PR

秋の行楽シーズン到来!「ホテル昭明館」で静岡三島を味わい楽しみ尽くす

静岡県

2021.10.25

LINEでシェア
はてなでシェア
秋の行楽シーズン到来!「ホテル昭明館」で静岡三島を味わい楽しみ尽くす

江戸時代、東海道筋に設けられた53の宿場・東海道五十三次の11番目宿場町として多くの人が立ち寄った静岡県三島。今回ご紹介するのは、「昭明館」という旅館として1933年に開業した「ホテル昭明館」です。

三島エリアのホテルでは数少ない畳を使った客室があったり、ベッドに三島宿ならではの古典的なデザインが施されていたり、浴衣に三嶋柄をあしらっていたり。食事では地元の食材を多く使うなど、三島の魅力が各所にちりばめられています。

目次

閉じる

旅先の贅沢を叶える「ワンプレートディナー」

おすすめの宿泊プランは「三島スカイウォークのセット」

10月30日から開催される菊まつり

どんな旅のスタイルにもフィット

旅先の贅沢を叶える「ワンプレートディナー」

旅先の贅沢を叶える「ワンプレートディナー」

コロナ渦であってもくつろぎ、リフレッシュできるように。数あるおもてなしの中で「ホテル昭明館」が特に力を入れているのが食事です。
地元の新鮮な食材と本格フランス料理が楽しめる「三島フレンチ ハートフルダイニング おんふらんす」では、数々の輝かしい賞を受賞している店主の一品が楽しめます。箱根西麓三島野菜を中心に、旬の海の幸、山の恵がいただけます。

宿泊者限定の「ワンプレートディナー」は、日本一深い駿河湾で水揚げされた鮮魚、天城山のジビエなども。ワンプレートでフルコースが楽しめるなんて、贅沢すぎますよね。

ランチ、デザート、モーニングには「地産地消ブッフェ」とそれぞれに趣向を凝らしたメニューが登場するのでぜひチェックしてみてください。

おすすめの宿泊プランは「三島スカイウォークのセット」

おすすめの宿泊プランは「三島スカイウォークのセット」

館内と合わせて、ぜひ楽しんでもらいたいのが三島スカイウォークです。ホテルから車で20分ほどの場所にある観光施設で、全長400mの日本一長い歩行者専用吊り橋がかかっています。天気が良ければ富士山や駿河湾も見渡せ、ありのままの自然の姿に癒されるはず。また、吊り橋の端と端には、カフェやレストラン、お土産屋さんもあるので、終日のんびりと過ごすことができます。

この三島スカイウォークの通行料金と宿泊代を合わせた「三島スカイウォークのセットプラン」は、秋が深まるこれからの時季におすすめです。

10月30日から開催される菊まつり

10月30日から開催される菊まつり

「三島の秋」といえば「菊まつり」も外せません。今年で69回目となるイベントで、丁寧に美しく育てられた色鮮やかな菊が会場一面に広がります。毎年テーマが設けられ、今年は「東大寺」に。関係者によって手作りされる総合花壇には、約6000鉢という膨大な数の菊が使われるので間近でご覧ください。

今年の開催期間は10月30日〜11月30日まで。11月6日~14日の間は、夜にライトアップも昼とは違った美しさが楽しめます。ホテルから会場までは徒歩2分なので、散歩がてら立ち寄ってみて。

どんな旅のスタイルにもフィット

どんな旅のスタイルにもフィット

旅の目的は人それぞれ。
アクティブに動きたい派の方は、ぜひホテルの周辺にある観光地へ出かけましょう。
富士山の溶岩石の隙間から流れ出す湧水が見られる美しい「白滝公園」や、伊豆国一ノ宮・伊豆国総社として名を馳せる「三嶋大社」、川の中に遊歩道がある「源兵衛川」など、ちょっとした散策にもぴったりなスポットが徒歩圏内にあります。

客室でまったり派は、貸し出し無料のコミックコーナーへ。700冊ほどある本を片手に、静岡のゆるやかな時間を過ごせるはずです。

コロナ禍の外出が制限される中であっても、「ホテル昭明館」で特別な休暇を過ごしてみませんか?

◆ホテル昭明館(しょうめいかん)
住所:静岡県三島市1番町11−4
電話:055-972-7171
チェックイン:15:00
チェックアウト:10:00
アクセス:JR・伊豆箱根鉄道三島駅南口より徒歩2分、東名高速道路沼津ICより車で20分

ホテル昭明館

Related Tag

#静岡 #三島 #宿泊 #ホテル #宿

Author

TABIIRO

旅色編集部

Articles

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

全国

2021.12.06

絶景を撮影する陰には苦労も...それでも続けるドローン旅

とまこ

ドローン旅

  • NEW

埼玉県

2021.12.02

かわいすぎるムーミンたちに夢中! 「metsä」で紅葉と北欧の世界を堪能する旅

フォトジェグループ

映え旅

  • NEW

全国

2021.12.01

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色編集部

TABIIRO

和歌山県

2021.11.25

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

旅色編集部

TABIIRO

全国

2021.11.25

映え&コンパクト重視なデイキャンプのおすすめアイテム3選

フォトジェグループ

映え旅

大分県

2021.11.22

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

旅色編集部

TABIIRO

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

ドローン旅ドローン旅

とまこ

映え旅映え旅

フォトジェグループ

TABIIRO

旅色編集部

ビール旅ビール旅

古賀麻里沙

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

恋愛旅恋愛旅

くじら

アート旅アート旅

大石絵理

ファッション旅ファッション旅

美優