おこもり旅にぴったり!レイトチェックアウトが叶うホテル4選【東京都】

東京都

2020.10.29

LINEでシェア
はてなでシェア
おこもり旅にぴったり!レイトチェックアウトが叶うホテル4選【東京都】

旅のスタイルが変化するなか、「宿での滞在時間をいかに楽しむか?」ということは、ますます重要になってきました。そこで注目したいのは、チェックアウト時間が12時以降だったり、レイトチェックアウトプランがあったり、出発当日もゆっくり過ごせるホテル。朝食やブランチ、散策やスパなど、いつも以上に充実したホテル時間を楽しめます。

目次

閉じる

12時まで朝食が楽しめる「sequence MIYASHITA PARK」

朝の雲海は、宿泊者だけが見られる特別な風景!「ホテル椿山荘東京」

朝食には安心かつ贅沢なルームサービスを!「グランドニッコー東京 台場」

贅沢ルームでラグジュアリー体験!「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」

おわりに

12時まで朝食が楽しめる「sequence MIYASHITA PARK」

12時まで朝食が楽しめる「sequence MIYASHITA PARK」

まずは、2020年8月にオープンしたばかりの「sequence MIYASHITA PARK」。基本のチェックアウト時間が14:00と遅めなのに加え、「エニータイムブレックファスト」として、12:00まで朝食を楽しめるが大きな特徴です。

午前中からお昼にかけては、MIYASHITA PARK内にある商業施設「RAYARD」でショッピングをしたり、渋谷の街を散歩したり。たっぷり楽しんだ後に一度部屋に戻り、ひと息ついてからチェックアウトができます。

また、開放的なロビーラウンジ、顔認証でのセルフチェックインなど、3密や接触を回避できる環境が整っていて、まさに今の時代にぴったりな次世代型ライフスタイルホテルです。

◆sequence MIYASHITA PARK
住所:東京都渋谷区神宮前 6-20-10 MIYASHITA PARK North
電話:03-5468-6131
時間:チェックイン 17:00、チェックアウト14:00
アクセス:東京メトロ「渋谷駅」B1出口より徒歩約3分

朝の雲海は、宿泊者だけが見られる特別な風景!「ホテル椿山荘東京」

朝の雲海は、宿泊者だけが見られる特別な風景!「ホテル椿山荘東京」

「ホテル椿山荘東京」では、10月1日から始まった国内最大級の霧の庭園演出「東京雲海」が話題。ライトアップされた幻想的な雰囲気も素敵ですが、朝の神々しいような雲海は、宿泊者だけが見られる特別な風景です。

イチオシは、13:00チェックアウトのブランチ付きプラン。朝は、雲海が広がる静かな庭園を散策してリフレッシュ! その後、部屋に戻ってブランチをいただきます。チェックアウトまで時間があるので、ホテルスパを利用する方も多いのだとか。

チェックアウト後は、東京のホテルで初めてアフタヌーンティーを提供したと言われるロビーラウンジ「ル・ジャルダン」で、紅茶とスコーンを楽しむのもおすすめ。日英の魅力をたっぷり堪能できる時間になりそうです。

◆ホテル椿山荘東京
住所:東京都文京区関口 2-10-8
電話:03-3943-1111(代表)
時間:チェックイン15:00~21:00 チェックアウト:12:00
アクセス:東京メトロ 有楽町線「江戸川橋駅」1a出口より徒歩約 10分

朝食には安心かつ贅沢なルームサービスを!「グランドニッコー東京 台場」

朝食には安心かつ贅沢なルームサービスを!「グランドニッコー東京 台場」

台場駅直結で、レインボーブリッジや東京タワーなど、東京ならではの眺望が自慢の「グランドニッコー東京 台場」。基本チェックアウトが12:00のため、どのプランでも午前中の時間をのんびりと過ごせます。

朝食は、ほかのお客さんとの接触や席の混み具合を気にしなくて済むルームサービスがおすすめ。American Break Fastか和定食のどちらかを選べますが、迷った時は各々で1つずつ頼んで、両方楽しむこともできます。特にAmerican Break Fastのメインの卵料理は、ホテルのシェフが丁寧に作る必食のひと皿!

ホテルメイドの朝食を堪能した後は、お部屋で寛ぐもよし、近くの潮風公園を散策するもよし。潮の香りや海×高層ビル群の風景から、バカンス気分を味わうことができます。

◆グランドニッコー東京 台場
住所:東京都港区台場2-6-1
電話:03-5500-6711
時間:チェックイン 15:00、チェックアウト 12:00
アクセス:ゆりかもめ「台場駅」直結

贅沢ルームでラグジュアリー体験!「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」

贅沢ルームでラグジュアリー体験!「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」

「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」のおすすめは、デラックスルームなどを利用する「贅沢おこもりステイプラン」。今春リニューアルしたばかりの客室からは、ウォーターフロントならではの東京湾・隅田川の景色を楽しめます。

朝食は、人気のブッフェダイニング「シェフズ ライブ キッチン」で出来立てを堪能! また、6月にオープンした「ハドソンラウンジ」には、季節限定のパンケーキやこだわりのハンバーガーがあり、こちらをブランチとしていただくのもグッド!

おなかがいっぱいになった後は、ホテル近くの浜離宮庭園や旧芝離宮庭園をのんびりと散歩。自分へのご褒美にぴったりな、ラグジュアリーな体験になりそうです。

◆ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
住所:東京都港区海岸1-16-2
電話:03-5404-2222
時間:チェックイン 15:00、チェックアウト 12:00
アクセス:ゆりかもめ「竹芝駅」直結、JR山手線・京浜東北線・東京モノレール「浜松町駅」より徒歩約8分

おわりに

「Go Toキャンペーン」を利用して、普段はなかなか行けない高級ホテルにトライする場合も、チェックアウトが遅めなら、時間に追われず食事やサービスを満喫できます。朝はゆっくり寝ていたい、でも朝食もしっかり味わいたい……という欲張りさんにもぴったりです!

Related Tag

#ホテル #レイトチェックアウト #おこもり旅 #旅 #旅行

Author

TABIIRO

旅色編集部

Articles

【料理開拓人・堀田裕介の食材旅】幻のオレンジを求めて淡路島へ

インタビューで旅の記事に深みを! TRILL元編集長・橋本夏子さんのライター講座

#旅色フォトコン2022開催!入賞者には10万分の宿泊券などプレゼント

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

東京都

2022.05.13

【ポケモン化石博物館】古生物学を親子で楽しみながら学ぼう!

メンバー

旅色LIKES

  • NEW

全国

2022.05.12

寒暖差があっても大丈夫。モデル・美優さんが気温別にファッションを紹介

美優

ファッション旅

  • NEW

東京都

2022.05.12

「痩せたい、でも食べたい!」そんなわがままには『ひとりしゃぶしゃぶ』が効く

アベ

編集部

  • NEW

兵庫県

2022.05.10

暖かい季節に行きたくなる 淡路島の映えスポット巡り

まあちゃん

映え旅

  • NEW

兵庫県

2022.05.10

【料理開拓人・堀田裕介の食材旅】幻のオレンジを求めて淡路島へ

旅色編集部

TABIIRO

  • NEW

京都府

2022.05.10

都市型分散型ホテル「THE GENERAL KYOTO」に泊まってみた

メンバー

旅色LIKES

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

ファッション旅ファッション旅

美優

編集部

アベ

映え旅映え旅

まあちゃん

TABIIRO

旅色編集部

編集部

シラタ

自転車旅自転車旅

土庄雄平

ドローン旅作家

とまこ