※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

Plan No.1309
  • 1泊2日
  • 1日目

佐賀・嬉野温泉へ一人旅
紅葉と有田焼にうっとり

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

嬉野温泉で、気ままに癒やしの一人旅を

「のんびりできて癒やされる一人旅を」という方向けのプラン。佐賀県屈指の温泉地・嬉野温泉を訪れましょう。武雄温泉の楼門と山水画のような庭園の紅葉を観賞し、色鮮やかなブーゲンビリアに笑顔をもらい、焼物体験も楽しみます。夜は湯めぐりのできる宿でゆっくりと過ごす充実の旅をどうぞ。

こんな旅気分の人におすすめ
#ひとり(おひとり様)で旅がしたい #温泉旅行がしたい #紅葉を見たい #焼き物体験をしたい

Schedule

DAY 1 START
広島駅
新幹線新鳥栖駅まで新幹線約1時間20分 電車佐賀駅まで電車約15分 車佐賀駅にてレンタカーを借り、1スポットめ周辺駐車場まで車約50分 徒歩車を停め、徒歩すぐ
SPOT1
スポット
嬉野と並び佐賀を代表する温泉

武雄温泉

嬉野温泉と同じく「肥前風土記(ひぜんふどき)」にも記された歴史ある湯処。「慶長の役(けいちょうのえき)」の際に豊臣秀吉が記した「入浴心得」や、伊達政宗、宮本武蔵、伊能忠敬、シーボルトらが入浴した記録も残る。

DATA
  • 【住所】 佐賀県武雄市武雄町ほかmap
  • 【TEL】 0954-23-7766(武雄市観光協会)
  • 【営業時間】 通年
旅色コンシェルジュ・中山

旅色コンシェルジュ・中山のおすすめポイント

  • ★ まずは武雄温泉を象徴する美しい朱塗りの楼門を、じっくりと鑑賞しましょう。まるで竜宮城のような鮮やかな色彩と威風あふれる姿は圧巻で、釘を一本も使っていないことに驚かされますよ
  • ★ 二階天井の四隅には子(ねずみ)、卯(うさぎ)、午(うま)、酉(とり)の彫り絵があり、これは干支(えと)の十二支の内の4つで、方角でいえば「東西南北」にあたります。方角を表す動物たちを見つけてみては?
  • ★ 門をくぐった先にある「武雄温泉新館」では、当時の大衆浴場の様子や大正天皇のために造られた浴室などを見ることができます。レトロなタイルが敷き詰められ、八角形の屋根が印象的な浴室は必見ですよ!
徒歩駐車場まで戻る
車車を取り、車約5分
SPOT2
レストラン
カジュアルな和牛のコースランチを

最なか(もなか)

佐賀県産・九州産の旬野菜にこだわり、食材のおいしさを表現するために、和食だけではなく洋食の技術も活かした料理を提供している。有田焼の器を使い、彩りや形を工夫し、興味をひく盛り付けで見た目も楽しめる。

DATA
  • 【住所】 佐賀県武雄市武雄町武雄4068-4map
  • 【TEL】 0954-27-7703
  • 【営業時間】 <昼>平日11:00~14:30、土曜日・祝日11:30~14:30、<夜>18:00~21:30 ※夜は予約制
  • 【定休日】 日曜日
旅色コンシェルジュ・中山

旅色コンシェルジュ・中山のおすすめポイント

  • ★ 格式の高いイメージのあるコース料理をカジュアルに味わえるこちらのお店で、佐賀牛のランチをいただきましょう。全5品からなる「黒毛和牛と旬野菜の合わせ箱ミニコース」や、佐賀県産黒毛和牛のステーキがついた「佐賀県産黒毛和牛ステーキミニコース」など、価格が抑えめで気軽に楽しめるのがうれしいですね
  • ★ お腹に余裕があれば、季節ごとに変わるシェフこだわりの絶品デザートはいかがですか? 秋はイチジクのアイスクリームが味わえます。また、「なめらかプリン」は要予約なので、プリン好きな方はご予約をおすすめします
車車すぐ
SPOT3
スポット
古陶磁器と庭園を愛でよう

陽光美術館 慧洲園(けいしゅうえん)

中国の唐~清時代の古陶磁器をテーマごとに特別展形式で展示。美術館の日本庭園・慧洲園は、約3,000坪の敷地の中に約2,000トンの石が使用されている。石組み、大小に流れ込む滝、季節を彩る花々、茶畑は名園美を演出し訪れる人の心を和ませる。

DATA
  • 【住所】 佐賀県武雄市武雄町武雄4075-3map
  • 【TEL】 0954-20-1187
  • 【営業時間】 10:00~16:00
  • 【定休日】 水曜日 ※庭のシーズン中は営業日時に変更あり
旅色コンシェルジュ・中山

旅色コンシェルジュ・中山のおすすめポイント

  • ★ 足立美術館など世界的な名園を手掛けた造園家・中根金作(なかねきんさく)氏によって作庭され、荘厳な石組みと茶畑が特徴の庭園です。隣接する「陽光美術館」では、中国の古陶磁器や翡翠などの美術品の展示もあり、武雄の美を体感できる人気のスポットです
  • ★ 例年11月中旬から、赤や黄に色づいたもみじが約3,000坪の敷地内を彩り始め、情緒あふれる光景が広がりますよ。また、春にはつつじやしだれ桜も咲き乱れ、いつ来ても四季折々の絶景を楽しむことができるのがうれしいですね
  • ★ 慧洲園内に佇む数寄屋造りの和風喫茶「御休み処 みふね茶屋」では、抹茶や「嬉野紅茶」などを和菓子とともにいただくことができます。ぜひこちらにも足を運んでみてくださいね
車車すぐ
SPOT4
スポット
山水画のような絶景を楽しもう

御船山楽園(みふねやまらくえん)

御船山(みふねやま)の切り立った断崖が背景に広がる15万坪の広大な庭園。幕末に京都から絵師を招いて造園したもので、2,000本の桜、20万本のツツジなど、およそ140種の木々を植栽している。

DATA
  • 【住所】 佐賀県武雄市武雄町武雄4100map
  • 【TEL】 0954-23-3140
  • 【営業時間】 8:00~17:00(閉園)、イベント期間中は~22:00まで開園の場合あり
  • 【定休日】 無休
  • 【料金】 <入園料>大人400円、小学生200円 、障がい者は割引あり ※イベント期間中は変更の場合あり
旅色コンシェルジュ・中山

旅色コンシェルジュ・中山のおすすめポイント

  • ★ 庭園自体が国の登録記念物となっている名勝です。「日本書紀」に登場する日本の第14代天皇・神功皇后(じんぐうこうごう)が新羅からの帰りに“御船”をつないだと伝わる御船山を背に、四季折々の絶景が広がります
  • ★ 11月の紅葉シーズンになると、御船山が湖面に映り込む「ひょうたん池」や、約500本の木々が深紅色に染まる「ふりむき坂」などが、見どころあふれる絶景スポットに様変わり。中国の山水画を彷彿させる「御船山」の断崖を背景に見事な景観を作ります。一度は訪れたい佐賀の紅葉名所です
  • ★ 池の周囲を一周しながら庭園を観賞する「池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)庭園」のため、歩きやすい靴でお出かけください
車車約20分
SPOT5
スポット
北九州屈指の温泉地

嬉野温泉

和銅6(713)年にまとめられた「肥前風土記」に「東の辺りに湯の泉ありて能く人の病を癒す」と書かれた伝統の湯処。江戸時代には長崎街道の宿場町として栄え、今も九州北部随一の温泉地だ。

DATA
  • 【住所】 佐賀県嬉野市嬉野町下宿ほかmap
  • 【TEL】 0954-42-0336(嬉野温泉観光案内所)
  • 【営業時間】 通年
旅色コンシェルジュ・中山

旅色コンシェルジュ・中山のおすすめポイント

  • ★ 北九州屈指の温泉地で、島根県の「斐乃上(ひのかみ)温泉」、栃木県の「喜連川(きつれがわ)温泉」とならび、「日本三大美肌の湯」といわれていますよ。ぜひ効能を確かめてみてくださいね
  • ★ その歴史は古く、嬉野川を挟んで大小50軒近くの旅館が軒を並べます。温泉街の中心には足湯もあるので散策ついでに訪れてみては?
車車すぐ
SPOT6
宿
“日本三大美肌の湯”嬉野温泉を湯めぐりで満喫できる宿

嬉野観光ホテル大正屋

大正14年創業の「大正屋」は、嬉野温泉街の中心に位置する杉木立に囲まれた閑静な湯宿。“日本三大美肌の湯”の一つ、嬉野温泉の自家源泉を有し、男女2カ所ずつある大浴場や、客室の内湯を堪能できる。宿泊ゲストは「大正屋グループ」の宿「湯宿 清流」と「椎葉山荘」の温泉施設を自由に利用できるので、湯めぐりを存分に満喫したい。

DATA
  • 【住所】 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2276-1map
  • 【TEL】 0954-42-1170
Twitter facebook 公式HP
旅色コンシェルジュ・中山

旅色コンシェルジュ・中山のおすすめポイント

  • ★ 宿泊客は「大正屋」の湯処のほか、「大正屋グループ」の宿「湯宿 清流」と「椎葉山荘」の2施設の湯処も自由に利用できるます。無料送迎をしてくれるため、浴衣で気軽に湯めぐりが愉しめますよ
  • ★ お食事には、「大正屋」の直営工場「湯どうふ本舗」の職人が丹念に作り上げた嬉野名物の温泉湯豆腐をはじめ、さまざまな豆腐料理をいただます。口当たりなめらかで、深い旨味のある豆腐を堪能しましょう
SPOT

UNTRACE inc.

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。

Copyright MAPPLE, Inc.

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

プランナー一覧
『TRANSIT』編集部
『TRANSIT』編集部

世界を旅し、その土地の歴史や文化、人びとの暮らしを紹介するトラベルカルチャー誌「TRANSIT」。

土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

『散歩の達人』土屋広道編集長
『散歩の達人』土屋広道編集長

1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。

羽野晶紀
羽野晶紀

1968年、京都府生まれ。TVやラジオ、舞台などの仕事先で、ショートトリップを楽しむことが多い。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。

美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力をご紹介。

『SAVVY』竹村匡己編集長
『SAVVY』竹村匡己編集長

京都市伏見区生まれ。エルマガジン、サヴィ、リシェ、別冊、ミーツ編集長を経て、2019年より現職。