※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

Plan No.1371
  • 日帰り

三重・松阪をバスで周遊
夫婦で楽しむ城下町巡り

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

城下町・松阪の観光とグルメを堪能!

路線バスを使って、夫婦で城下町・松阪市を観光しませんか? まずは「松阪農業公園ベルファーム」でフラワーガーデンや味噌作り体験を。蔵のある食事処のランチのあとは「御城番屋敷」「松坂城跡」を見学。松阪銘菓「老伴」を購入し、最後は松阪牛の焼肉を味わう、気軽な日帰り旅をどうぞ。

こんな旅気分の人におすすめ
#カップル・夫婦で旅がしたい #日帰り旅がしたい #地元のグルメを味わいたい #歴史を学びたい

Schedule

DAY 1 START
近鉄名古屋駅
電車松阪駅まで特急約1時間5分 徒歩松阪駅前バス停まで徒歩すぐ バス浜口農園前(ベルファーム西)までバス約35分 徒歩下車徒歩約5分
SPOT1
スポット
自然を身近に感じる農業公園

松阪農業公園ベルファーム

イングリッシュガーデンをはじめ、地元の特産品を扱う「松阪商会」や「農家市場」、野菜ソムリエ監修のランチが味わえる「ガーデンカフェルーベル」、体験施設「まなびの工房」などの施設もある。

DATA
  • 【住所】 三重県松阪市伊勢寺町511-3map
  • 【TEL】 0598-63-0050
  • 【営業時間】 9:00~18:00(閉園、施設・時期により異なる)
  • 【定休日】 第2水曜、1~3月中旬は水曜、祝日の場合は翌日休、12月31日~翌1月1日休、臨時休あり
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 広場・池・農場・庭園などがあり、松阪の自然を満喫できます。一番の見所は、四季を通していろいろな顔を持つイングリッシュガーデン。多くの花が咲き誇り、まるで西洋絵画の中に迷い込んだかのような光景が目の前に飛び込んできますよ
  • ★ 季節の大福作りやはじめての味噌作り、松阪牛のしぐれ煮作りなど、1時間前後で楽しめる様々な体験も可能です。ご興味のある方はチャレンジしてみては?
  • ★ 地元松阪の農家さんが丹精込めて育てた新鮮な野菜や果物、お米や卵を直売している「農家市場」も人気。ただし、バス移動が大変にならないよう買い過ぎにはご注意を
徒歩浜口農園前(ベルファーム西)バス停まで徒歩約5分
バス市役所前までバス約30分
徒歩下車徒歩約5分
SPOT2
レストラン
蔵のあるお食事処でランチを

松燈庵(しょうとうあん)

松坂牛をはじめとした四季折々の料理が堪能できるお店。城下町に建てられた蔵のある数寄屋造りの趣ある建築が特徴で、カウンター越しから見える中庭も、古き良き時代を感じさせてくれ、ゆったりとした時間を過ごせる。カフェとしても利用可能。

DATA
  • 【住所】 三重県松阪市殿町1360map
  • 【TEL】 0598-23-0657
  • 【営業時間】 11:00~15:00(LO14:00)、17:00~22:00(LO21:00) ※夜は前日までの予約が必要
  • 【定休日】 水曜日
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 城下町の名残を残す歴史ある建物と風情ある内観が魅力の、数寄屋造りの町家レストラン。落ち着いて食事が味わえ、旅のランチスポットにぴったりですよ
  • ★ 女性に人気の「玉手箱らんち」や、季節により料理の内容が変わる「松御膳~四季~」、松阪牛が満喫できる「松阪牛すき焼き鍋御膳」、会席料理などさまざまなメニューをご用意! 四季折々の松阪の味をご堪能ください
徒歩徒歩すぐ
SPOT3
スポット
風情ある武家屋敷を歩いてみよう

御城番屋敷(ごじょうばんやしき)

江戸末期に紀州藩士が松坂城警護のため移り住んだ武家屋敷。全国でも珍しく今も人々の暮しが営まれている。国の重要文化財であり、国内最大規模を誇る長屋の武家屋敷の見学ができるのは、ここだけとされている。

DATA
  • 【住所】 三重県松阪市殿町1385map
  • 【TEL】 0598-26-5174
  • 【営業時間】 10:00~16:00
  • 【定休日】 月曜日(祝日の場合翌日)、年末年始
  • 【料金】 無料
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 国の重要文化財に指定されている武家屋敷。東に10戸、西に9戸並ぶ組屋敷は全国的にも大変珍しく、松坂城の警護に当たった武士とその子孫が暮らし、ほぼ当時の形のまま維持されていますよ
  • ★ 今でも人々の暮らしが営まれていますが、19戸のうち西棟北端の1戸のみ内部を公開しています。武家屋敷の人々の当時の暮らしに思いを馳せながら、じっくりと見学してみては?
徒歩徒歩約5分
SPOT4
スポット
松阪市のシンボル

松坂城跡(松阪公園)

1588(天正16)年に蒲生氏郷(がもううじさと)によって築城された平山城。2011年2月には、国の史跡に指定された。野面積み(のづらづみ)を基本とした石垣が積み上げられており、桜・藤・銀杏が石垣を彩り、四季を通じて市民にも親しまれている。

DATA
  • 【住所】 三重県松阪市殿町1539map
  • 【TEL】 0598-23-7771(松阪駅観光情報センター)
  • 【営業時間】 終日開放
  • 【定休日】 無休
  • 【料金】 無料
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 自然石を加工しないで積み上げる「野面積み」の豪壮な石垣は、松阪のシンボル的存在。現存する建物はありませんが、特徴的な石垣が城マニアに人気となり「日本100名城」の一つで国の史跡にも指定されていますよ
  • ★ 城跡からは城下町の面影を残す町並みを一望できます。ランダムに石が積み重なった石垣の様子を観察しながら、ゆっくりと散策をお楽しみください
  • ★ 春は桜、初夏は藤、秋はイチョウが石垣を彩ります。四季折々に訪れてみるのもいいですね
徒歩徒歩約10分
SPOT5
レストラン
縁起の良い最中をお土産に

柳屋奉善(やなぎやほうぜん)

安土桃山時代から400年以上続く老舗和菓子店。創業当時から作られている松坂銘菓「老伴(おいのとも)」が名物で、全国から訪れる客も多い。最中の皮の中心に鴻(こう:オオハクチョウ)、両側に「延年(えんねん)」の文字を配した縁起のよい和菓子。ほかにも、鈴最中や宣長飴(のりながあめ)なども販売。

DATA
  • 【住所】 三重県松阪市中町1877map
  • 【TEL】 0598-21-0138
  • 【営業時間】 8:00~18:30
  • 【定休日】 火曜日
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 松阪で有名な銘菓といえば、柳屋奉善の「老伴」。なんと、1575(天正3)年に作られた歴史あるお菓子なんです。丸い最中に挟んであるのは餡ではなく羊羹。サクサク香ばしい最中の食感と、羊羹のなめらかな舌触りがクセになるおいしさです
  • ★ お土産にするなら、「老伴」と天然のはちみつを使った新商品「はちみつ仕立ての老伴」が入った食べ比べセットがおすすめ!
徒歩徒歩約10分
SPOT6
レストラン
昔ながらの七輪炭火焼で霜降り肉を味わう

焼肉 味園

松坂駅からすぐの老舗焼肉店。松阪牛や国産黒毛和牛など、厳選されたやわらかな霜降り肉がリーズナブルに味わえる。昔ながらの七輪炭火で好みの加減に焼き上げた肉をさっぱりとした特製ダレでいただける。冷麺などのサイドメニューや自家製キムチなども合わせて楽しみたい。

DATA
  • 【住所】 三重県松阪市京町1区17-9map
  • 【TEL】 0598-51-8100
  • 【営業時間】 11:00~15:00(LO14:30)、16:00~22:00※土・日・祝日は11:00~22:00(LO21:30)
  • 【定休日】 火曜日
  • 【料金】 昼:2,500~3,000円
    夜:5,000円
公式HP
旅色コンシェルジュ・甲斐

旅色コンシェルジュ・甲斐のおすすめポイント

  • ★ 旅の最後に、七輪炭火焼でいただく松阪牛の焼肉はいかが? こちらでは、松阪牛や黒毛和牛といった国産霜降り肉をリーズナブルな価格で味わうことができますよ。1番人気は「上カルビ」、2番は「塩上ロース(数量限定)」、3番は「ミスジ」だそう。お好みのメニューをシェアしてみましょう
  • ★ 店内は落ち着いた雰囲気で、1階は女性に人気のソファー・テーブル席や座敷が、2階には広間や個室も用意されています。駅近なので、帰りの電車の待ち時間にも使えて便利ですよ
SPOT

UNTRACE inc.

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。

Copyright MAPPLE, Inc.

松阪駅まで徒歩すぐ。
帰路へ

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

プランナー一覧
土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

『SAVVY』竹村匡己編集長
『SAVVY』竹村匡己編集長

京都市伏見区生まれ。エルマガジン、サヴィ、リシェ、別冊、ミーツ編集長を経て、2019年より現職。

『TRANSIT』編集部
『TRANSIT』編集部

世界を旅し、その土地の歴史や文化、人びとの暮らしを紹介するトラベルカルチャー誌「TRANSIT」。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力をご紹介。

泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。

羽野晶紀
羽野晶紀

1968年、京都府生まれ。TVやラジオ、舞台などの仕事先で、ショートトリップを楽しむことが多い。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

『散歩の達人』土屋広道編集長
『散歩の達人』土屋広道編集長

1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。