【台湾情報】南投県の竹山エリアに爆誕!一泊5食つき、イベント多数のグランピング施設

全国

2021.10.30

LINEでシェア
はてなでシェア
【台湾情報】南投県の竹山エリアに爆誕!一泊5食つき、イベント多数のグランピング施設

金運の神様を祀る紫南宮を参拝する人で賑わい、筍の産地としても知られる南投県の竹山鎮。海抜1000mの高原ならではの朝霧、青空、雷雨の後の清々しさ、星空、雲海…雄大な自然の姿は、ビバルディの交響曲『四季』を彷彿とさせるとも。この竹山鎮の何百羽ものツマムラサキマダラ蝶が舞う場所に、注目のグランピング施設が誕生。一泊5食つき、バトラーの献身的なサービス、秘密のツアー、クラフトマン体験など、盛りだくさんな滞在が叶うと話題の「山思雲想 Sanyun Village」を紹介します。

目次

閉じる

長い時間をかけて探し当てた4200坪の土地を少しだけ開拓。

ハーブや食用樹を植え、自然の恵みや豊かさをより強く感じる場所に。

任せて安心、いいとこ取りのグランピングは、クラフト体験も大好評。

地元の名産のルーツに思いを馳せながら味わう、一泊5回のお食事タイム。

フォトジェニックなテントがずらり。快適な眠りのための装備は万全。

シャワー&トイレは公共スペースに。清潔さとたっぷりの湯量が自慢です。

おわりに

長い時間をかけて探し当てた4200坪の土地を少しだけ開拓。

長い時間をかけて探し当てた4200坪の土地を少しだけ開拓。

かつては「觀海坪」と呼ばれ、霧や雲がないときには、左手には雲林県の麥寮、遠く前方には海に通じる河口、日没後はパノラマビューの夜景が楽しめるという、とっておきの立地に造られた「山思雲想 Sanyun Village」。オーナーのOta氏は、園芸が盛んな彰化県田尾の出身。台北に住んでいましたが、家族が山暮らしを望んだために27歳で台北を離れることに。長い時間をかけて土地を探し、ようやく探し当てたのが竹山鎮でした。隠れ里のようで干渉されづらく、海抜が高いので蚊もいない。夏は蒸すことがなくクーラー要らずの涼しさで、冬はそれほど寒くない…まさに理想的な環境です。敷地面積は4200坪ですが、大部分の山林には手をつけず、開発したのはわずか900坪。荒野だった場所を整地する際には父と弟と協力し合い、4年の月日をかけて準備を進めてきたのだそう。

ハーブや食用樹を植え、自然の恵みや豊かさをより強く感じる場所に。

ハーブや食用樹を植え、自然の恵みや豊かさをより強く感じる場所に。

キャンプエリアは3つに分かれていて、囲いの壁は土壌と水を保持するために石積み工法に。大規模な土木建築はなく、重量感ある黒いプレハブを採用するなど、あらゆる面で環境に配慮した施設となっています。原生林を50%以上残しているほか、新たに食用可能な五葉松、梅の木、マリーゴールドやローズマリーなどのハーブ類、葉の色の変化を楽しめるヌマスギ、台湾レインツリー、カエデ、そして鳥が巣を作るナピアグラス、蚊よけになるティーツリーやクスノキ等々を植え、まるで植物園のような庭に整えました。そこに白色のテントを張り、古いヨーロッパのアートシーンのような家具を配し、どこを切り取ってもフォトジェニックなスペースが完成しました。

任せて安心、いいとこ取りのグランピングは、クラフト体験も大好評。

任せて安心、いいとこ取りのグランピングは、クラフト体験も大好評。

2年前、こうした山中での暮らしを多くの人とシェアしたいと考えたOta氏は、ここを「山思雲想 Sanyun Village」というキャンプ場として開放することに。豪華なテントの設営サービスのみならず、キャンプ用品の準備も不要。行き届いたバトラーサービスで快適なグランピングが叶います。さらには、数種のクラフトマン体験も用意。これまでの定番クラスは、調香、フラワーアレンジメント、コーヒーなど。90分のレッスン内容はインタラクティブな面白さがあると好評で、リピーターが続々と訪れているそう。

調香クラスは、タロットカードを使った調香で注目の「療香寓所」のセラピスト・張文森氏が担当。心身を癒す、自分専用のエッセンシャルオイルの調合を教わります。フラワーアレンジメントは、元々は宿泊客だったという林千秀氏が講師。日本で小原流の華道を学んだ経験を持ち、台中で花藝スタジオを持つ彼女の才能を見込んだオーナーが招聘。このクラスでは、プリザーブド・フラワーのガラスドームを記念に持ち帰ることができます。

地元の名産のルーツに思いを馳せながら味わう、一泊5回のお食事タイム。

地元の名産のルーツに思いを馳せながら味わう、一泊5回のお食事タイム。

オーナーのOta氏は、地元の小規模農家と知り合えたことも、収穫だと語ります。「山思雲想 Sanyun Village」で使う食材は、ほとんどが地元の小規模農家から仕入れたもの。そして、魅惑の一泊5食の滞在は、チェックイン時のウェルカムドリンク、五葉松のジュースから始まります。これは敷地内の五葉松に蜂蜜レモンを加えたもので、大好評を博しているそう。アフタヌーンティーは、イギリスの有名ブランドLotus Bellの星形テントの下で。竹山地方の名産・さつまいもシロップ漬けとポテトチップスでブレイクを。夕食は、オレンジ色の夕陽を眺めながらのバーベキュー、星空の下でいただく夜食も用意されています。
朝食は、果物店の農園で取れたパパイヤ、アニマルウェルフェア牧場「小雞咕咕」の鶏卵、地元の人気ベーカリー「品丞麵包坊」の欧風パン、山頂の老職人が手作りした麦芽糖など、食育にもぴったりな地元食材で作られた食事がいただけます。

フォトジェニックなテントがずらり。快適な眠りのための装備は万全。

フォトジェニックなテントがずらり。快適な眠りのための装備は万全。

全11張あるテントはベルギーのトッププランドCanvas Campのもの。神殿風は2〜4人、豪華神殿風は5〜7人が寝られます。テント内は広々としていて、1人用のエアマットと寝袋、ミニライト、扇風機、コンセントを完備。アメニティセットには、竹の歯ブラシ、歯磨き粉、化粧用コットン、耳栓が入っていて、いずれも持ち帰りOK。敷地内の公共スペースではWi-Fiが使用可能です。

シャワー&トイレは公共スペースに。清潔さとたっぷりの湯量が自慢です。

シャワー&トイレは公共スペースに。清潔さとたっぷりの湯量が自慢です。

トイレと浴室は公共スペースに。清掃と消毒を徹底し、清潔が保たれています。シャワーの水量もお湯の温度も十分で、屋外の不便さを感じさせません。ドライヤーは準備されていますが、石鹸類やタオル等の洗面用具、サンダルなどは各自で持参を。

おわりに

企業やサークル単位での貸し切りも歓迎しているほか、滞在内容のカスタマイズも可能。防疫のための規制が緩和されれば、孟宗竹の遊歩道で知られる大鞍竹海の秘境ツアーの再開の予定も。自然の懐に抱かれ、大地との共生を学ぶグランピング体験、要チェックです。

◆山思雲想 Sanyun Village
住所:南投縣竹山鎮大林巷16-32號
電話:+886-933-587-577(09:00~20:00)
※3歳以下のお子様の宿泊、ペットの同伴は不可。酒類は持ち込みのみ、マスク必須(着用は滞在時の規定による)。

Related Tag

#台湾 #海外 #宿 #ホテル #宿泊 #グランピング #旅行 #旅色

Author

TABIIRO

旅色編集部

Articles

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

全国

2021.12.06

絶景を撮影する陰には苦労も...それでも続けるドローン旅

とまこ

ドローン旅

  • NEW

埼玉県

2021.12.02

かわいすぎるムーミンたちに夢中! 「metsä」で紅葉と北欧の世界を堪能する旅

フォトジェグループ

映え旅

  • NEW

全国

2021.12.01

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色編集部

TABIIRO

和歌山県

2021.11.25

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

旅色編集部

TABIIRO

全国

2021.11.25

映え&コンパクト重視なデイキャンプのおすすめアイテム3選

フォトジェグループ

映え旅

大分県

2021.11.22

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

旅色編集部

TABIIRO

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

ドローン旅ドローン旅

とまこ

映え旅映え旅

フォトジェグループ

TABIIRO

旅色編集部

ビール旅ビール旅

古賀麻里沙

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

恋愛旅恋愛旅

くじら

アート旅アート旅

大石絵理

ファッション旅ファッション旅

美優