閲覧履歴
プレゼント応募

ここ数年、女性がひとりで外食をするハードルがぐっと下がり、居酒屋などでは「おひとりさま歓迎!」という看板をよく見かけるようになりました。ひとりで飲むなら、気軽に立ち飲みなんていかがでしょう? 仕事帰りにふらっと一杯飲みに行ったり、旅先のアットホームなお店で地元の人たちとの会話を楽しんでみたり……。「ひとり立ち飲み」にぴったりなシチュエーションとお店をご紹介します。

こんなシチュエーションはいかが?
  • 仕事帰りの気軽ないっぱいを
    今日の自分へのご褒美!仕事帰りの気軽な一杯を

    「立ち飲みは男性が行くところ」というイメージは、ひと昔前の話。いまでは店内の一部をスタンディングスタイルにしたお洒落でカジュアルな店も増え、仕事帰りに気軽なひとり飲みを楽しむ女性の姿も定着しました。とはいえ、勝手がわからないと気後れしてしまうのも事実。まずは“立ち飲みの先輩”にお伴してみたり、椅子もある店を選んだりして、自分なりのひとり飲みスタイルを確立してみては。

  • センベロを満喫
    明日はお休み!“センベロ”を満喫

    立ち飲み居酒屋やバルの多くは、お財布にも呑ん兵衛にも優しい「センベロ」できる店です。センベロとは、1000円くらいでベロベロになるまで酒を飲むことができる酒場の俗称。なかには、お酒2杯+小鉢3つで1000円ジャストといった“センベロセット”が用意されている店も。また、酒屋さんの一角で購入した商品を楽しむ「角打ち」で、より気楽にセンベロを満喫するのもおすすめです。

  • 一期一会を楽しむ
    肩の力を抜いて、一期一会を楽しむ

    不思議な一体感や居心地の良さに魅了され、立ち飲みにハマったという人も少なくないのでは。狭い店であれば、店内を行き交うだけでも自然と交流が生まれますし、節度をわきまえれば隣の人たちの会話に加わるのだって無礼講。旅先でのひとり飲みも、アットホームでこぢんまりとした立ち飲み屋さんはうってつけです。会話が盛り上がれば、地元の人たちからディープな観光情報を聞けるかも。

「「おひとりさま」でゆく立ち飲みのススメ」
全国のおすすめ旅館・ホテル

  • 旅館・ホテル
  • グルメ・飲食店
  • 観光スポット
  • 絞り込み条件追加