• 日帰り

長野・松本へ日帰り観光 国宝松本城や老舗のそばを堪能

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格になります。

更新日:2024/06/15

漆黒の国宝天守を中心に松本を楽しむ

漆黒の天守を持ち、その見た目から「烏城」とも呼ばれる松本城。国宝5城のひとつで、また現存12天守のひとつでもある城郭を中心に、松本を日帰りで観光します。当時の歴史に想いを馳せながら、お城の魅力をたっぷり満喫。地元で100年以上続く老舗の絶品そばも堪能します。

こんな旅気分の人におすすめ
#ひとり(おひとり様)で旅がしたい #お城が好き #日帰りで旅したい #ご当地グルメを味わいたい

Schedule

DAY 1 START
松本駅
徒歩松本駅お城口から、徒歩約15分
SPOT1
スポット
100年以上の歴史を誇る

松本市立博物館

松本市立博物館

松本市立博物館

併設カフェ:High-Five COFFEE STAND Matsumoto City Museum

併設カフェ:High-Five COFFEE STAND Matsumoto City Museum

エントランス

エントランス

展示例①

展示例①

展示例②

展示例②

明治39(1906)年に「明治三十七、八年戦役紀念館」として開館。それ以来100年以上の歴史を誇り、長野県内で初めて博物館法による登録を受けた博物館。名称や所在地の変更を繰り返し、2023年10月に「松本まるごと博物館」の基幹施設として現在地に移転新築し開館。

DATA
  • 【住所】 長野県松本市大手三丁目2-21map
  • 【TEL】 0263-32-0133
  • 【営業時間】 <1F>9:00〜21:00、<子ども体験ひろばアソビバ!>9:00〜17:00、<2・3F>展示室9:00〜17:00 ※展示室のチケット販売および「アソビバ!」への入室受付は16:30で終了
  • 【定休日】 <1F>毎月第3火曜日(祝日の場合は翌平日)、<子ども体験ひろばアソビバ!>毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)、<2・3F>展示室:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~翌年の1月3日まで) ※臨時休館あり ※会館情報は公式HPで要確認
  • 【料金】 大人(18歳以上):500円、大学生:250円、高校生以下または18歳未満:無料、市内在住の満70歳以上:無料 ※大学生は学生証の提示必須 ※無料対象者は生年月日のわかる物の提示必須 ※障害者手帳などを所持(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳など)している場合、本人及び介護者1名まで無料 ※詳細は公式HPを参照
公式HP
佐藤颯竜

佐藤颯竜のおすすめポイント

  • ★ 館内には多くの貴重な資料が収蔵されています。重要文化財の「孔雀文磬(くじゃくもんけい)」や「七夕人形」、国重要有形民俗文化財の「民間信仰資料」「農耕用具」コレクションをはじめ、その数は約11万点以上。常設展示のほかに、特別展示でしか見ることのできないものもあり、訪れる度に面白さがあります
  • ★ 「交流の場」としての姿も併せもつ、多様な魅力にあふれた新しい博物館。施設内には併設のカフェをはじめ、講堂や会議室などもあります。松本の歴史を学んだあとは、1階のカフェでひと休みしていきましょう
徒歩徒歩すぐ
SPOT2
レストラン
お昼は老舗の絶品そばを

信州松本手打ちそば「こばやし」

信州松本手打ちそば「こばやし」

信州松本手打ちそば「こばやし」

外観

外観

内観

内観

糸魚川沿いの「四柱神社」境内に佇む、そば専門店。創業は明治時代末期で、100有余年続く老舗。国内産のそば粉をより純粋に近い状態で使用した、二八そばを味わえる。

DATA
  • 【住所】 長野県松本市大手3-3-20 四柱神社参集殿内map
  • 【TEL】 0263-32-1298
  • 【営業時間】 11:00〜なくなり次第終了
  • 【定休日】 木曜日 ※不定にて水曜休みあり
  • 【料金】 2,000円前後
Instagram 公式HP
佐藤颯竜

佐藤颯竜のおすすめポイント

  • ★ 創業以来100年以上続く、老舗そば店。長い伝統を受け継いできた「こばやしのそば」は、そば粉8、つなぎ2で作る二八そば。消化の良い国内産のそば粉をより純粋に近い状態で使用し、「手で練り」「手で伸し」「手で切る」ことを忠実に守り続けています。そんな伝統を受け継ぐ逸品をお楽しみください
徒歩徒歩約5分
SPOT3
スポット
東京から一番近い国宝天守

松本城(天守及び本丸庭園内)

松本城(天守及び本丸庭園内)

松本城(天守及び本丸庭園内)

黒門枡形(現地にて撮影)

黒門枡形(現地にて撮影)

黒門(現地にて撮影)

黒門(現地にて撮影)

本丸:俯瞰(現地にて撮影)

本丸:俯瞰(現地にて撮影)

月見櫓からの眺望(現地にて撮影)

月見櫓からの眺望(現地にて撮影)

石川数正とその息子の康長により築城された近世城郭。松本のランドマークでもある現存の天守群は「現存12天守」のひとつであり、全国に5つしかない国宝の天守でもある。

DATA
  • 【住所】 長野県松本市丸の内4-1map
  • 【TEL】 0263-32-2902
  • 【営業時間】 <通常>8:30〜17:00(最終入場16:30)、<正月三が日>10:00〜15:30(最終入場15:00)、<時間延長期間>8:00〜18:00(最終入場17:30)※延長期間の詳細は公式HPを参照
  • 【定休日】 年末(12月29日〜12月31日)を除き無休
  • 【料金】 大人:700円、小・中学生:300円、小学生未満:無料 ※その他ホームページ参照
公式HP
佐藤颯竜

佐藤颯竜のおすすめポイント

  • ★ 松本城の天守群は、都内から一番近い国宝天守。連結複合式といわれる構造をしています。現存する5重6階天守としては日本最古の大天守をはじめ、乾小(いぬいこ)天守と渡櫓(わたりやぐら)、辰巳附櫓(たつみつけやぐら)と月見櫓の全5棟から形成されています。大天守だけが国宝と思われがちですが、これら5つすべてが国宝。連結複合式天守として国宝に指定されているので「天守群」なんです
  • ★ 全5棟で構成される天守群ですが、初期は、大天守と乾小天守、そしてこれらを繋ぐ渡櫓の3棟からなる構造でした。この3棟は、戦国時代末期に造られたもの。鉄砲狭間(ざま:鉄砲や弓を放つための小さな窓)及び矢狭間が115カ所設置されているなど、鉄砲戦を意識した戦闘色の強い機能を多く備えています
  • ★ 一方、辰巳附櫓と月見櫓は、約40年後の江戸時代初期・平和な時代に造られました。そのため、戦う機能をほとんど備えていません。ぜひ、二つの時代背景に注目し、特徴の違いをお楽しみください!
  • ★ 360度を水堀で囲われている松本城の本丸。まるで孤島のようになっており、このエリアへの入り口は、北側・南側・西側の3つ。ですが現在では、南側の黒門からしか入ることができないため、入り口は実質ひとつだけなんです。天守を見学後は、ぜひ時計周りにグルっと周ってみましょう。西側と北側の入り口を水堀越しに見てから「二ノ丸御殿跡」へお進みください
徒歩敷地内を徒歩移動
SPOT4
スポット
広大な御殿跡と復元された櫓門

松本城(二ノ丸御殿跡及び太鼓門)

松本城(二ノ丸御殿跡及び太鼓門)

松本城(二ノ丸御殿跡及び太鼓門)

太鼓門(現地にて撮影)

太鼓門(現地にて撮影)

水堀①(現地にて撮影)

水堀①(現地にて撮影)

水堀②(現地にて撮影)

水堀②(現地にて撮影)

二ノ丸御殿跡(現地にて撮影)

二ノ丸御殿跡(現地にて撮影)

松本城の二ノ丸にあった御殿の跡と、二ノ丸東側の入り口である復元された城門。二ノ丸御殿は副政庁として築かれたが、本丸御殿の消失に伴い、藩主の居所及び本政庁として機能した。

DATA
  • 【住所】 長野県松本市丸の内4-1map
  • 【TEL】 0263-32-2902
Instagram 公式HP
佐藤颯竜

佐藤颯竜のおすすめポイント

  • ★ 二ノ丸御殿跡はその名の通り、二ノ丸御殿があった場所です。建設当初は松本城の副政庁として機能。本丸御殿の焼失後は、そのすべての機能が二ノ丸御殿に移され、本政庁として利用されました。藩主が居住した空間でもあり、約1900坪の敷地に50もの部屋がある、広大な御殿だったそうです
  • ★ 松本城の太鼓門は「太鼓門枡形一ノ門」ともいいます。枡形とは、その名の通り枡のような形をしている空間で、食い違うように配置された2つの城門を、石垣や土塁で囲むことにより四角形の区画を形造っています。松本城の太鼓門は、内側の櫓門である一ノ門と外側の高麗門であるニノ門を、石垣と城壁で取り囲むことにより枡形を形成しています。ちなみに太鼓門の名称は、門の北側門台にあった太鼓楼が由来。鐘と太鼓が備えられた施設で、時を知らせたり家臣に情報を伝える役割を果たしていました
  • ★ 太鼓門枡形の一ノ門にある「玄蕃石(げんばいし)」もお忘れなく。松本城最大の石であり、その重さはなんと約22.5トン! 「玄蕃」という名称は、時の城主である石川康長にちなんだもの。また、復元された現在の太鼓門には樹齢400年の檜が、梁には樹齢140年の松が使用されています。石と木材の両方に注目してみてください
徒歩徒歩約10分
SPOT5
レストラン
リバーサイドカフェでのんびり

TIPSY COFFEE PLACE

TIPSY COFFEE PLACE

TIPSY COFFEE PLACE

カウンター

カウンター

内観

内観

コーヒーとトースト

コーヒーとトースト

外観

外観

2023年11月にオープンした、縄手通り商店街の1番端に佇むリバーサイドカフェ。目の前を流れる女鳥羽川を眺めながら、ハンドドリップのコーヒーを楽しめる。

DATA
  • 【住所】 長野県松本市大手4-3-1map
  • 【TEL】 なし
  • 【営業時間】 10:00〜18:00
  • 【定休日】 木曜日、臨時休暇あり
  • 【料金】 1,000円前後
Instagram
佐藤颯竜

佐藤颯竜のおすすめポイント

  • ★ 2023年にオープンしたカフェ。1杯ずつハンドドリップで提供される、こだわりのコーヒーをいただけます。使用している豆は、松本市の隣・朝日村の焙煎所で自家焙煎したもの。オリジナルブレンドの「ティプシーブレンド」に加え、2・3カ月単位で替わる5種類の豆を味わえます
  • ★ スイーツメニューも充実し、さまざまなコーヒーとの組み合わせも楽しめます。「ティプシーブレンド」とティラミスの組み合わせがイチオシです
  • ★ リノベーションした店内は、特徴的な白タイルの床に木の温もりを感じる内装。テーブル席とカウンターがあり、カウンターからは目の前を流れる女鳥羽川が眺められます。リバーサイドカフェならではの、ゆったり時間が流れるひと時をお過ごしください
紹介されたスポットを地図で見る
紹介されたスポット
X

松本駅まで徒歩約15分。
帰路へ

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

プランナー一覧
美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

椿 TSUBAKI
椿 TSUBAKI

テレビ番組・WEBなどで、日本全国のローカルフードや最新グルメのリサーチ・取材・寄稿する食いしん坊。

土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

NPO法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンター
NPO法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンター

お客様の「したい」旅行を実現するためのアドバイスを行う、バリアフリー旅行相談センターです。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。

福井県観光連盟
福井県観光連盟

福井のことならお任せあれ! 地元ならではの視点で、福井の魅力満載の旅プランをご案内。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力をご紹介。

一般社団法人全国ご当地スーパー協会
一般社団法人全国ご当地スーパー協会

全国各地の魅力的なスーパーを知る団体が、「ご当地スーパーを楽しむ旅」を提案。