旅色コンシェルジュ・吉川が選ぶ! 鎌倉の紫陽花を愛でたいお寺5選

神奈川県

2022.05.20

LINEでシェア
はてなでシェア
旅色コンシェルジュ・吉川が選ぶ! 鎌倉の紫陽花を愛でたいお寺5選

ご要望に合わせた旅行プランを無料で提案するサービス「旅色コンシェルジュ」の吉川です。全国の寺社仏閣めぐりや御朱印集め、歴史散策のプランなら私にお任せください! 今回は、梅雨時期とともに気になる、鎌倉の紫陽花(アジサイ)がきれいな5つのお寺とその見どころをご紹介します。ぜひ、鎌倉散策のご参考に。

2022.05.20

目次

閉じる

そもそも鎌倉の紫陽花の見頃っていつ?

【1】鎌倉屈指の“あじさい寺”/明月院

【2】林の中にある参道を進むと現れるお寺/浄智寺

【3】鎌倉で最も格が高い禅寺/建長寺

【4】1年を通して花々が咲き誇る寺/長谷寺

【5】緑あふれる静かな境内/光則寺

日帰りで五寺を周るおすすめルート

著者プロフィール

そもそも鎌倉の紫陽花の見頃っていつ?

現在放送中の大河ドラマの舞台が「鎌倉」であることも相まって、ますます人気の観光地での紫陽花旅。例年の5月下旬頃から色づき、6月上旬から中旬に見頃を迎え、6月中旬から下旬がピークだとされています(5月のGWにプライベートで鎌倉へ行ったときはほんの少しだけ咲いていました!)。お出かけ前の天気や最新情報を確かめて、美しい紫陽花を見に行きたいですね。それでは早速、紫陽花がきれいなお寺をご紹介していきます。

【1】鎌倉屈指の“あじさい寺”/明月院

「方丈内(ほうじょうない)の円窓(悟りの窓)」

ウサギとカメが並んでいる

視線の先が気になる

明月院といえば、丸い窓の景色。これは悟りや真理、大宇宙などを円形で象徴的に表現した「方丈内(ほうじょうない)の円窓」といい、「悟りの窓」とも呼ばれています。丸窓の先にある庭園は普段は一般公開されていませんが、花菖蒲と紅葉の時期には特別公開されるのだとか!

また、境内の至る所にウサギモチーフがあるのはご存じでしょうか? 明月院の「月」がウサギと縁がある、ということから境内では可愛らしいウサギたちが置かれるようになったのだとか。特にこの境内入口付近にいるウサギとカメは昔話を思い出させてくれますね。

鎌倉・明日院のあじさい

「明月ブルー」を楽しもう

◆明月院の紫陽花ポイント

明月院の境内は紫陽花の時期になると「明月ブルー」と言われるほど、真っ青になります。もともと森の中にあることも相まって、より美しく紫陽花の青色が映えるんです。また、お寺にはいくつも小径があり、その両側を紫陽花が彩っているのも素敵ですよ。

◆明日院
住所:鎌倉市山ノ内 189
アクセス:JR「北鎌倉駅」から徒歩約10分

【2】林の中にある参道を進むと現れるお寺/浄智寺

緑に囲まれている境内

林の中にある参道を進むだけで心が洗われそう

七福神の一人「布袋尊」が祀られている

浄智寺は林の中にたたずむお寺で、参道の入り口から雰囲気たっぷり。北鎌倉ならではの落ち着いた雰囲気を感じながら進んでいくと境内が見えてきます。明月院や長谷寺といった名所よりは観光客も少なめなので、のんびり散策できるの魅力の一つです(境内もじっくり見て回ると30分くらいかかりますよ)

実は、こちらには鎌倉・江の島 七福神の一人「布袋尊」をお祀りしています。袋を下げてらっしゃるのですが、これは「堪忍袋」。怒りや恨みをこの中に入れるので、いつも笑顔なのだそう。金運のご利益もあるとされ、お腹を撫でるとパワーがいただけるのだとか!

鎌倉・浄智寺のあじさい

境内には約40種約150株の紫陽花が植えられています

◆浄智寺の紫陽花ポイント

浄智寺の境内には約40種約150株の紫陽花が植えられており、6月中旬頃に見頃を迎えます。大きな群落はありませんが、鐘楼門へつづく石段の両側と、「甘露の井」の脇に咲く紫陽花は必見です。

約40種、約150株の紫陽花が参道沿いを彩ってくれるので、写真を撮るのに夢中になり境内にたどり着けなくなりそう。参道入り口から石段と鐘楼門も含めて写真を撮るといい感じに。

◆浄智寺
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1402
アクセス:JR北鎌倉駅下車徒歩8分

【3】鎌倉で最も格が高い禅寺/建長寺

鎌倉一格式が高いとされている

鎌倉一格式が高いとされている

鎌倉には数多くの寺社仏閣がありますが、その中でも格が高いとされているのがこちら。日本で初めて創建された禅寺で、入口の総門から「あらゆる執着心から解き放たれる」とされている三門、さらに本尊・地蔵菩薩がいらっしゃる仏殿など、見どころたっぷり!

他にも、鎌倉の他の寺社でも見られる「さざれ石」や国宝にも指定されている「方丈庭園」もポイント。特に庭園はのんびり観賞できるよう、縁側に腰かけもありますよ。美しい庭園を見つめていたらいつの間にか時間が過ぎてしまいそう。

◆建長寺の紫陽花ポイント

ハイキングコースもある広い境内の至る所に紫陽花が咲きますが、特に美しいのは入口から徒歩約15分ほどの「半僧坊」周辺に咲いている紫陽花たち。こちらには火防、厄除け、交通安全のご利益がある天狗の像もあるので、併せて注目してみて!

◆建長寺
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内8
アクセス:JR「北鎌倉駅」からバス約5分(江ノ電バス「鎌倉駅」行き「建長寺」下車)または徒歩約15分/JR「鎌倉駅」からバス約10分(江ノ電バス 各種「大船方面」行き「建長寺」下車)または徒歩約30分

【4】1年を通して花々が咲き誇る寺/長谷寺

日本最大級の十一面観世音菩薩がいらっしゃる

和み地蔵もマスクをしてお出迎え

見晴らし台からの景色

「鎌倉と紫陽花」といえば真っ先に名前が挙がるのがこの「長谷寺」。境内はかなり広く、途中階段の上り下りなどもあり見応え抜群です! 紫陽花以外にも一年中花が咲き誇っているのでどの季節に行っても楽しめます。

また、広い境内にはさまざまな見どころが。例えば、境内の至る所に「和み地蔵」という可愛らしく微笑んでいるお地蔵さまがいるのですが、特に大きなものが境内入口から見て右手側にいらっしゃいますよ。さらに、境内の上の方へ行くと見晴らし台があり、鎌倉と江の島の海を見渡せます! 知れば知る程奥深いお寺なんです。

長谷寺のあじさい

散策路沿いの紫陽花が特にきれい

◆長谷寺の紫陽花ポイント

「鎌倉の西方極楽浄土」と呼ばれるほど、1年中花が咲き誇る長谷寺は、紫陽花の時期になると辺り一面紫陽花だらけ! どこを切り取っても美しいのですが、特に境内の上へと続く「眺望散策路」を上り、上から境内を見渡すとより美しく見れるはず。散策路沿いに咲く紫陽花一つひとつにも注目です。

◆長谷寺
住所:神奈川県鎌倉市長谷3丁目11ー2
アクセス:JR 横須賀線、鎌倉駅下車→バス「長谷観音」下車、徒歩約5分/江ノ電「長谷駅」下車、徒歩約5分/小田急線、藤沢駅下車→江ノ電「長谷駅」より徒歩約5分

【5】緑あふれる静かな境内/光則寺

廻りの緑に朱塗りの門が映える

宿屋光則屋敷跡の石碑が残る

美しい小径が境内にちらほら

長谷寺から徒歩すぐにあるこのお寺は実は隠れた紫陽花の名所。こじんまりとした境内は心鎮まる空間になっており、ゆっくり自然を楽しみたい方にぴったり。もともとは5代執権北条時頼の家臣・宿屋光則のお屋敷で、現在のそのお庭には美しい花たちが咲き誇っています。

特に本堂前に咲いている「海棠(カイドウ)」は樹齢約200年。四季の花々からも歴史を感じさせる名所なので、長谷寺と併せて訪ねてみて。なお、周囲は住宅街になっているので見学の際はお静かに!

光則寺のあじさい

静かな境内に美しく咲く紫陽花

◆光則寺の紫陽花ポイント

境内には約200種類600鉢の紫陽花が所狭しと咲き誇ります。 これまで紹介したお寺に比べると、敷地がそこまで広くないので、じっくり見学しても時間に余裕があるはず。なかでも品種によって色も花の形もさまざまな「ヤマアジサイ」が美しいです。紫陽花の鉢それぞれにどの品種か名前が書いてあるので、それを見ながら見学するとより分かりやすいでしょう。

◆光則寺
住所:神奈川県鎌倉市長谷3-9-7
アクセス:江ノ島電鉄「長谷駅」から徒歩約7分

日帰りで五寺を周るおすすめルート

どのシーズンも人気の鎌倉で、特に紫陽花がきれいなお寺5選を紹介しました。もし日帰りで全部周りたい! という方にはこんな周り方がおすすめですよ。実際に私もこのルートで周ってみました。

①北鎌倉駅→(徒歩約10分)→浄智寺
②浄智寺→(徒歩約5分)→明月院
③明月院(徒歩約15分)→建長寺
④建長寺→(徒歩約15分)→北鎌倉駅→(電車約3分)→鎌倉駅(江ノ電に乗り換え/電車約5分)→長谷駅(徒歩約5分)→長谷寺
※建長寺から北鎌倉駅の途中にはおいしいお店がいくつかあるので、ぜひこのタイミングにランチを。
⑤長谷寺→(徒歩約5分)→光則寺
※光則寺見学後、旅の締めくくりに長谷駅周辺のカフェに立ち寄るのも◎

お出かけ前に最新の開花状況を確認するのも忘れずに。今回ご紹介したお寺以外にも、鎌倉には一度は行っておきたいスポットがたくさん! 以下のおすすめ旅行プランから、ぜひチェックしてくださいね。

旅色の各プランナーがおすすめする鎌倉(神奈川県)の旅をご紹介

著者プロフィール

東京都出身で、御朱印集めやおいしいグルメ探しが好き。最近はキャンプも◎。元添乗員&温泉ソムリエで、得意なエリアは京都・奈良。

Related Tag

#フォトジェニック #パワースポット #写真 #観光 #鎌倉 #寺 #あじさい #梅雨

Author

旅色コンシェルジュ

ヨシカワ

東京都出身で、御朱印集めやおいしいグルメ探しが好き。最近はキャンプも◎。元添乗員&温泉ソムリエで、得意なエリアは京都・奈良。

Articles

旅色コンシェルジュ・吉川が選ぶ! 京都でいただくかわいいお守り5選

ポップでリーズナブルでデリシャス!今、推したい「新感覚しゃぶしゃぶ」をレポ

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

大阪府

2022.07.01

ブーム到来!? 大阪で台湾を感じる旅

メンバー

旅色LIKES

  • NEW

全国

2022.06.30

九州の絶景を見るならここ! 旅色コンシェルジュ・甲斐がおすすめするドライブスポット7選

旅色編集部

TABIIRO

  • NEW

全国

2022.06.30

【旅色×TO&FROのコラボ第一弾】旅のお供に持っていきたい! 1枚で何役にもなるトラベルグッズ「OTOMO」を紹介

mone

映え旅

  • NEW

東京都

2022.06.30

【川瀬良子の農業旅】「代官山青果店」色川裕哉さんの畑で“東京の八百屋”の魅力を探ってきました!

川瀬良子

農業旅

  • NEW

全国

2022.06.30

オススメの旅先も! 2022年下半期、星座別占い【2022年7~12月】

ぷりあでぃす玲奈

占い師

  • NEW

神奈川県

2022.06.29

【北鎌倉】彩り豊かなあじさいをめぐる女子旅

メンバー

旅色LIKES

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

TABIIRO

旅色編集部

映え旅映え旅

mone

農業旅農業旅

川瀬良子

占い師

ぷりあでぃす玲奈

建築史家

倉方俊輔

旅色LIKESライター旅色LIKESライター

なお

お取り寄せ旅お取り寄せ旅

鈴木ちなみ