の買い物にも便利! 清潔感があるお部屋で快適な時間を過ごしましょう

Text:UNTRACE inc.
掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright MAPPLE, Inc.

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
旅色編集部より

「連休に、近場で一人がしたい」という方にはこちらがおすすめ! 青森県内でも有名な景勝地をドライブで巡ってみませんか? ウニやマグロなど、新鮮な魚介を現地で味わうグルメの旅も叶います。「仏ヶ浦」や「恐山」、海沿いには珍しい乳白色の温泉などで、のんびり穏やかな休日を。

今回ご紹介したスポット

八戸の海鮮グルメも満喫恐山へ一人旅ドライブ

下北半島(青森県)を巡る旅はいかがでしたか?オリジナルの旅プラン作成は旅色コンシェルジュにご依頼ください♪

プラン作成依頼はこちらから! ▸

みんなの旅プランナー

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

  • 旅色コンシェルジュ

    これまで作成したプラン数は約8,000件!あらゆるニーズに応える。旅プランの無料作成もお任せあれ。

  • 旅色編集部

    女子旅やカップル旅などを考えるのが得意。定番スポットに加え、知る人ぞ知るお店の情報網も。

  • ロッキング大阪

    ウォーキングガイド「Rocking Osaka」。通訳案内士の知見を生かした、土地や歴史を知るプランニングが得意。

  • 泉よしか

    温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

  • 人力車えびす屋

    全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

  • 『SAVVY』
    竹村匡己編集長

    出生地は京都は伏見。でも稲荷的な伏見ではない。保険会社のSEを経て京阪神エルマガジン社入社。

  • 『TRANSIT』
    林紗代香編集長

    岐阜県生まれ。大学卒業後いくつかの雑誌編集部を経て、2008年の創刊時より『TRANSIT』に参加。

  • 『散歩の達人』
    土屋広道編集長

    1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

旅色コンシェルジュとは

旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

プラン作成をご希望の方はこちら
↓↓↓