ホンモンジゴケに会いに! コケ愛好家・藤井久子さんと行くコケ観察会in池上本門寺

東京都

2022.07.23

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
ホンモンジゴケに会いに! コケ愛好家・藤井久子さんと行くコケ観察会in池上本門寺

7月2日(土)、コケ愛好家の藤井久子さんを講師に、池上本門寺を散策するコケ観察会実施しました。池上本門寺は、その名前を冠したホンモンジゴケを中心にさまざまなコケを見ることができる場所。コケ好きなら一度は行っておきたい“コケスポット”です。みなさん、ルーペを片手に夢中になってコケを観察していました。今回はその様子をまとめてレポートします。

目次

閉じる

講師はコケ愛好家・藤井久子さん

イベントの舞台は池上本門寺

まずはコケ観察の基本を学びます

いよいよコケ観察ウォーク開始!

本妙院でコケ観察&昼食会

帰り道も「コケトリップ」!

講師はコケ愛好家・藤井久子さん

今回講師として来てくれたのは、コケ愛好家の藤井久子さん。ライター・エディターで、著書に『コケはともだち』(リトルモア)、『知りたい 会いたい 特徴がよくわかるコケ図鑑』、『コケ見っけ! 日本全国もふもふコケめぐり』(家の光協会)。岡山コケの会、日本蘚苔類学会会員でもあります。

旅色LIKESでも、コケをフィーチャーする旅「コケトリップ」をテーマに記事を連載しています。

藤井久子さんの記事をチェック!

また、昨年9月にはコケトリップの魅力に迫るオンラインイベントを開催しました。今回のイベントは、その時に出た「リアルでのコケ観察会もしたい!」との声から実現したものなんです。

イベントの舞台は池上本門寺

池上本門寺の総門に集合。ここから「法華経」の一説と同じ96段の階段を上って境内へ入ります。

池上本門寺の総門に集合。ここから「法華経」の一説と同じ96段の階段を上って境内へ入ります。

今回イベントを行ったのは、東京都大田区にある池上本門寺。日蓮宗の大本山で、関東に現存する中で最も古い五重塔があるほか、幸田露伴や力道山といった著名人のお墓を見ることができます。観光地としてもとても魅力的な場所……なのですが、今回は観光名所は後回し。コケ観察に集中しました。

また、五重塔付近には、「ホンモンジゴケ」というコケが生息しています。日本で初めて発見されたのが池上本門寺だったためそう名付けられたのだそう。五重塔の修復工事の際など、枯死の危機を2度も乗り越えた、力強いコケでもあります。詳しくは、藤井さんの連載記事をチェックしてみてくださいね。

枯死の危機を乗り越えた“コケ界のレジェンド”に会いに、池上本門寺へ

まずはコケ観察の基本を学びます

ルーペの使い方を教えてくれる藤井さん

ルーペの使い方を教えてくれる藤井さん

散策の前に、まずは藤井さんからコケ観察の方法をレクチャーしてもらいます。ルーペは目に当て、観察したい対象に顔ごと近づくのが正しい観察の仕方とのこと。ルーペを通すことで、肉眼で見るとはまた違ったコケの姿に出合うことができます。

藤井さんにならってルーペでコケを観察する参加者の皆さん。約20人が地面に這いつくばるという異様な光景に(笑)。募集要項に「汚れてもよい服装」でと書いてあった理由がよくわかったのではないでしょうか。

いよいよコケ観察ウォーク開始!

関東で最も古い池上本門寺の五重塔

関東で最も古い池上本門寺の五重塔

レクチャーが終わったら、本日のメインコケ・ホンモンジゴケを観察しに五重塔へ移動します。

不思議なことに、ホンモンジゴケが生えているのはこちらの面だけでした

触るととてもふかふかです

五重塔の四方を囲む石垣のうち、ホンモンジゴケが見られるのはある一辺だけ。日当たりなどの細かな条件で、生息する場所が決まってくるのだそうです。柵の隙間からそっと触れたり、写真を撮ったり、藤井さんの説明を聞きながら観察します。「想像したよりもふかふかでびっくり!」という声も。
※コケには細心の注意を払って触っています。むやみに強く触れたり採取したりするのはやめましょう。

しおりには藤井さん監修のコケ図鑑が。イベントの最後に採取したコケを貼り付け、写真と見比べて観察しました。※特別な許可を得て少量採取しています。

ホンモンジゴケを見たあとは、五重塔から移動し、自由にコケ観察をしました。池上本門寺にはホンモンジゴケ以外にも、ミカヅキゼニゴケやオオジャゴケといったコケが生息しています。みなさん、しおりに記載されたコケの図鑑と照らし合わせながら観察していました。

自前のカメラで木に生えたコケを接写!

とてもきれいに撮れました。

本妙院でコケ観察&昼食会

池上本門寺総門からすぐの本妙院

本妙院の苔庭。みなさん、夢中になって観察しています

実はホンモンジゴケは池上本門寺だけではなく、すぐそばにある子院・本妙院でも見ることができます。池上本門寺でのコケ観察のあとは、昼食会の会場でもある本妙院へ移動。苔庭を観察させてもらうことに。五重塔と違い柵がないので、よりじっくりと観察できました。

本妙院での昼食会、大いに盛り上がりました

本妙院の早水住職。池上本門寺の歴史や池上の魅力についてお話いただきました

トレーディングカードゲーム風の「コケモンカード」(藤井さん私物のコケグッズ)

昼食会は本妙院の早水住職も交えて、にぎやかに行われました。ごはんを食べ終わった後も、藤井さんが私物のコケ図鑑やコケグッズを見せてくれ、話題が尽きることはありません。気になるコケの話やコケを撮影するためのカメラの話など、さまざまな“コケトーク”が繰り広げられていました。

帰り道も「コケトリップ」!

池上駅を利用する参加者は、藤井さんと一緒にコケ観察をしながら駅へ。池上本門寺周辺は街中でもコケを見ることができ、「コケトリップ」にぴったりの街なんです。

藤井さん、ありがとうございました!

藤井さん、ありがとうございました!

最後までコケ尽くしとなった本イベント。実際にコケを観察して歩くことで、より「コケトリップ」の魅力を知ることができました。編集部ではさっそく、第2弾を検討するべく候補地を探し始めています!

Related Tag

#旅 #旅行 #東京都 #コケトリップ #ご近所トリップ #旅色LIKES

Author

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

編集部おすすめの記事や、注目のインタビュー、旅色に関するニュースなどを発信しています。メンバー限定で参加できるファンコミュニティ(likes.tabiiro.jp)の活動報告や、イベント情報も! ▽注目のコンテンツ ・読めばきっと旅気分「月刊旅色」 ・ローカルにフォーカスする「旅色FO-CAL」 ・おいしいが見つかる「旅色おとりよせグルメ」

Articles

tabiiro 旅色編集部

旅色の地域プロデューサーおすすめ! 実はカフェ激戦区な宇都宮で本格珈琲が飲めるお店3選

tabiiro 旅色編集部

【北海道】いま活気づく仁木町で春の女子旅へ

tabiiro 旅色編集部

これがタダ!? 都内の夜景を楽しめる無料展望施設4選

New articles

- 新着記事 -

スマホで雰囲気がある写真を撮る! こばぽん先生に教わる写真撮影講座in江戸東京たてもの園

東京都

2024.03.11

スマホで雰囲気がある写真を撮る! こばぽん先生に教わる写真撮影講座in江戸東京たてもの園

LIKESレポーター ERI

ERI

LIKESレポーター

「読書は1人の世界で完結するが、その世界を体験しに旅に出ることで開いていく」。文学旅行代表・鹿子沢ヒコーキさんによる文学旅のすすめ

全国

2024.03.06

「読書は1人の世界で完結するが、その世界を体験しに旅に出ることで開いていく」。文学旅行代表・鹿子沢ヒコーキさんによる文学旅のすすめ

LIKESレポーター ERI

ERI

LIKESレポーター

TRILL元編集長・橋本夏子さんがレクチャー! 魅力的なタイトルの付け方、読まれる文章の書き方とは

全国

2024.01.29

TRILL元編集長・橋本夏子さんがレクチャー! 魅力的なタイトルの付け方、読まれる文章の書き方とは

LIKESレポーター ERI

ERI

LIKESレポーター

笑顔を撮りたい! 浅田政志さんの写真講座in名古屋

愛知県

2023.12.29

笑顔を撮りたい! 浅田政志さんの写真講座in名古屋

LIKESレポーター ERI

ERI

LIKESレポーター

写真家・山田大輔さんと“まだ知らない川越をさがして”小江戸川越フォトウォーク

埼玉県

2023.11.16

写真家・山田大輔さんと“まだ知らない川越をさがして”小江戸川越フォトウォーク

LIKESレポーター ERI

ERI

LIKESレポーター

私にとっての旅と旅記事、そして旅色LIKES

全国

2023.10.14

私にとっての旅と旅記事、そして旅色LIKES

フォトエッセイ リリ

リリ

フォトエッセイ

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

映画ソムリエ 東紗友美

映画ソムリエ

東紗友美

写真家 こばやしかをる

写真家

こばやしかをる

編集部 イシカワ

編集部

イシカワ

ワーケーション旅 &ヨシカ

ワーケーション旅ワーケーション旅

&ヨシカ

山梨旅 Momoka

山梨旅山梨旅

Momoka

編集部 ホソブチ

編集部

ホソブチ

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

映え旅 あんはな

映え旅映え旅

あんはな