マンネリ化かも?「彼に優しくできない」問題はあなたのせいじゃない

全国

2016.07.25

LINEでシェア
はてなでシェア
マンネリ化かも?「彼に優しくできない」問題はあなたのせいじゃない

同棲をしていたり、長年付き合っているカップルだと、どうしても倦怠期やマンネリ化に陥りがちですよね。
いつも同じ生活を何年も続けているせいか、「彼に優しくすることができない」なんてことも。
けれど、それはあなたがすべて悪いわけではないんです!
そこで今回は、マンネリ化の解決法についてご紹介します。

目次

閉じる

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法①セルフケア

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法②初心に戻る

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法③声かけ

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法④発想の転換

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法⑤遠くへ出かける

おわりに

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法①セルフケア

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法①セルフケア

pixabay.com

仕事疲れが続いたり、精神的に落ち込んでいる状態のときに彼に優しくできない場合は、自分のことを見直してみましょう。

ここで気をつけたいのが、「どうして彼に優しくできないのか」を考えるのではなく、「自分は今何が辛いのか」について振り返ってみること。

まずは自分にゆとりを持たないと、他の人には優しくなんてできませんよね。
自分の好きなことをしたりして、リフレッシュしてみてください。

そうすることによって、自分以外にも気を配れるようになるはずですよ。

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法②初心に戻る

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法②初心に戻る

pixabay.com

彼に優しくできずに悩んでいる方は、恐らくマンネリ化してきている日常に嫌気がさしてきているのではないでしょうか?

そんなときは初心に戻ることが大切です!

手をつないでデートをしてみたり、初めてデートした場所を訪れてみたりと、昔ラブラブだった頃を思い出してみましょう。

少しやるだけでも、すぐにあの頃の気持ちを思い出せるはずですよ。
「今マンネリ化もしれない」と悩むのではなく、いつもとは変わったデートをしてみると、お互い新鮮な気持ちに戻れることが多いんですよ♡

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法③声かけ

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法③声かけ

pixabay.com

疲れてしまって優しくできないのではなく、恥ずかしくて優しくできないなんて場合もありますよね。

優しくしたいのに、なかなかできないツンデレな方におすすめの方法は“声かけ”です。

ありがとう、お疲れ様、など簡単な言葉ですが、そんな一言から始めてみてはいかがでしょうか?
ごめんなさいやありがとうが言える女性は素直で素敵ですよ♡

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法④発想の転換

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法④発想の転換

pixabay.com

なんでもストレートに受け取るのではなく、少し物事の見方を変えてみたことはありますか?

冷たくばかりしていても自分の元へ帰ってきてくれるのではなく、彼は一途でとても優しい人なのだと思えば冷たくもできなくなるはずです。

家事を手伝ってくれたり、荷物を代わりに持ってくれたなら「わたしのことを考えてやってくれて優しいな」と思うことが大切です。

それが習慣になれば、きっと自然と優しくできるようになるはずです。

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法⑤遠くへ出かける

マンネリ化かも?彼に優しくできないときの解決法⑤遠くへ出かける

pixabay.com

もし昔のようなデートや気持ちを思い出すことが難しいなら、いつもとは違った場所へ出かけてみると、新鮮な雰囲気が出るはずです。

今まで気になっていたけれどなかなか行けなかった場所へ旅行に行ってみたり、イベントに参加してみたりすると、新しい思い出や出来事を共有することができます。

あなた自身もリフレッシュできれば、彼の新しい一面を発見するきっかけに。
あれこれ思い込まず、まずは彼との時間を楽しめるように工夫してみれば、マンネリ化していると思わずに済むかもしれませんよ。

おわりに

いかがだったでしょうか?
彼に上手く優しくできないのは愛情がないからではなく、長年一緒にいるからこそ接し方が難しくなってきている可能性があるんです。
初心に戻り、物事を客観的に捉えてみたり、いつもと違うデートをすれば彼との関係もきっと昔のように戻るはずですよ。

Related Tag

#彼氏 #マンネリ #解決 #問題

Author

TABIIRO

旅色編集部

Articles

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

全国

2021.12.09

産後のおでかけにぴったりの細見えコーディネート術

美優

ファッション旅

  • NEW

全国

2021.12.06

絶景を撮影する陰には苦労も...それでも続けるドローン旅

とまこ

ドローン旅

埼玉県

2021.12.02

かわいすぎるムーミンたちに夢中! 「metsä」で紅葉と北欧の世界を堪能する旅

フォトジェグループ

映え旅

全国

2021.12.01

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色編集部

TABIIRO

和歌山県

2021.11.25

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

旅色編集部

TABIIRO

全国

2021.11.25

映え&コンパクト重視なデイキャンプのおすすめアイテム3選

フォトジェグループ

映え旅

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

ファッション旅ファッション旅

美優

ドローン旅ドローン旅

とまこ

映え旅映え旅

フォトジェグループ

TABIIRO

旅色編集部

ビール旅ビール旅

古賀麻里沙

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

恋愛旅恋愛旅

くじら

アート旅アート旅

大石絵理