※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

Plan No.698
  • 日帰り

小田原へ日帰り女子旅
食べ歩きや海を満喫

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

「近場でグルメを楽しむ旅がしたい」そんな方に向けたプランがこちら。通過地点と呼ばれる小田原ですが、海産物や小田原おでんなど、グルメの宝庫で食べ歩きにピッタリ。「小田原城」や海岸などの観光スポットも楽しみながら、日帰りリフレッシュ旅をお楽しみください。

  • 1日目
こんな旅気分の人におすすめ
#友達との旅がしたい #日帰り旅がしたい #おいしいものが食べたい #歴史的建造物が見たい

Schedule

DAY 1 START
横浜駅
電車早川駅まで電車約55分 徒歩下車徒歩約10分
SPOT1
レストラン
絶景を眺めながら海の幸を味わおう

漁港の駅 TOTOCO小田原

2019年にオープンした「魚のテーマパーク」。施設名は「魚(とと)の宝庫」から「ととこ」と名付けられたそう。1階の地場物産販売コーナーでは、1,800種類の商品が並ぶ。2~3階は海鮮食堂、イタリアンなどで食事を楽しめる。

DATA
  • 【住所】 神奈川県小田原市早川1-28 小田原漁港西側エリア
  • 【TEL】 0465-20-6336
  • 【営業時間】 <1階>9:00~17:00 <2階>10:00~17:00(LO16:00) <3階>10:59~17:00(LO16:00) ※季節により変動あり
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 日本初の「漁港の駅」がこちら。1階が鮮魚・水産加工品・農産物の販売エリア、2~3階が鮮魚をテーマとした飲食エリアで、眺望テラスでは絶景を眺めながら海の幸を楽しめるんです。お好きな海の幸を堪能しましょう!
徒歩早川駅入口バス停まで徒歩約5分
バス箱根口までバス約5分
徒歩下車徒歩すぐ
SPOT2
スポット
「難攻不落の城」でタイムトリップ気分

小田原城址公園

昭和35(1960)年に復興された小田原市のシンボル・天守閣や、本丸広場を中心に整備された公園。約320本のサクラ(3月下旬~4月上旬)や、約6000株ものハナショウブ(5月下旬~6月上旬)など、花の名所としても知られる。

DATA
  • 【住所】 神奈川県小田原市城内地内
  • 【TEL】 0465-23-1373(小田原市小田原城総合管理事務所)
  • 【営業時間】 入園自由(天守閣・常盤木門SAMURAI館・歴史見聞館NINJA館は9:00~16:30<閉館17:00>)
  • 【定休日】 無休
  • 【料金】 入園料=無料/入場料(天守閣)=大人510円、小・中学生200円/入場料(常盤木門SAMURAI館)=大人200円、小・中学生60円/入場料(歴史見聞館【NINJA館】)=大人310円、小・中学生100円/レンタル(甲冑、忍者、お姫様の装束、甲冑・忍者の館!小田原城情報館)=大人300円、小人200円/豆汽車、バッテリーカー(子ども遊園地)=80円/自動遊器具(子ども遊園地)=30円
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 小田原城一帯は小田原城址公園内として整備されており、天守閣を始め、報徳二宮神社、こども遊園地など複数の見どころがあります。ゆっくりと散策をお楽しみください
  • ★ 天守閣内には小田原城の歴史や美術品が展示されています。また最上階には展望デッキがあり、海や小田原の街が一望できおすすめ!
徒歩徒歩約5分
SPOT3
スポット
二宮金次郎を祀る神社でご利益を

報徳二宮神社

1894年4月に創建された小田原城に隣接する神社。1787年に小田原で生まれた二宮尊徳翁(二宮金次郎)を御祭神としている。1928年に作られた二宮金次郎のブロンズ像が境内にある。境内には開放感のあるカフェも併設。

DATA
  • 【住所】 神奈川県小田原市城内8-10(小田原城址公園内)
  • 【TEL】 0465-22-2250
  • 【営業時間】 9:00頃~17:00(閉門18:00、冬季17:00)
  • 【定休日】 無休
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 天守閣から坂を下って3分程度の場所にこちらの神社があります。小田原の偉人・二宮金次郎を祀る神社で、境内には二宮金次郎像やカフェもありますよ
徒歩徒歩約10分
SPOT4
スポット
食べ歩きには名物「小田原おでん」を

小田原 かまぼこ通り

かまぼこ通りは老舗のかまぼこ店や干物屋、鰹節屋などがある、水産業の街の歴史情緒を色濃く残すエリア。食べ歩きにぴったりな揚げかまぼこなどを買い、海で一休みをしながら食べるのがおすすめだそう。

DATA
  • 【住所】 小田原駅から海方向へ徒歩約15分
  • 【TEL】 店舗により異なる 
  • 【営業時間】 店舗により異なる 
  • 【定休日】 店舗により異なる 
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 小田原で食べ歩きにおすすめのスポットがこちら。海の幸も山の幸も豊富な小田原では、これらを盛り込んで作った、名物「小田原おでん」がおすすめです。ぜひ食べてみて
  • ★ かまぼこ通りには「籠清」の本店や「小田原おでん」の本店などが並びます。食べ歩きしながら回ったり、手土産を購入するのも良いですね。ゆっくりとお楽しみください
徒歩徒歩約5分
SPOT5
スポット
海辺散策を楽しもう

御幸の浜

この海岸は、1873年に明治天皇と皇后がそろって、漁夫の地引網をご覧になったことからこの名前で呼ばれるようになったそう。小田原駅から歩いて行ける距離にあり、海辺の散策が楽しめる。夏には海水浴をしに、多くの人が訪れる。

DATA
  • 【住所】 小田原駅東口から徒歩約20分
  • 【TEL】 0465-33-1521(小田原市観光課)
  • 【営業時間】 散策自由
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ かまぼこ通りから歩いてすぐの場所にあります。天気が良い日には伊豆半島や三浦、房総半島も見渡せますよ。海を眺めながら、かまぼこ通りで購入したおでんを食べるのもおすすめ!
徒歩徒歩すぐ
SPOT6
レストラン
自家焙煎40年の淹れたてコーヒーを堪能

小田原まちセッションズ ケントスコーヒー

水出しのコーヒーでも薫り高い味と、コーヒー通から好評。餡作りが盛んな小田原ならではの、老舗製餡所の粒餡を使った餡バターのホットサンドと、コーヒーの相性も抜群。民家をリノベーションした落ち着いた雰囲気の店内で、小田原の“まち歩きガイド”も行っているオーナーから、おすすめスポットを聞くのもいい。

DATA
  • 【住所】 神奈川県小田原市本町3丁目4-21
  • 【TEL】 0465-25-4491
  • 【営業時間】 11:00~19:00
  • 【定休日】 不定休
  • 【料金】 350円~
公式HP
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 自家焙煎コーヒーが人気のお店がこちら。薫り高い味と、コーヒー通から好評なんです。たくさん食べた最後はゆっくりコーヒーで落ち着くのも良さそうですね
SPOT

UNTRACE inc.

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。

Copyright MAPPLE, Inc.

小田原駅まで戻り、帰路へ

小田原(神奈川県)を巡る旅はいかがでしたか?オリジナルの旅プラン作成は旅色コンシェルジュにご依頼ください♪

旅色コンシェルジュとは…
旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

プラン作成依頼はこちらから! 旅行プランはプロにすべておまかせ!旅色コンシェルジュ

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

『SAVVY』竹村匡己編集長
『SAVVY』竹村匡己編集長

京都市伏見区生まれ。エルマガジン、サヴィ、リシェ、別冊、ミーツ編集長を経て、2019年より現職。

羽野晶紀
羽野晶紀

1968年、京都府生まれ。TVやラジオ、舞台などの仕事先で、ショートトリップを楽しむことが多い。

『TRANSIT』編集部
『TRANSIT』編集部

世界を旅し、その土地の歴史や文化、人びとの暮らしを紹介するトラベルカルチャー誌「TRANSIT」。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。

土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力を紹介します。

美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

『散歩の達人』土屋広道編集長
『散歩の達人』土屋広道編集長

1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。