【台湾情報】カラフルな街並みは、まるでブラーノ島! SNS人気も高い墾丁の民宿に注目

全国

2021.03.27

LINEでシェア
はてなでシェア
【台湾情報】カラフルな街並みは、まるでブラーノ島! SNS人気も高い墾丁の民宿に注目

おとぎ話に出てくるような色とりどりの建物が立ち並ぶ「墾丁夢幻島」。イタリアのベネチアにあるブラーノ島を彷彿とさせるこのエリアの正体は、14棟の独立した別荘村です。日中と夜間で異なる表情を見せるこの別荘エリアは“、いつどこを切り取っても絵になる”と、インスタの撮影スポットとしても有名に。ターコイズブルーの外壁の「沉靛旅宿 La Casa Indaco」は、2019年にオープンした民宿。ペットと泊まれることでも人気です。

目次

閉じる

南国リゾート墾丁での滞在先は、メルヘンチックな街のなかに。

ダークなターコイズブルーを効かせた、シックな内装。

リゾート感満点! イチオシは、2階のテラスつきダブル。

ペット同伴可の客室など、ゲスト思いのサービス多数。

おわりに

南国リゾート墾丁での滞在先は、メルヘンチックな街のなかに。

南国リゾート墾丁での滞在先は、メルヘンチックな街のなかに。

「墾丁夢幻島」は、それぞれが独立した民宿となっていて、ターコイズブルーの外壁が目を引く一棟が、今回ご紹介する「沉靛旅宿 La Casa Indaco」です。オーナーのヘンリー氏によると「“靛は落ち着いた藍色の代表であり、“沉靛”は、沈殿を意味する“沉澱”と発音が同じ。ゲストの皆さんがここで心を落ち着け、存分にリラックスできるように…そんな思いから、この名に決めた」のだそう。

ダークなターコイズブルーを効かせた、シックな内装。

ダークなターコイズブルーを効かせた、シックな内装。

ターコイズブルーを基調とした色使い、こだわりの家具や照明によるインダストリアルな内装は、ヘンリー氏の指揮によるもの。特筆すべきは、1階のレストランの壁。そこにあるのはアーティスト・Blues藍色隧道による、南の島の海洋のペインティング。撮影せずにはいられない、ホットスポットとなっています。

客室は全8室で、スタンダードダブル、バルコニー付ダブル、4名用のファミリールーム、テラスつきダブルの4タイプ(スタンダードダブル、バルコニー付ダブルは、エキストラベットの利用もOK)。

リゾート感満点! イチオシは、2階のテラスつきダブル。

リゾート感満点! イチオシは、2階のテラスつきダブル。

いずれも快適な広さが確保されていて、全室に浴槽を完備。2階にあるテラスつきダブル「頂級露台雙人房」では、バスタブをテラス部分で使用することも。露天風呂に浸かりながら、日中なら目前に広がる青空や白い雲を、日没後なら月や星空を眺める…墾丁のゾート気分を満喫できる設えです。もちろん、写真映えも最高のロケーション。バスタイムの充実のため、アメニティはニューヨークの歴史ある調剤薬局が前身のブランド「C.O.ビゲロウ」をチョイス。ラベンダーとミントの爽やかな香りに包まれ、リラックス感あるひとときが過ごせます。

ペット同伴可の客室など、ゲスト思いのサービス多数。

ペット同伴可の客室など、ゲスト思いのサービス多数。

1階の客室はペットを同伴しての宿泊が可能です。ペットのいる家庭が増加中の台湾、こうした配慮がある施設なら、安心してリゾートに出かけられます。

ゲストはヨーロッパスタイルの朝食が無料でいただけるほか、少し先の繁華街にあるレストラン「麋谷Migu village」での飲食が10%割引となる優待が受けられます(朝食なしのプランを選択することも可能です)。

おわりに

「沉靛旅宿 La Casa Indaco」は、恆春半島へと繋がる省道の台26線からほど近く、台湾で最大規模の国立海洋生物博物館、四重溪温泉で知られる車城エリア、關山の夕陽、墾丁国家公園などの観光スポットへのお出かけにとても便利。オーナーのヘンリー氏は、こうした墾丁のリゾート感あふれる魅力をゲストの人々と分かち合い、美しい思い出を共に紡ぐのを楽しみに待っています。墾丁の宿泊先に迷ったときは、アットホームでおしゃれな民宿という選択肢をぜひ検討してみて。

◆沉靛旅宿 La Casa Indaco
住所:屏東縣恆春鎮興北路興東巷9弄7號
電話:+886-978-578-571

Related Tag

#海外 #台湾 #台北 #民泊 #ホテル #宿泊 #旅色 #インスタ映え

Author

TABIIRO

旅色編集部

編集部おすすめの記事や、注目のインタビュー、旅色に関するニュースなどを発信しています。メンバー限定で参加できるファンコミュニティ(likes.tabiiro.jp)の活動報告や、イベント情報も! ▽注目のコンテンツ ・読めばきっと旅気分「月刊旅色」 ・ローカルにフォーカスする「FO-CAL」 ・おいしいが見つかる「旅色おとりよせグルメ」「旅色おとりよせグルメ」 ・宿のとっておきのモノだけを紹介「旅色の宿マルシェ」

Articles

みなさん、新しい地元はどう作りましたか? 移住者の、地域と繋がるそれぞれのカタチ。

山崎紘菜さんが都市や大自然にときめく「旅色FO-CAL兵庫県宝塚市」が公開

周辺スポットも充実! 編集部おすすめの泉質別ローカル温泉3選

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

全国

2022.12.01

みなさん、新しい地元はどう作りましたか? 移住者の、地域と繋がるそれぞれのカタチ。

旅色編集部

TABIIRO

  • NEW

兵庫県

2022.11.30

山崎紘菜さんが都市や大自然にときめく「旅色FO-CAL兵庫県宝塚市」が公開

旅色編集部

TABIIRO

  • NEW

大阪府

2022.11.30

【兵庫】瀬戸内海の絶景に癒される贅沢な旅館「吞海楼」

メンバー

旅色LIKES

  • NEW

大阪府

2022.11.30

おうちで旅気分を味わう! 大阪のおすすめお取り寄せスイーツを紹介

あんはな

映え旅

  • NEW

高知県

2022.11.29

「地域を知ってつながって“日常観光”を実践する」四万十市観光協会会長・小松昭二さんインタビュー

ハリマ

編集部

  • NEW

全国

2022.11.29

周辺スポットも充実! 編集部おすすめの泉質別ローカル温泉3選

旅色編集部

TABIIRO

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

TABIIRO

旅色編集部

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

映え旅映え旅

あんはな

編集部

ハリマ

作家・作詞家

高橋久美子

編集部

タジマ

編集部

ゴトウ

編集部

ホソブチ