PR

宮崎県日南市にある油津漁港の目の前。魚介を食べるなら「びびんや」へ!

全国

2019.08.03

LINEでシェア
はてなでシェア
宮崎県日南市にある油津漁港の目の前。魚介を食べるなら「びびんや」へ!

宮崎県の南部に位置する「日南市」をご存知ですか? ここは日本で最も日照に恵まれた地域の一つで、一年中マリンスポーツを楽しめるほど、温暖な気候なんです。これから秋冬にかけても過ごしやすいからいいですね。また、復刻版のモアイ像7体が並ぶ日南海岸沿いの「サンメッセ日南」や、近年多くのクルーズ船が寄港する「油津(あぶらつ)港」などは、フォトスポットとして人気が高く、観光におすすめです。

さて、その油津港の漁協正面には、「魚料理 びびんや」があります。漁港直送の鮮魚が食べられ、いろんなシチュエーションで使えるお店ですから、ぜひ立ち寄ってみてください。

Text:小林智明

目次

閉じる

「びびんや」イチ押しはマグロコース

秋はプリップリの伊勢えびが食べられる!

宮崎名物グルメと焼酎を味わえる宴会

チキン南蛮、まぐろステーキ、焼魚……。ランチ定食も魅力

おわりに

「びびんや」イチ押しはマグロコース

「びびんや」イチ押しはマグロコース

「魚料理 びびんや」の“びび”とは、日南地方の言葉で魚のことです。油津漁港直送の新鮮な海の幸で作るオリジナル料理は、なんと100種類! 例えばキハダやメバチマグロを料理によって使い分ける店主こだわりの一皿は、ボリュームたっぷりで価格もお手頃です。

なかでも一番のおすすめはマグロコース。刺身やステーキのほか、辛子醤油で味わうマグロの天ぷら、“ゴングリ”と呼ばれるマグロの胃袋の煮物など、珍しい料理も楽しめます。黒潮の恵みを存分に受けた、鮮度抜群の地魚を堪能しましょう。

秋はプリップリの伊勢えびが食べられる!

秋はプリップリの伊勢えびが食べられる!

9~10月にかけては日南海岸で、伊勢えび漁が解禁されます。日向灘の荒波にもまれ、黒潮の恩恵をたっぷりと受けた身の締まった伊勢えびは、大ぶりかつ柔らかな食感。まさに日南を代表する秋の味覚です。

もちろん、「びびんや」でも日南海岸獲れの伊勢えびが入荷されます。お得な値段で伊勢えびを味わえるとあって、県内外から多くの観光客が訪れるそう。プリップリの大きな海老に、かぶりついて食べてみたいですね! 

宮崎名物グルメと焼酎を味わえる宴会

宮崎名物グルメと焼酎を味わえる宴会

地元の食材を使った居酒屋メニューも充実しています。名物のマグロやカツオを使った漁師料理をはじめ、山の幸も。地元の地鶏や宮崎牛の逸品料理で、宴会を開くのはいかが? 九州のお酒といえばやっぱり焼酎ですが、1合380円~飲むことができます。

宴の〆には、郷土料理の魚うどん(ぎょうどん)を。「魚うどん」とは戦時中、主食が不足していた頃、代用食として魚のすり身と片栗粉で工夫して作った漁師料理。戦後70年が過ぎ、すっかり忘れられていた味を再現してみたところ、昔を懐かしむお年寄りから温故知新で食べてみた若い人まで大好評だったのだとか。

チキン南蛮、まぐろステーキ、焼魚……。ランチ定食も魅力

チキン南蛮、まぐろステーキ、焼魚……。ランチ定食も魅力

ランチは、定食メニューが定番です。日南海岸獲れの新鮮な魚介がお刺身、煮物、焼き物とおいしく姿を変えてラインアップ。焼魚定食(アジ・サバ・サンマ※日曜日・祝日はアジのみ)、まぐろステーキ鉄板焼定食など、定食だけでメニュー数は20種類近く揃うので、旅行で連泊される方は、毎日でも通えますよ。

宮崎牛や宮崎名物のチキン南蛮といったお肉系の定食も見逃せません。さらに前記の「魚うどん」も用意されているので、話のタネに一度ご賞味してみては?

おわりに

「びびんや」の料理の数々は、どれもおいしそうで目移りしてしまいますね。特に9~10月は、伊勢えび漁解禁となり旅のベストシーズン。また、同時期に日南市内の宿泊施設や各お食事処で「日南海岸伊勢えびまつり」も開催されます。この機会に仲間や家族との“伊勢えび満喫プラン”の検討をぜひ。

◆魚料理 びびんや
住所:宮崎県日南市西町2-6-3
電話番号:0987-23-5888
営業時間:昼:11:00~15:00(LO14:30)、夜:17:00~22:00(LO21:15)
定休日:月曜日※祝日の場合、翌日
アクセス: 電車:JR日南線油津駅より徒歩約15分、車:宮崎自動車道宮崎ICより約60分※宮崎自動車道宮崎ICより国道220号線を南下、油津漁港内

「びびんや」公式ページはこちら

Related Tag

#旅行 #宮崎 #日南市 #旅 #グルメ

Author

TABIIRO

旅色編集部

Articles

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

全国

2021.12.06

絶景を撮影する陰には苦労も...それでも続けるドローン旅

とまこ

ドローン旅

  • NEW

埼玉県

2021.12.02

かわいすぎるムーミンたちに夢中! 「metsä」で紅葉と北欧の世界を堪能する旅

フォトジェグループ

映え旅

  • NEW

全国

2021.12.01

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色編集部

TABIIRO

和歌山県

2021.11.25

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

旅色編集部

TABIIRO

全国

2021.11.25

映え&コンパクト重視なデイキャンプのおすすめアイテム3選

フォトジェグループ

映え旅

大分県

2021.11.22

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

旅色編集部

TABIIRO

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

ドローン旅ドローン旅

とまこ

映え旅映え旅

フォトジェグループ

TABIIRO

旅色編集部

ビール旅ビール旅

古賀麻里沙

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

恋愛旅恋愛旅

くじら

アート旅アート旅

大石絵理

ファッション旅ファッション旅

美優