《肉食女子のマナー講座》あなたのお肉の切り方、大丈夫ですか?

全国

2016.03.02

LINEでシェア
はてなでシェア
《肉食女子のマナー講座》あなたのお肉の切り方、大丈夫ですか?

レストランで、ジューシーなお肉を見ると、ついついテンションが上がってしまいますよね! 分厚いお肉を、ザクザク切る瞬間は、本当に至福ですよね。でも、そのお肉の切り方、マナーとして問題ないですか?今回は、お肉の正しい切り方マナーをご紹介します。

目次

閉じる

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?①お肉は左から切るのが正しい!

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?②お肉は一口ずつ切ろう

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?③食器の音を出さないように切ろう

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?④骨付きのお肉はどうするの?

おわりに

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?①お肉は左から切るのが正しい!

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?①お肉は左から切るのが正しい!

あなたはお肉を、どちらの方向から切っていますか?
右でしょうか?それとも、左ですか?

実は、お肉の切り方のマナーとして、正しいのは「左から切る」こと。
これは、お肉だけでなく、お魚や野菜なども同様なんです。

右利きの方は、左からお肉を切っている方が多いのではないでしょうか?

左から切ると、お肉のおいしさを保ちやすくします。

マナーとしてだけではなく、“お肉を美味しく食べるための秘訣”とも言えるのです♪

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?②お肉は一口ずつ切ろう

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?②お肉は一口ずつ切ろう

アメリカでは、提供されたお肉をすべて、最初に食べやすい大きさに切り分けてから食べることが、マナーをとして認められています。

しかし日本では、この方法は避けたほうが良いでしょう。

お肉の正しい切り方マナーとして、食べるたびに一口分だけ切り分けることが正しいマナーなんです。

また、最初に全部切り分けてしまうと、お肉が冷めが早かったり、肉汁が出てしまって味が落ちるといったデメリットがあるんです。

こちらも、マナーとしてでなく、よりお肉を美味しく食べる方法、ということですね。

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?③食器の音を出さないように切ろう

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?③食器の音を出さないように切ろう

ジューシーな分厚いお肉を切るときに、思わず力が入ってしうものですよね。

すると、お皿とナイフがあたって「ガチャガチャ」と音が鳴ってしまうことも……。

この音は、お肉の切り方におけるマナーとして、あまり良くないんです。

分厚いお肉でも上手に切るポイントは、フォークだけにしっかりと力を入れて、ナイフは少々力を抜いて軽やかに動かすことです。

分厚いからといって、力いっぱいナイフを押しながら引くと、どうしても「ガチャガチャ」と騒音が出るので注意しましょう。

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?④骨付きのお肉はどうするの?

《マナー講座》お肉の切り方、大丈夫ですか?④骨付きのお肉はどうするの?

最後に、お肉の種類別でマナーをご紹介します。

まず、サーロインステーキ(牛ロースなど)は、やや厚めなので縦に一切れ、切り取ります。
幅は1.5cm~2cmほどが最適ですよ。

一切れカットしたら、フォークに刺し換え、今度は横向きに、自分の食べやすい一口サイズに切りましょう。

ローストチキンなどの骨付きのお肉は、フォークでしっかりお肉を押さえ、骨に沿ってナイフを入れて切り離しましょう。

肉を骨から切り離したあと、一口大の大きさに切って食べるといいですよ。

おわりに

今回は、お肉の切るときの正しいマナーについてご紹介しました。美味しく食べるための秘訣でもある、切り方マナー。しっかり身につければ、食事の時間がさらに素敵になりますね♪

Related Tag

#マナー #お肉 #切り方 #ステーキ #洋食 #ナイフ #食事

Author

TABIIRO

旅色編集部

編集部おすすめの記事や、注目のインタビュー、旅色に関するニュースなどを発信しています。メンバー限定で参加できるファンコミュニティ(likes.tabiiro.jp)の活動報告や、イベント情報も! ▽注目のコンテンツ ・読めばきっと旅気分「月刊旅色」 ・ローカルにフォーカスする「FO-CAL」 ・おいしいが見つかる「旅色おとりよせグルメ」「旅色おとりよせグルメ」 ・宿のとっておきのモノだけを紹介「旅色の宿マルシェ」

Articles

福地桃子さんが自然に囲まれ癒される旅「旅色FO-CAL鹿児島県瀬戸内町」

土屋アンナさんが町に惚れるきらめき旅「旅色FO-CAL栃木県那須町」

みなさん、新しい地元はどう作りましたか? 移住者の、地域と繋がるそれぞれのカタチ。

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

栃木県

2022.12.08

栃木県の絶景と温泉に癒される「湯けむりの里 柏屋」で過ごす大人の休日

メンバー

旅色LIKES

  • NEW

山梨県

2022.12.07

【山梨】富⼠⼭のふもと「富⼠グランヴィラ-TOKI-」で暮らすような滞在を

メンバー

旅色LIKES

  • NEW

長野県

2022.12.06

ゆるりとしたまち散策にぴったり。歴史文化が息づく下諏訪を1泊2日で巡ってみた

メンバー

旅色LIKES

  • NEW

全国

2022.12.06

里山で“何もしない”を楽しむ贅沢ステイ「里山の休日 京都・烟河」1泊2日の旅

メンバー

旅色LIKES

  • NEW

鹿児島県

2022.12.05

福地桃子さんが自然に囲まれ癒される旅「旅色FO-CAL鹿児島県瀬戸内町」

旅色編集部

TABIIRO

  • NEW

栃木県

2022.12.05

土屋アンナさんが町に惚れるきらめき旅「旅色FO-CAL栃木県那須町」

旅色編集部

TABIIRO

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

TABIIRO

旅色編集部

自転車旅自転車旅

土庄雄平

鉄道旅鉄道旅

なお

ドローン旅作家

とまこ

映え旅映え旅

あんはな

編集部

ハリマ

作家・作詞家

高橋久美子