PR

なんとオーナーがジビエ狩り名人! 島根・奥出雲町の天然肉とグランピングで森の贅沢を体感

島根県

2021.10.18

LINEでシェア
はてなでシェア
なんとオーナーがジビエ狩り名人!  島根・奥出雲町の天然肉とグランピングで森の贅沢を体感

中国山地の島根県奥出雲町は、寒暖差が激しく、厳しい自然環境に抱かれることによって、新鮮な空気、清らかな森、澄んだ水…が育まれた町です。古くから自然と共存し、歴史を重ねてきた奥出雲町だから実現した、“森の恵み”を堪能できるグランピング・焼肉・精肉の3つのコンテンツを紹介します。
焼肉&精肉では、これから旬を迎える極上ジビエを味わえますよ!

TEXT小林智明

目次

閉じる

「O.R.C」が食と体験で“森の贅沢”をお届け!

初心者大歓迎の「奥出雲ワイルドグランピング」

主役はタンとハラミ、助演はジビエの「叉鬼の焼肉酒場」

ジビエ肉の概念を覆す「OKUIZUMO WILD MEAT」

「O.R.C」が食と体験で“森の贅沢”をお届け!

「O.R.C」が食と体験で“森の贅沢”をお届け!

島根県奥出雲町の株式会社O.R.Cのコンセプトは「森の贅沢をお届けします」。自然豊かな山々で育った地物の天然肉(オーガニックミート)と、和牛のタンとハラミが自慢の直営店「叉鬼(またぎ)の焼肉酒場」で扱う、こだわりのお肉を「OKUIZUMO WILD MEAT」にて販売しています。

同社では「奥出雲ワイルドグランピング」も展開。通常のグランピングはもちろん、天候などに左右されない珍しい室内グランピングを楽しめるのが特徴です。

O.R.Cでは、このように奥出雲の地から「食」と「体験」を通じて、森の魅力を発信しています。では、各コンテンツについて掘り下げていきましょう。

初心者大歓迎の「奥出雲ワイルドグランピング」

初心者大歓迎の「奥出雲ワイルドグランピング」

手ぶらのグランピングが楽しめる施設が、「奥出雲ワイルドグランピング」です。利用は1日1組限定ですから、周りの目を気にせずにアウトドア体験できるのが嬉しいですね。
中庭では、通常の焚火のほか、色が変わる“レインボーファイヤー”という焚火を星空のもとで楽しめます。

“手ぶら”がウリのこのグランピングでは、ドリンクや軽食を提供してくれるキッチントレーナーまで登場。そこから好きなものをサーブして、空調付きの室内で天候を気にせず、グランピングができるのも醍醐味ですね。

BBQでは、炭火でピザを焼くこともできます。また、猟師でもある施設の代表自らが仕入れるイノシシ、鹿、鴨、ワニ、カンガルー、ダチョウといったさまざまなジビエ肉を用意。独特の臭みのない、おいしいジビエを堪能できると好評です!
そのほか、プロカメラマンがこの体験の様子を撮影した写真やデータを残せるプランや、夏季限定プールなど、各種アクティビティもそろっていますよ。

主役はタンとハラミ、助演はジビエの「叉鬼の焼肉酒場」

主役はタンとハラミ、助演はジビエの「叉鬼の焼肉酒場」

「叉鬼の焼肉酒場」は、名物である和牛のハラミとタンをはじめ、ジビエなどを味わえる島根県松江市の焼肉店。ジビエは、狩猟免許を持つオーナー自ら捕獲したイノシシ、鹿、鴨のほか、国産のダチョウ、オーストラリア産のワニとカンガルーといった珍しいお肉を用意しています。

臭みが少なく食べやすいジビエを入手できるのは、猟師が営む店だからこそ。手作りの自家製ダレもお肉との相性抜群です。ジビエの“本当のおいしさ”を知りたい人は、ぜひ足を運んでみてください。
焼肉以外にも、「マタギ特製いのししラーメン」や「奥出雲のきのこ達」など、自然由来の恵みが持つ滋味深さを味わえる料理を提供。食通の方でもここに来れば、未知の味覚に触れること請け合いです。

なお、お店のLINE公式登録でドリンク1杯サービス中!

ジビエ肉の概念を覆す「OKUIZUMO WILD MEAT」

「OKUIZUMO WILD MEAT」では、国内外を問わず、様々な肉を厳選し、奥出雲町を拠点に販売しています。

山育ちのオーナー・山本洋紀さんは、鴨や鹿、イノシシなどを銃や罠で狩る名人です。加えて、精肉店での修業で得た知識を生かし、ジビエを上質なオーガニックミートへと昇華。狩った直後30分以内の適切な処理と温度管理を徹底し、ジビエ独特の肉質の良さを引き出します。オーナー自らが仕入れる食材も含め、加工から販売まで行っているからこそ、ジビエ独特の臭みがなく、食べやすい状態になるのです。

各種精肉はオンラインショップでも取り扱っていますので、個人での購入もOK。それらを口にすれば、「これが本当にジビエ肉なの!?」と驚くに違いありません。

コロナ禍ですが、グランピングは1日1組限定なので、密になる心配はいりません。仲間と焚き火をしながらハンドドリップコーヒーを片手に語らう時間は格別ですよ。
また、ブームのおひとりさま利用も可能。炎の揺らめきで心を落ち着かせ、ゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

◆OKUIZUMO WILD MEAT、奥出雲ワイルドグランピング
住所:島根県仁多郡奥出雲町下横田1652-1  
電話:0854-52-0755

◆叉鬼の焼肉酒場:
住所:島根県松江市伊勢宮町528 伊勢宮新天地1-1F
電話:070-3968-0140

奥出雲ワイルドグランピング
OKUIZUMO WILD MEAT、叉鬼の焼肉酒場

Related Tag

#グランピング #ジビエ #焚き火

Author

TABIIRO

旅色編集部

Articles

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

全国

2021.12.06

絶景を撮影する陰には苦労も...それでも続けるドローン旅

とまこ

ドローン旅

  • NEW

埼玉県

2021.12.02

かわいすぎるムーミンたちに夢中! 「metsä」で紅葉と北欧の世界を堪能する旅

フォトジェグループ

映え旅

  • NEW

全国

2021.12.01

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色編集部

TABIIRO

和歌山県

2021.11.25

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

旅色編集部

TABIIRO

全国

2021.11.25

映え&コンパクト重視なデイキャンプのおすすめアイテム3選

フォトジェグループ

映え旅

大分県

2021.11.22

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

旅色編集部

TABIIRO

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

ドローン旅ドローン旅

とまこ

映え旅映え旅

フォトジェグループ

TABIIRO

旅色編集部

ビール旅ビール旅

古賀麻里沙

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

恋愛旅恋愛旅

くじら

アート旅アート旅

大石絵理

ファッション旅ファッション旅

美優