【渋谷】どんな映画もカクテルに変身する魔法のBAR「八月の鯨」|映画ソムリエ東紗友美と巡る魅惑の映画スポット

東京都

2022.07.21

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
【渋谷】どんな映画もカクテルに変身する魔法のBAR「八月の鯨」|映画ソムリエ東紗友美と巡る魅惑の映画スポット

鋭い女子目線で映画を解説する映画ソムリエ・東紗友美さんが、映画好きならきっと心がときめく魅惑のスポットをご紹介。今回は、映画ファンに愛される渋谷の老舗BAR「八月の鯨」を訪れました。ここは、どんな映画も“カクテル”になる魔法の空間。いったいどんな世界が広がっているのでしょうか……?

目次

閉じる

映画好きの五感を満たすBAR「八月の鯨」

映画カクテルはなんと2000以上

旅色読者におすすめのカクテルは……

映画好きの五感を満たすBAR「八月の鯨」

心がいつもよりほそくなってしまいそうなとき、お酒と映画のマリアージュ、その組み合わせに何度も救われてきました。どちらも人生に欠かすことはできない存在です。

東京・渋谷にある「八月の鯨」は、まさに、お酒を楽しみながら映画の世界に浸れる場所。映画好きであれば、一度はその名を聞いたこともがあるかもしれません。一人で行くのも、気兼ねない友人と行くのも、恋人と行くのも良い。映画を愛するものの五感を満たす映画BAR「八月の鯨」を今宵はご案内します。

八月の鯨・外観

同名タイトルの映画『八月の鯨』(1987)は、アメリカ・メイン州の小さな島の別荘で夏を過ごす老姉妹と、彼女たちを取り巻く3人の老人たちが織り成す人間模様を描いたドラマ。「アメリカのファーストレディ」と呼ばれ愛され続けたサイレント映画スター、リリアン・ギッシュが、90歳を越えているとは全く思えないみずみずしい名演をみせてくれる感動作です。島が舞台というだけあって風景美を堪能しつつも、老人たちのなんともかわいらしい映画で、気付けば刻まれたシワの一つひとつまでも愛でてしまいたくなる……そんな素敵な作品なんです。

『八月の鯨』DVD

『八月の鯨』DVD: 1,572 円 (税込) 発売元: NBCユニバーサル・エンターテイメント ※2022年7月21日時点の情報です

そんな映画の公開から3年後、1990年に渋谷に創業した「八月の鯨」は、映画のタイトルがそのままカクテルのメニューになった、映画をモチーフとしたBAR。

八月の鯨・外観

~人生の半分はトラブルで、あとの半分はそれを乗り越えるためにある~
劇中のリリアン・ギッシュの語る台詞が有名な映画だけに、ちょっとした悩みなんかも、このお店ならば包んでくれそうな予感。

八月の鯨の前に立つ東紗友美さん

ビルの2階と地下1階がこのお店で、今回は地下1階の方へ。日常から非日常へと向かう階段に、映画館に向かうときと同じように足取りが軽やかになる気がします。

店内に入ると、色とりどりのお酒の瓶、随所に飾られた映画ポスターが飛び込んできます。映画とお酒好きならおそらくここで体温が0.5度上昇するのは間違いないし、「うっとり」が入口になるのは、映画もBARも同じかもしれません。

八月の鯨・店内B1
八月の鯨・店内B1

映画カクテルはなんと2000以上

そして、80種類以上の映画のタイトルが表記されたメニューにびっくり! 往年の名作からハリウッド大作、ヨーロッパ映画、アート系と呼ばれる作品、そして邦画まで。その豊かなラインナップにはシンプルに感激。舞台となった街並み、主人公たちの表情、一瞬にして、これまで観てきた映画が脳内をトリップします。

八月の鯨のメニュー

カクテルの価格は450~1,200円程度

さらに驚いたのが、メニュー表以外にも、映画のタイトルさえ言えば無限にお酒のメニューを作ってくれるという点。ざっと2000メニュー以上はあるのだそう。選択肢が豊富なほど、気分も豊かになるわけで、これはもうテンションが上がっちゃいます。すでに一杯目をどれにしたらいいのか迷ってしまいます。あまりにも幸福な悩みだ……。

「スタンド・バイ・ミー」「グリーンブック」「恋する惑星」

左から「スタンド・バイ・ミー」「グリーンブック」「恋する惑星」

わたしは“旅”を切り口に3種のカクテルを選んでみました。4人の少年たちのひと夏の冒険旅を描いた不朽の名作的青春映画『スタンド・バイ・ミー』(1986)、友情の生まれる旅を描いた『グリーンブック』(2018)、すれ違う恋人たちを描いた人生の旅路のような群像劇『恋する惑星』(1994)の3品をオーダー。

カクテルは映画のタイトルから浮かんだものだったり、ワンシーンにオマージュを捧げられたものだったり、映画の中のテーマカラーを使用したものだったり、生まれた意味はさまざまだそう。「なぜ、このカクテルになったのだろう」と想像するのも楽しいですね。

今回、お店をご案内いただいたバーテン小川さんによると、マイベスト映画のカクテルの味が必ずしも、マイベストカクテルとなるとは限らないこともあるのだとか。それもまた、一期一会の映画との出会いのように、興味深い。

八月の鯨のカクテルと東紗友美さん

最初の一杯は好きな映画にするのがストレートな頼み方かもしれないけれど、数種類のお酒を頼む場合は、このように映画のジャンル、キャスト、舞台となった都市、監督、公開年などさまざまな切り口でテーマを決めると面白いかもしれません。映画から生まれるテーマは、無限大の宇宙だから。“今宵をどんな夜にするか”自分の中でテーマを決めて、お酒を頼むのもおとなの遊びみたい。

旅が好きな人なら、映画で世界旅行を楽しむのだっていい。お気に入りのワンシーンを思い出しながら、カクテルを味わう。映画がいつもと異なる形で、自分の体の一部となっていく感覚が新鮮でうれしい! 銀幕の魔法は、酔いとともにわたしに静かに、かかっていきます……。

ひそやかな話をしたいときのバーカウンターもあれば、対面で話したいときに向いたテーブル席もあるので、気分に合わせてどうぞ!

八月の鯨のテーブル席

旅色読者におすすめのカクテルは……

ここで、いくつのドラマが生まれたのでしょうか。映画トークを題材に彼女を口説いている彼、映画館デートの後に寄った年老いた夫婦、特別なだれかになりたいと願う一人の女子。脳内にひろがる無数の作品タイトルにソフトフォーカスをあてながら、いろんなドラマに想いを馳せます。

心をどこまでも遠くに飛ばす夜、こんな日は妄想が止まらない……。“妄想”といえば、旅色読者のみなさんにおすすめなのがフランス映画『アメリ』(2001)のカクテル。

『アメリ』をモチーフにしたカクテル

(左)『アメリ』廉価版DVD(右)『アメリ』をモチーフにしたカクテル

赤とピンクの彩りがかわいい、幸福要素を満たしてくれるフランボワーズがのったピンクのフローズンカクテル。衣装、インテリア、モンマルトルの町並み……映画に凝縮された“カワイイ”のディテールを思い出します。

このお店のカクテルは、映画に対するイメージが、一瞬にしてこみあげてくるんです。アメリに登場した世界を旅しながら旅行写真を送ってくるキッチュな人形を思い出しながら、わたしもいつしか記憶の旅へ。

フランボワーズの穴に指を入れて食べていた、おちゃめなアメリ。クリームブリュレの香ばしいカラメルをパリっと割る姿の愛らしさ。空想好きな彼女のように、妄想を楽しみながらここで一人飲みを楽しむなんて……!

アメリのカクテルと東紗友美さん

スプーンでクリームブリュレを叩くアメリのマネ!

こんなふうにキュートなこんなカクテルは、真横からも真上からも写真を撮りたくなってしまうからカメラロールを彩るにも最適。バーテンの小川さんによると『不思議の国のアリス』や『星の王子さま』も見た目が可愛らく、女性に人気のカクテルだそうですよ!

***

夏の夜のほろ酔いは、明日への原動力。忙しない日々に忘れかけていた「自分らしさ」をいつの間にか取り戻していました。

映画BAR「八月の鯨」は、鮮明な記憶から色あせた記憶まで、引き出しを開けてくれる場所。いつもとはちょっと違う映画体験をしに、ぜひ足を運んでみてください。

映画ソムリエ東紗友美さん

◆八月の鯨
住所:東京都渋谷区宇田川町28-13 渋谷門ビル B1F
営業時間:18:00~4:00
電話:03-3476-7238

公式アカウント

Related Tag

#渋谷 #映画ソムリエ #お酒 #BAR

Author

映画ソムリエ 東紗友美

映画ソムリエ

東紗友美

映画ソムリエとして、テレビ・ラジオ番組での映画解説や、映画コラムの執筆、映画イベントのMCなど幅広く活躍。映画ロケ地巡りも好き。日経電子版で「映画ソムリエ 東紗友美の学び舎映画館」を連載中。

Articles

映画ソムリエ 東紗友美

【神田】人気映画の貴重アイテムがズラリ! 映画ファンが愛するSFバー「神田フラックス」へ

映画ソムリエ 東紗友美

ウェス・アンダーソンの世界観に浸れる風景展へ|映画ソムリエ東紗友美と巡る魅惑の映画スポット

映画ソムリエ 東紗友美

2023年は旅に出よう!映画ソムリエ東紗友美が選ぶ、旅心地に浸れる4作品

New articles

- 新着記事 -

【京都在住ライターのご近所さんぽ】日本でここだけの三本柱鳥居と京都人の大好物「志津屋のカルネ」へ
  • NEW

京都府

2024.05.27

【京都在住ライターのご近所さんぽ】日本でここだけの三本柱鳥居と京都人の大好物「志津屋のカルネ」へ

京都おさんぽ旅 ちあき

ちあき

京都おさんぽ旅

鈴木杏樹さんが神戸をよくばりに楽しむ旅へ『月刊旅色2024年6月号』
  • NEW

兵庫県

2024.05.27

鈴木杏樹さんが神戸をよくばりに楽しむ旅へ『月刊旅色2024年6月号』

編集部 イシカワ

イシカワ

編集部

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!
  • NEW

長野県

2024.05.24

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

みっちゃん

甲信&ドライブ旅

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】
  • NEW

長崎県

2024.05.23

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅
  • NEW

福岡県

2024.05.22

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅

女子旅 ほしこ

ほしこ

女子旅

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内

大分県

2024.05.21

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内

九州&着物旅 かっきー

かっきー

九州&着物旅

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

京都おさんぽ旅 ちあき

京都おさんぽ旅京都おさんぽ旅

ちあき

編集部 イシカワ

編集部

イシカワ

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

甲信&ドライブ旅甲信&ドライブ旅

みっちゃん

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

女子旅 ほしこ

女子旅女子旅

ほしこ

九州&着物旅 かっきー

九州&着物旅九州&着物旅

かっきー

鉄道旅 なお

鉄道旅鉄道旅

なお

編集部 ホソブチ

編集部

ホソブチ