※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

Plan No.1239
泉よしかIzumi Yoshika
更新日:2022/07/30
  • 1泊2日
  • 1日目

岡山・湯郷温泉へ夫婦旅
観光列車や神事も体験!

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

観光列車に乗って、湯郷温泉をのんびりと満喫

かわいらしい観光列車「SAKU美SAKU楽」に乗って、岡山で夫婦旅はいかが? パワースポット「吉備神社」では有名な鳴釜神事を体験し、岡山名物ばらずしに舌鼓。美肌の湯「湯郷温泉」で洞窟風呂なども堪能します。最後は鉄道系のミュージアムにも寄り、思い出に残る充実した旅をどうぞ!

こんな旅気分の人におすすめ
#カップル・夫婦で旅がしたい #観光列車に乗ってみたい #温泉旅行がしたい #鉄道が好き

Schedule

DAY 1 START
岡山駅
電車吉備津駅まで電車約15分 徒歩下車徒歩約10分
SPOT1
スポット
吉凶を占う神聖な鳴釜(なるかま)神事を体験!

吉備津神社

備中国(びっちゅうのくに)の一の宮(地域の中で最も社格の高いとされる神社)。「桃太郎」のモデルとされる吉備津彦命(きびつひこのみこと)と、吉備津彦に成敗された温羅(うら:吉備地方に伝わる古代の鬼)を祀り、矢立の神事、鳴釡神事など伝説に基づく神事や史跡が残される。国宝の本殿や拝殿、鳴釡神事が行なわれる御竈殿(おかまでん)、約400mもの長い廻廊をはじめ、見どころが多い。

DATA
  • 【住所】 岡山県岡山市北区吉備津931
  • 【TEL】 086-287-4111
  • 【営業時間】 5:00~18:00(受付は8:30~16:00)
  • 【定休日】 無休、御竈殿の鳴釜神事は金曜、5月・10月は第2日曜、御竈殿は12月28日休
  • 【料金】 桃守り=700円/桃太郎絵馬=700円/祈祷初穂料=3,000円~/鳴釜神事体験料1,000円
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 日にち限定で、普段は昇殿できない本殿での拝礼と鳴釜神事を体験することができます。二日前までにメールでご予約ください(info@kibitujinja.com)。朱塗りの宮殿のような本殿は、こんな機会でもなければ上がることができません。また神聖な鳴釜神事は感動的な体験となることでしょう
  • ★ 緩やかにカーブした長い廻廊は、とても美しく絵になります。SNSでも人気のフォトスポットなので、ぜひご夫婦で記念撮影してくださいね
徒歩吉備津駅まで徒歩約10分
電車岡山駅まで電車約15分
徒歩下車徒歩約10分
SPOT2
レストラン
ランチは名物「岡山ばらずし」を!

喜怒哀楽

岡山の郷土料理や寿司を堪能できる「喜怒哀楽」。合わせ酢や醤油も手作りにこだわり、錦糸玉子にいたるまで一枚一枚丁寧に作り上げている。米は県内でも最高の良食米といわれる赤坂産の「朝日」のみを使用。魚は瀬戸内海の魚を市場や寄島から毎日直送し、鮮度を大切にしている。

DATA
  • 【住所】 岡山県岡山市北区下伊福2丁目9-21
  • 【TEL】 086-254-4455
  • 【営業時間】 昼:11:00~14:30(LO14:00)、夜:火~土曜日 17:30~22:00(LO21:30)※日・祝日は17:00~22:00(LO21:00)、ドライブスルーは10:30~20:00
  • 【定休日】 月曜日
  • 【料金】 昼:1,300円、夜:3,000円~5,000円
facebook 公式HP
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 岡山名物の「ばらずし」は、江戸時代に岡山藩主・池田光政(みつまさ)が「一汁一菜」の倹約令を出したことから、見た目が質素なご飯に見えるように、さまざまな具材を酢飯の中に混ぜ込んで生まれたとされています。使われる具材は干ぴょう、ごぼう、蓮根、ニンジンなど。さらにこちらのお店では、表にアナゴ、サワラ、ママカリなど魚介類と、山菜やタケノコなど野菜類を彩りよく乗せています(季節などで具材は変わることがあります)
  • ★ 岡山は海と山の間にある県なので、「ばらずし」には山海の幸の両方が使われているんですよ! ぜひじっくりと味わってみて
徒歩岡山駅西口まで徒歩約10分
バス湯郷グランドホテルまで無料シャトルバス約1時間30分
徒歩宿にチェックイン後、徒歩すぐ
SPOT3
スポット
美作三湯(みまさかさんとう)の一つ

湯郷温泉

開湯は1200年前の平安時代、天台宗の慈覚大師・円仁(じかくだいし・えんにん)が白サギに導かれて発見したとされる温泉で、泉質はナトリウム・カルシウム―塩化物温泉。家族で楽しめる温泉街として、「おもちゃの街宣言」が行われたことがある。また日本女子サッカーリーグに加盟するサッカークラブ「岡山湯郷Belle」のホームとしても知られる。

DATA
  • 【住所】 岡山県美作市湯郷
  • 【TEL】 0868-72-0374(湯郷温泉観光協会)
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 宿泊予定の「湯郷グランドホテル」にチェックインして荷物をおろしたら、温泉街散策に出かけてみましょう! 湯郷温泉は、湯原温泉・奥津温泉とともに美作三湯の一つとして知られる温泉地。昔から湯治に使われてきましたが、現代ではしっとり保湿もしてくれる美肌の湯として、女性からの評価も高いんです
  • ★ 家族で楽しめるおもちゃの街として、「てつどう模型館&レトロおもちゃ館」「現代玩具博物館・オルゴール夢館」「あの日のおもちゃ箱 昭和館」といった、レトロ感あふれるミュージアムがいくつも点在。童心に帰って楽しめますよ
  • ★ 温泉街の入口には、岡山県の巨人伝説「さんぶ太郎」をモチーフとしたからくり時計が設置されています。8時から21時までの毎時00分に、時計の中からさんぶ太郎が顔を出すので、タイミングが合うようなら見学してみて
徒歩徒歩すぐ
SPOT4
スポット
まずはひと風呂浴びちゃいましょう!

湯郷 鷺(ゆのごうさぎ)温泉館

湯郷温泉の湯元である日帰り温泉。大浴場、ドライサウナ、露天風呂などを備え、家族風呂や休憩スペースもある。また隣接して姉妹館の「療養湯」があり、こちらは湯治向け。

DATA
  • 【住所】 岡山県美作市湯郷595-1
  • 【TEL】 0868-72-0279
  • 【営業時間】 8:00~21:00(最終受付時間20:20)
  • 【定休日】 第2水曜定休(8月は第1水曜、祝日は翌日)
  • 【料金】 <鷺温泉館 大衆一浴>大人700円、小人450円、<休憩1日(館内着・タオル付、大広間休憩室・療養湯利用可)>大人2,000円、小人1,200円、<療養湯 一浴>大人700円、小人450円
公式HP
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 湯郷温泉の人気日帰り温泉です。ヒノキ大浴場のある「動の湯」と、石造りの浴槽や露天風呂に洞窟風呂のある「静の湯」は、一週間単位で男女入れ替えとなっています。どちらの浴室にもドライサウナが付いています
  • ★ 家族湯が5室あるので、いっそのことご夫婦で家族湯を借りて二人きりで入るのもアリですよ
  • ★ 隣接する姉妹温泉の「療養湯」はお風呂のみのシンプルな施設ですが、源泉掛け流しでお湯の良さには定評があります。温泉好きならぜひこちらにも足を運んでみて!
徒歩徒歩約3分
SPOT5
宿
露天風呂の石積みが迫力!

湯郷グランドホテル

岡山駅から無料送迎バスを走らせている湯郷温泉のホテル。和室、洋室、露天風呂付き和洋室、シングルルームなど多様なニーズに答える客室、自然石で作られた石積みモニュメントがユニークな露天風呂などを有する。料理は会席料理が中心で、特に地元のなぎビーフを使った会席が自慢。

DATA
  • 【住所】 岡山県美作市湯郷581-2
  • 【TEL】 0868-72-0395
  • 【料金】 1泊2食19,800~
公式HP
泉よしか

泉よしかのおすすめポイント

  • ★ 大きなホテルですが、スタッフの細やかなおもてなしが隅々まで行き届いているので、安心して滞在できますよ
  • ★ 露天風呂の石積みは迫力があってびっくり! 彫刻家の空充秋(そら みつあき)氏が制作したものだそうです。また中庭には足湯があるので、湯上りにお二人で庭園を眺めながらまったり涼むのもいいですね
  • ★ 料理のクオリティがお値段以上と評判のこちら。落ち着いて席で食べる会席料理にプラスして、美作地方のB級グルメ・ホルモンうどんがビュッフェ式で食べ放題。ここはぜひ地元の味を楽しんで

岡山、津山・美作(岡山県)を巡る旅はいかがでしたか?オリジナルの旅プラン作成は旅色コンシェルジュにご依頼ください♪

旅色コンシェルジュとは…
旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

プラン作成依頼はこちらから! 旅行プランはプロにすべておまかせ!旅色コンシェルジュ

同じエリアから探す

同じ泊数から探す

同じカテゴリから探す

同じ予算から探す

Planner

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

泉よしか
泉よしか

温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

『TRANSIT』編集部
『TRANSIT』編集部

世界を旅し、その土地の歴史や文化、人びとの暮らしを紹介するトラベルカルチャー誌「TRANSIT」。

羽野晶紀
羽野晶紀

1968年、京都府生まれ。TVやラジオ、舞台などの仕事先で、ショートトリップを楽しむことが多い。

『SAVVY』竹村匡己編集長
『SAVVY』竹村匡己編集長

京都市伏見区生まれ。エルマガジン、サヴィ、リシェ、別冊、ミーツ編集長を経て、2019年より現職。

『散歩の達人』土屋広道編集長
『散歩の達人』土屋広道編集長

1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

岩瀬大二
岩瀬大二

酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。

土庄雄平
土庄雄平

日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

えびす屋
えびす屋

全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

中島誠子
中島誠子

元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

おきなわ物語
おきなわ物語

沖縄県公式観光情報WEBサイト。沖縄観光の基本情報やまだ知られていない沖縄の魅力をご紹介。

美咲
美咲

全国のサウナなどを巡っている。フィンランド政府観光局公認フィンランドサウナアンバサダー。

雨宮あゆ実
雨宮あゆ実

元は世界を旅するバックパッカー。現在はおしゃれな街やカフェ、宿を楽しむライター。神社家系。