※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

Plan No.1316
中島誠子Nakajima Motoko
更新日:2022/09/30
  • 1泊2日
  • 1日目

大阪で子連れお泊り旅
USJの前日はここへ!

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

大阪の話題スポットへ!

子連れでUSJに行くなら、前日は大阪をたっぷりと満喫しませんか? 人気のミュージアム「ニフレル」で生きものたちに触れ、「通天閣」では話題のスライダーや展望台でスリルを味わいます。宿泊先の「OMO7大阪」のアクティビティにも参加して、ローカルな大阪の魅力を味わってください!

こんな旅気分の人におすすめ
#家族・子連れで旅がしたい #話題のスポットに行きたい #水族館に行きたい #スリルを味わいたい

Schedule

DAY 1 START
新大阪駅
電車御堂筋線千里中央駅まで電車約15分 徒歩大阪モノレール千里中央駅まで下車徒歩約3分 電車万博記念公園駅まで電車約5分 徒歩下車徒歩約5分
SPOT1
スポット
人気のミュージアムへ

ニフレル

水族館・動物園・美術館が融合した、「海遊館」プロデュースの「生きているミュージアム」。"感性にふれる”をコンセプトに「いろ」「わざ」「およぎ」など、8つのテーマ別に展示され、生きものの生態を考えて工夫した見せ方が面白い。水族館で人気の魚はもちろん、カピバラ、ワオキツネザル、ホワイトタイガーなどの約150種類の生きものたちが暮らし、間近で見られるのが魅力。

DATA
  • 【住所】 大阪府吹田市千里万博公園2-1
  • 【TEL】 0570-022-060
  • 【営業時間】 <平日>10:00~18:00、<土・日曜日・祝日>日程により異なる ※公式サイトにてご確認ください
  • 【定休日】 年中無休 ※年に1回、設備定期点検のための臨時休業あり ※状況により臨時休館する場合あり
  • 【料金】 大人(高校生/16歳以上)2,000円、子ども(小・中学生)1,000円、幼児(3歳以上)600円 ※2歳以下は無料
中島誠子

中島誠子のおすすめポイント

  • ★ お子さんが大興奮するエリアは「うごきにふれる」エリア。ほとんど柵のない空間で、足元ではペリカンが羽を広げたり、カピバラがのんびりと歩いていたり、頭上ではぴょんぴょんとワオキツネザルが跳ねていたりと、間近で生きものを見ることができます
  • ★ 「みずべにふれる」エリアの、ホワイトタイガーも必見! えさの時間になると大迫力の食事シーンや水の中で泳ぐ愛らしい姿などを見ることができます。ホワイトタイガーが2階に上れば、下からぷにぷにの肉球を覗くことができ、さまざまな角度から観察できますよ
  • ★ 生きものだけではなく、アートに触れることができるのもこちらの魅力。大きな球体が浮かぶ「ワンダーモーメンツ」では、宇宙から星を眺めるような神秘的な体験ができます。球体や床に投影される映像に、お子さんたちは大はしゃぎ。映える写真も撮影できますよ
徒歩館内を徒歩移動
SPOT2
レストラン
ピクニック気分でランチ

ピクニックカフェ EAT EAT EAT(ニフレル内)

ニフレル内の、ホワイトタイガーやワニなどが展示された「みずべにふれる」エリアにあるカフェ。グリーンに囲まれた生きものと一緒の空間で、ピクニック気分を味わいながら食事ができる。

DATA
  • 【住所】 大阪府吹田市千里万博公園2-1
  • 【TEL】 0570-022-060(ニフレル)
  • 【営業時間】 <フード・スイーツの販売時間>閉館時間の1時間前まで、<ドリンク・食べる水・ソフトクリーム類の販売時間>閉館時間の30分前まで
  • 【定休日】 ニフレルに準ずる
中島誠子

中島誠子のおすすめポイント

  • ★ ホワイトタイガーやワニなどを眺めながらのランチはいかが? メニューはハンバーガーなどが中心で、キッズプレート(キッズバーガー、ポテト、チキン)やかわいい「ワニカレー」「トラヤキ」など、お子さんが喜ぶメニューも用意されています
  • ★ 不思議な「食べる水」は必食。包んであるゴム袋をプチっと上手に開けることができれば、まんまるの食べる水が登場。ゼリーに近い食感で、お子さんと一緒に楽しみながらいただけます
徒歩万博記念公園駅まで徒歩約10分 電車大阪モノレール山田駅まで電車約3分
徒歩阪急千里線山田駅まで下車徒歩約5分
電車恵美須町駅まで電車約35分 徒歩下車徒歩約5分
SPOT3
スポット
話題のスライダーを体験!

通天閣

新世界にそびえ立つ、"なにわのエッフェル塔”といわれる大阪のシンボル。高さ108m、塔内には特別野外展望台「天望パラダイス」、跳ね出し展望台「TIP THE TSUTENKAKU」、黄金の展望台、光の展望台といった趣きの異なる4つの展望スポットやショップなどがある。2022年5月にオープンした、通天閣を滑り降りるスライダー「TOWER SLIDER(タワースライダー)」が話題。

DATA
  • 【住所】 大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6
  • 【TEL】 06-6641-9555
  • 【営業時間】 <一般展望台>10:00~20:00(最終入場19:30)、<特別屋外展望台>10:00~19:50(最終入場19:30)、<タワースライダー>10:00~19:30、<オフィシャルショップ>10:00~19:30、<わくわくランド>10:00~19:30
  • 【定休日】 なし
  • 【料金】 <一般展望台>大人(高校生以上) 900円、子ども(5歳~中学生)400円、<特別屋外展望台「天望パラダイス」/跳ね出し展望台「TIP THE TSUTENKAKU」>大人(高校生以上)+300円、子ども(5歳~中学生)+200円 ※一般展望台に追加料金をプラスして入場可能、<タワースライダー>大人(高校生~65歳)1,000円、子ども(小学生~中学生)500円
中島誠子

中島誠子のおすすめポイント

  • ★ 「タワースライダー」は必須体験ポイント。専用のマットに乗り、通天閣の3階部分から、らせん状に猛スピードで滑り降ります。全長60mを約10秒で滑り降りるスリリングな滑り台は、大人も子どももハマる楽しさ! 小学生から体験できるので、ご家族でトライしてみて。最後にスマホでRQコードを読み取り、動画がもらえます
  • ★ 特別野外展望台「天望パラダイス」と跳ね出し展望台「TIP THE TSUTENKAKU」は必見。まずは、周囲に遮るものがなく広がる大阪の景色を堪能し、続いて跳ね出し展望台へ。通天閣から突き出た先端部分の床がシースルーになっていて、スリル満点! 思わず足がすくんでしまうかもしれません……
  • ★ 展望台やタワースライダーの体験後は、地下の「わくわくランド」へ。森永製菓、江崎グリコ、日清食品のアンテナショップがあり、みんな大好きなお菓子がずらり。限定商品や通天閣コラボ商品なども並び、お土産としても人気です
徒歩徒歩約5分
SPOT4
宿
なにわに惚れてまうホテルへ

OMO(おも)7大阪 by 星野リゾート

星野リゾートが展開する「OMO」ブランドは、“寝るだけでは終わらせない、旅のテンションをあげる都市ホテル”がコンセプト。「OMO7大阪」は、フルサービスを受けられるOMOブランド最上級ランクのホテル。"なにわラグジュアリー”を合言葉に「笑い」と「おせっかい」を採り入れたおもてなしと、星野リゾートならではの上質で贅沢なステイを体験できる。

DATA
  • 【住所】 大阪府大阪市浪速区恵美須西3-16-30
  • 【TEL】 0570-073-099(OMO予約センター)
  • 【営業時間】 チェックイン15:00、チェックアウト11:00
  • 【定休日】 なし
中島誠子

中島誠子のおすすめポイント

  • ★ 通天閣へ徒歩約5分、USJへも電車で約15分と観光に便利なロケーションです。客室は8タイプ全436室あり、ファミリーにおすすめなのは「いどばたスイート」。大きなテーブルとソファが配置された広いリビング空間に、4つの個室タイプのベッドスペースがあり、最大6名まで宿泊が可能です(6歳以下のお子様は添い寝無料)
  • ★ 2つの寝室とキッチンを備え、6名まで宿泊可能な「OMOハウス」や、通天閣や大阪の街を一望でき、3名まで宿泊可能な「コーナーツインルーム」など、魅力的な客室がたくさんあるので要チェック
  • ★ アメニティや浴衣はフロント近くに用意されているので、必要なものをピックアップします。浴衣を着て敷地内を散策できるので、お風呂後はご家族おそろいで着用してみてくださいね
徒歩アクティビティ出発地点まで館内を徒歩移動
SPOT5
スポット
大阪のディープな魅力を体験しよう

ご近所アクティビティ(OMO7大阪 by 星野リゾート)

ホテルスタッフが地元をガイドしてくれる、OMOブランドならではの特別なアクティビティ。“ご近所ガイドOMOレンジャー”が大阪ならではの“オモロイ解説”を交えながら、ご近所の見どころを案内してくれる。

DATA
  • 【住所】 大阪府大阪市浪速区恵美須西3-16-30
  • 【TEL】 0570-073-099(OMO予約センター)
  • 【営業時間】 アクティビティにより異なる
  • 【定休日】 アクティビティにより異なる
  • 【料金】 アクティビティにより異なる(基本的に無料~1,000円)
中島誠子

中島誠子のおすすめポイント

  • ★ 「ご近所アクティビティ」は時期により変わりますが、おすすめは16:00~の「ほないこか、ツウな新世界さんぽ」。通天閣のふもとまでぐるりとホテル周辺を散策するツアーで、ローカルな商店街や、メディアによく登場するひょう柄の服を販売するお店など、面白いスポットが目白押しです
  • ★ ほかにも、木津卸売市場を巡り、大阪のだし文化について学べる、「ええだし出てますわツアー(朝7:30~)」や、串カツ店をハシゴする「めっちゃ串カツどっぷりツアー(17:00~)」なども。なかなか旅行者だけでは行けない、ディープな大阪体験ができるアクティビティがいっぱい! 早めにチェックインをして、ツアーに参加してみよう
徒歩宿に戻り、館内を徒歩移動
SPOT6
スポット
ホテル内を満喫しよう

パブリックスペース(OMO7大阪 by 星野リゾート)

OMO7大阪内には、約7,800平米の広大なガーデンエリア「みやぐりん」、全長約85mの開放的な空間「OMOベース」、大阪のお風呂屋文化を感じる「湯屋」など、大阪の旅を盛り上げてくれるパブリックスペースが設けられている。

DATA
  • 【住所】 大阪府大阪市浪速区恵美須西3-16-30
  • 【TEL】 0570-073-099(OMO予約センター)
  • 【営業時間】 <みやぐりん>24時間、<OMOベース>24時間 ※OMOカフェ&バルは10:00〜22:00、OMOダイニングは17:00~21:00、<湯屋>6:00~10:00/15:00~24:00
  • 【定休日】 なし
  • 【料金】 <湯屋>一人1,000円
中島誠子

中島誠子のおすすめポイント

  • ★ 到着したらまずは、OMOベースにある「OMOカフェ&バル」でひと休みを。たこ焼きを模した面白いチーズケーキ「たこチー」は必食です。ライブラリーで読書をしながらゆったりとくつろぐこともできますよ
  • ★ 芝生がきれいなガーデン「みやぐりん」はお子さんが喜ぶエリア。お子さんは芝生で遊び、パパママはお子さんを見守りながらソファでくつろぐこともできます。夜は「PIKAPIKA NIGHT」が開催され、ご近所さんのたこ焼きやクラフトビールがふるまわれます。ホテル外壁に映し出されるユニークな花火は必見 ※PIKAPIKA NIGHTの開催期間は公式HPにてご確認ください。
  • ★ お部屋にお風呂がありますが、ぜひ「湯屋」にも行ってみて。大阪でお風呂屋の文化が花盛りとなった時代を参考に、「光と影」を表したアーティスティックなお風呂で、旅の疲れを癒やしてくれる空間です
徒歩館内を徒歩移動
SPOT7
レストラン
ディナーはホテル内レストランで

ディナー(OMO7大阪 by 星野リゾート)

OMO7大阪内では、「OMOダイニング」と「OMOカフェ&バル」の2か所でディナーがいただける。特別なディナーを楽しみたいなら、大阪の食材や郷土料理とフランス料理を掛け合わせたコースが味わえる「OMOダイニング」、カジュアルに食事したいなら「OMOカフェ&バル」へ。旅のスタイルに合わせて選べるのが魅力。

DATA
  • 【住所】 大阪府大阪市浪速区恵美須西3-16-30
  • 【TEL】 0570-073-099(OMO予約センター)
  • 【営業時間】 <OMOダイニング>モーニング7:00〜10:00 、ランチ12:00~14:00、ディナー17:00~21:00、<OMOカフェ&バル>7:00〜22:00
  • 【定休日】 なし
中島誠子

中島誠子のおすすめポイント

  • ★ 「OMOダイニング」でのディナーは、大阪グルメの代表・串カツをフランス料理ベースで仕上げた「なにわ串キュイジーヌ」と、大阪の郷土料理をフレンチの技法を用いて華やかにアレンジした「なにわネオクラシック」の2コースから選べます。見た目の美しさはもちろん、ゲストを楽しませる演出力も抜群。お子様用のコースも用意されています
  • ★ 「OMOカフェ&バル」では、かしみん焼き、串カツセット、ホルモン丼など大阪で食べたいグルメが一堂にいただけます。ナポリタンや肉うどん、フライドポテトなどお子さんが好むメニューもそろっていますよ
  • ★ 朝食は「OMOダイニング」でぜひ。和洋食ビュッフェには、香り立つだしをたっぷりと注いだうどんや「ねぎ焼き」など、大阪の食文化を感じるメニューをはじめとした“うまいもん”が並びます。見た目でも楽しめるサラダ、自分好みにカスタマイズできるベーグルサンドなどもあり、ビュッフェ台で選んでいる時間もワクワクさせてくれます

明日は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ!

吹田、大阪(大阪府)を巡る旅はいかがでしたか?オリジナルの旅プラン作成は旅色コンシェルジュにご依頼ください♪

旅色コンシェルジュとは…
旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

プラン作成依頼はこちらから! 旅行プランはプロにすべておまかせ!旅色コンシェルジュ

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

プランナー一覧
泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力をご紹介。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。

羽野晶紀
羽野晶紀

1968年、京都府生まれ。TVやラジオ、舞台などの仕事先で、ショートトリップを楽しむことが多い。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。

土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

『TRANSIT』編集部
『TRANSIT』編集部

世界を旅し、その土地の歴史や文化、人びとの暮らしを紹介するトラベルカルチャー誌「TRANSIT」。

『SAVVY』竹村匡己編集長
『SAVVY』竹村匡己編集長

京都市伏見区生まれ。エルマガジン、サヴィ、リシェ、別冊、ミーツ編集長を経て、2019年より現職。

美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

『散歩の達人』土屋広道編集長
『散歩の達人』土屋広道編集長

1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。