※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

Plan No.1313
泉よしかIzumi Yoshika
更新日:2022/09/28
  • 1泊2日
  • 1日目

鳴子温泉郷で美肌湯巡り
コスパ重視の女子旅

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

温泉やこけしの絵付け体験も!

美肌になりたい女性におすすめなのが、鳴子温泉郷。源泉掛け流しの温泉で、コスパの良さも叶えるプランをご紹介! こけしの絵付けを体験し、キュートなこけし雑貨のカフェや紅葉の名所も訪れます。神秘的な青いカルデラ湖ではボートに乗り、美肌の湯もたっぷりと堪能する旅をお楽しみください。

こんな旅気分の人におすすめ
#友達旅行・女子旅がしたい #美肌になりたい #温泉巡りがしたい #コスパも重視したい

Schedule

DAY 1 START
古川駅
徒歩駅周辺レンタカーショップまで徒歩すぐ 車レンタカーを借り、1スポットめ周辺駐車場まで車約45分 徒歩車を停め、徒歩約5分
SPOT1
スポット
まずは鳴子温泉のシンボル的な共同浴場へ

滝の湯(公衆浴場)

鳴子温泉のシンボル的な公衆浴場であり、鳴子神社の御神湯として地元で大切にされてきた長い歴史を持つ。今も昔も、神秘的なお湯の色は多くの人々を引き付けている。※密を避けるために入湯整理券を発行する場合あり

DATA
  • 【住所】 宮城県大崎市鳴子温泉湯元84
  • 【TEL】 080-9633-7930
  • 【営業時間】 7:30~21:00(最終入館20:30)
  • 【定休日】 年中無休
  • 【料金】 大人200円、子ども100円
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 風格のある総ヒバ造りの浴室に、丸太の湯口で高い位置から勢いよくドバドバと温泉が落ちてくる様子は感動的。お湯の色は青みがかった美しい濁り湯であることが多いのですが、温泉は生き物なので日によって色合いは異なります。稀に透明なこともあるそうですよ!
  • ★ 滝の湯の浴槽は大小一つずつ。奥にある小さい方の浴槽は、温度が比較的ぬるめなので、もし熱いお湯が苦手ならば、そちらに入ってみてくださいね
徒歩徒歩すぐ
SPOT2
レストラン
滝の湯の後のランチならここ!

そば処 小花(こはな)

鳴子温泉駅、滝の湯からも近いそば店。値段もお手頃でアットホームな雰囲気。

DATA
  • 【住所】 大崎市鳴子温泉字湯元87
  • 【TEL】 0229-83-2126
  • 【営業時間】 11:00~LO21:30
  • 【定休日】 不定休
  • 【料金】 ランチ500円~
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 温泉街でのランチにおそばはいかがでしょう? 1スポットめの「滝の湯」から近く、女性のみでも入りやすい雰囲気です。ざるそばのほか、地鶏南蛮そばもオススメ。冷たいおそばを温かい地鶏南蛮のつゆにつけていただきます
徒歩1スポットめ周辺駐車場まで徒歩約5分
車車を取り、車約5分
SPOT3
スポット
紅葉の名所へ

鳴子ダム

日本の技術者だけで建設した日本初の100m級アーチ式コンクリ-トダム。毎年春には雪解け水をダム天端(てんぱ:頂上)から放流する"すだれ放流"が行われ、その時期には夜にライトアップも行われる。秋には一帯が紅葉の名所となる。

DATA
  • 【住所】 宮城県大崎市鳴子温泉岩渕2-8
  • 【TEL】 0229-82-2341(鳴子ダム管理所)
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 美しいアーチ式コンクリートダムで、特に"すだれ放流"や紅葉の季節は、多くの人が訪れるスポット。例年、紅葉の見頃は10月下旬~11月上旬です
  • ★ 鳴子ダム管理所の一角には、無料で見学できる展示室があります。建設当時の写真や資料が展示してあるほか、テラスからはダム湖である荒雄湖が一望できますよ
車車約15分
SPOT4
スポット
木道のすぐ横で温泉が湧いている!

地獄谷遊歩道

鳴子温泉郷の鬼首(おにこうべ)エリアにある遊歩道。吹上沢に沿って木道などが整備されていて、遊歩道周辺には高温の温泉が噴出するスポットがいくつもある。

DATA
  • 【住所】 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首吹上16
  • 【TEL】 0229-82-2102(鳴子温泉郷観光協会)
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 最初に階段を下りて行きますが、そのあとは大きなアップダウンもなく、比較的歩きやすい道が続きます。足元はトレッキングシューズでなくても、スニーカーなどの歩きやすい靴なら心配いりません
  • ★ 手の届く距離にゴーゴーシューシューと音を立てて噴気が上がり、ぐらぐらと煮えたぎる温泉が湧いています。ただし高温なので決して触らないように注意してくださいね。また遊歩道をはぐれたり、立入禁止のエリアには入らないように!
車車約25分
SPOT5
スポット
キュートなこけし雑貨のカフェ

準喫茶カガモク

鳴子温泉郷の川渡(かわたび)温泉にある、ナチュラルな雰囲気の喫茶店。金・土・日曜日のみ開店し、オリジナルのかわいらしいこけし雑貨を販売する。豆こけしの絵付け体験も可。

DATA
  • 【住所】 宮城県大崎市鳴子温泉川渡49
  • 【TEL】 070-5670-7811
  • 【営業時間】 10:00~16:00
  • 【定休日】 月・火・水・木・第3土曜日
  • 【料金】 こけしドーナツパフェ800円
公式HP
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 思わず「かわいい!」とはしゃぎたくなる、こけしがモチーフの雑貨がたくさん飾られたカフェ。もちろん販売もしています。今までお堅い伝統工芸品だと思っていた鳴子のこけしが、とても身近に感じられ、自分の手元に置きたくなること間違いなし
  • ★ 野菜ジェラート専門店「なるこりん」のミルクジェラートを使った「こけしドーナツパフェ」は、おいしいだけでなく見た目もキュート! カガモク名物の「こけしドーナツ」に、ジェラートでできた鳴子こけしが乗っています。そのつぶらな瞳にじっと見つめられちゃうかも
  • ★ コーヒーに付いてくる砂糖やミルク入れ、水の入ったコップなどにもご注目を。ここにもそこにも、かわいこけしたちが。とにかく癒やされる喫茶店なのです
車車約5分
SPOT6
宿
東鳴子の気さくな旅館

東鳴子 赤這(あかばい)温泉 阿部旅館

東鳴子の温泉街から川を渡った対岸にある、家族経営の湯治宿。自家源泉を使った2種類の源泉掛け流し風呂が自慢。女将、若女将の接客と食事には定評がある。

DATA
  • 【住所】 宮城県大崎市鳴子温泉赤這125-1
  • 【TEL】 0229-83-2053
  • 【定休日】 不定休
  • 【料金】 1泊2食8,520円
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 湯治宿というと女子旅ではなかなか泊まりにくいと感じるかもしれませんが、こちらの旅館なら安心。お部屋もシンプルながらこぎれい、女将も親切で過ごしやすいお宿です
  • ★ 浴室は2つあり、使用している源泉が違います。先に入った人が「貸切」の札を下げるシステムで、ほかのお客さんとかち合う心配もなく合理的。ぜひ滞在中に両方とも入ってみてくださいね
  • ★ 湯治宿なので炊事場あり。コスパ良く自炊するのも一つの手ですが、2食付き宿泊も食事がおいしいと好評なのでぜひ。デザートまで気が抜けません

鳴子温泉郷(宮城県)を巡る旅はいかがでしたか?オリジナルの旅プラン作成は旅色コンシェルジュにご依頼ください♪

旅色コンシェルジュとは…
旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

プラン作成依頼はこちらから! 旅行プランはプロにすべておまかせ!旅色コンシェルジュ

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

プランナー一覧
『散歩の達人』土屋広道編集長
『散歩の達人』土屋広道編集長

1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

『SAVVY』竹村匡己編集長
『SAVVY』竹村匡己編集長

京都市伏見区生まれ。エルマガジン、サヴィ、リシェ、別冊、ミーツ編集長を経て、2019年より現職。

『TRANSIT』編集部
『TRANSIT』編集部

世界を旅し、その土地の歴史や文化、人びとの暮らしを紹介するトラベルカルチャー誌「TRANSIT」。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力をご紹介。

美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

羽野晶紀
羽野晶紀

1968年、京都府生まれ。TVやラジオ、舞台などの仕事先で、ショートトリップを楽しむことが多い。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。