【勝手に栃木応援】魅力度最下位に物申す⁉ 実はスゴイ、栃木は日本一〇〇な県

栃木県

2020.12.26

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
【勝手に栃木応援】魅力度最下位に物申す⁉ 実はスゴイ、栃木は日本一〇〇な県

2020年の「都道府県魅力度ランキング」で、残念ながら初の最下位となってしまった栃木県。本当に魅力がないのか?……ということで、栃木の注目ポイントを改めて調査しました。日光東照宮や宇都宮餃子だけじゃない、栃木の「日本一〇〇なもの」をご紹介します。地元の人でも知らない発見があるかもしれません。

Text:アントレース

目次

閉じる

【1】かんぴょうの生産量日本一! 食感がクセになる「夕顔らーめん」は必食

【2】1月中旬まで梅が見頃! 日本一古い学校・足利学校跡

【3】ドライブにおすすめ! 世界で最も長い並木道「日光杉並木街道」

【4】裏側が見られるかも⁉ 日本最大のトリックアートテーマパーク「那須とりっくあーとぴあ」

【5】いちご王国に新しいスポット誕生? 生産量はなんと52年連続日本一!

おわりに

【1】かんぴょうの生産量日本一! 食感がクセになる「夕顔らーめん」は必食

【1】かんぴょうの生産量日本一! 食感がクセになる「夕顔らーめん」は必食

全国のかんぴょう生産量のうち、98%を占めるのが栃木県。毎年1月には「栃木のかんぴょう祭り」(※)が開催され、かんぴょう料理が振舞われたり、チャリティーイベントが行われたりと賑わいます。

栃木を訪れた時には、かんぴょうを使った郷土料理「かんぴょうの卵とじ」や、麺にかんぴょうの原料・夕顔の粉末を練り込んだ「夕顔らーめん」、道の駅しもつけオリジナル「かんぴょうバーガー」など、ご当地グルメも要チェック。

「夕顔らーめん」が食べられるお店は栃木市に7店舗あり、柔らかでつるっとした食感、食物繊維やカルシウムを多く含むヘルシーさが人気の秘密です。


※2021年の「栃木のかんぴょう祭り」は、コロナウイルスの影響により中止となりました。

【2】1月中旬まで梅が見頃! 日本一古い学校・足利学校跡

【2】1月中旬まで梅が見頃! 日本一古い学校・足利学校跡

足利市にある足利学校は“日本最古の学校”と言われ、その遺跡は大正10年に国の史跡に指定、平成27年には日本遺産に認定されました。学校の創建時期については、奈良時代、平安時代など諸説ありますが、明治5年には教育学校としての役割を終え、現在は地域・文化を学ぶ場、生涯学習の学び舎として活用されています。

建物や庭園の復元工事により、史跡内は江戸時代中期の姿が再現されているので、ゆっくり見学、散策するのにぴったり。1月1~3日までの3日間は入徳門~大成殿前、南庭園の無料公開を予定しているほか、今年は早めに寒紅梅が開花したことから、来年1月中旬まで梅見も楽しめます。


◆史跡足利学校
住所:足利市昌平町2338
電話:0284-41-2655
アクセス:JR両毛線「足利駅」より徒歩約10分
受付時間:4~9月9:00~16:30、10~3月9:00~16:00
参観料:一般420円、高校生220円(中学生以下無料)

【3】ドライブにおすすめ! 世界で最も長い並木道「日光杉並木街道」

【3】ドライブにおすすめ! 世界で最も長い並木道「日光杉並木街道」

日光街道・例幣使街道・会津西街道の3街道に渡って杉の木が立ち並ぶ「日光杉並木街道」は、世界一長い並木道として平成4年ギネスブックに認定されました。街道の全長は37km、樹齢380年以上の杉が道の両側に約1万2350本も並ぶ光景は圧巻で、特に上今市駅から西に向かう未舗装の道は、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分に!

毎年8月第1日曜には、例幣使街道をコースとした「杉並木マラソン」も開催されます。


◆日光杉並木街道
住所:栃木県日光市瀬川地内 杉並木公園他

【4】裏側が見られるかも⁉ 日本最大のトリックアートテーマパーク「那須とりっくあーとぴあ」

【4】裏側が見られるかも⁉ 日本最大のトリックアートテーマパーク「那須とりっくあーとぴあ」

映えるオモシロ写真が撮れることで、近年人気の「那須とりっくあーとぴあ」。「トリックアートの館」「トリックアート迷宮?館」「ミケランジェロ館」の3館から成るこちらは、トリックアートのテーマパークとして日本最大規模を誇ります。

さらに、日本で唯一トリックアートのアトリエを公開している美術館でもあり、制作スタッフが新作アートを描いている様子を見学できるんです! 普段見ることができない、アートが生まれる瞬間に立ち会えるかもしれません。

◆那須とりっくあーとぴあ
住所:那須郡那須町高久甲5760
電話:0287-62-8388
アクセス:JR宇都宮線 「黒磯駅」より車で約20分
受付時間:4~7、9月9:30~18:00、8月9:00~18:00、10~3月9:30-17:00
入館料:大人1,300円、小中学生800円(未就学児無料)

【5】いちご王国に新しいスポット誕生? 生産量はなんと52年連続日本一!

【5】いちご王国に新しいスポット誕生? 生産量はなんと52年連続日本一!

栃木県と言えば「いちご王国」としても有名ですが、その生産量はなんと、令和元年産で52年連続日本一! 今年8月には、県庁昭和館前に、生産量50年連続日本一を記念した「いちご記念碑」が寄贈されました。

インパクトのある記念像は、宇都宮駅前の餃子像に続き、今後栃木の人気フォトスポットになるかも!?

また、2020年12月~2021年5月までは「とちぎ観光いちご園スタンプラリー」が開催され、対象農園を3ヶ所巡っていちご狩りを楽しむと、来シーズンのペア入園無料券が当たるチャンス! 定番の「とちおとめ」から最新品種「とちあいか」まで、多種多彩ないちごが楽しめるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。


◆いちご記念碑
住所:宇都宮市塙田1丁目1-20(栃木県庁昭和館前)
※庁舎案内は栃木県HPをご確認ください

・とちぎ観光いちご園スタンプラリー
期間: 2020年12月~2021年5月16日
応募締切:2021年5月31日(当日消印まで有効)

おわりに

グルメから名所まで「日本一」「世界一」がたくさんある栃木県。本当の“魅力度”は実際に足を運んで確かめてみるしかありません!

Related Tag

#旅 #旅行 #魅力度ランキング #日本一 #世界一

Author

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

編集部おすすめの記事や、注目のインタビュー、旅色に関するニュースなどを発信しています。メンバー限定で参加できるファンコミュニティ(likes.tabiiro.jp)の活動報告や、イベント情報も! ▽注目のコンテンツ ・読めばきっと旅気分「月刊旅色」 ・ローカルにフォーカスする「旅色FO-CAL」 ・おいしいが見つかる「旅色おとりよせグルメ」

Articles

tabiiro 旅色編集部

旅色の地域プロデューサーおすすめ! 実はカフェ激戦区な宇都宮で本格珈琲が飲めるお店3選

tabiiro 旅色編集部

【北海道】いま活気づく仁木町で春の女子旅へ

tabiiro 旅色編集部

これがタダ!? 都内の夜景を楽しめる無料展望施設4選

New articles

- 新着記事 -

【京都在住ライターのご近所さんぽ】夜の京都駅をぶらぶら歩く
  • NEW

京都府

2024.04.17

【京都在住ライターのご近所さんぽ】夜の京都駅をぶらぶら歩く

京都おさんぽ旅 ちあき

ちあき

京都おさんぽ旅

【青木裕子の親子旅】栃木で注目の「58ロハスクラブ」でグランピングに食育体験、アスレチックと欲張り旅 ※2024年4月更新
  • NEW

栃木県

2024.04.16

【青木裕子の親子旅】栃木で注目の「58ロハスクラブ」でグランピングに食育体験、アスレチックと欲張り旅 ※2024年4月更新

親子旅 青木裕子

青木裕子

親子旅

[2024.4.16追加]早起きの価値あり! 気分があがる渋谷の朝食2024
  • NEW

東京都

2024.04.16

[2024.4.16追加]早起きの価値あり! 気分があがる渋谷の朝食2024

編集部 ホソブチ

ホソブチ

編集部

【神田】人気映画の貴重アイテムがズラリ! 映画ファンが愛するSFバー「神田フラックス」へ
  • NEW

東京都

2024.04.14

【神田】人気映画の貴重アイテムがズラリ! 映画ファンが愛するSFバー「神田フラックス」へ

映画ソムリエ 東紗友美

東紗友美

映画ソムリエ

スマホカメラで雰囲気のある旅写真を撮る6つのテクニック
  • NEW

東京都

2024.04.13

スマホカメラで雰囲気のある旅写真を撮る6つのテクニック

写真家 こばやしかをる

こばやしかをる

写真家

「さすが」と思わせるランチの店、教えます。“かましランチ”in 渋谷  渋め編
  • NEW

東京都

2024.04.12

「さすが」と思わせるランチの店、教えます。“かましランチ”in 渋谷  渋め編

編集部 イシカワ

イシカワ

編集部

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

京都おさんぽ旅 ちあき

京都おさんぽ旅京都おさんぽ旅

ちあき

親子旅 青木裕子

親子旅親子旅

青木裕子

編集部 ホソブチ

編集部

ホソブチ

映画ソムリエ 東紗友美

映画ソムリエ

東紗友美

写真家 こばやしかをる

写真家

こばやしかをる

編集部 イシカワ

編集部

イシカワ

ワーケーション旅 &ヨシカ

ワーケーション旅ワーケーション旅

&ヨシカ

山梨旅 Momoka

山梨旅山梨旅

Momoka