ラーメン女子・森本聡子さんがレポート! 見た目も味もお店さながらの「お取り寄せラーメン」3選

全国

2020.06.01

LINEでシェア
はてなでシェア
ラーメン女子・森本聡子さんがレポート! 見た目も味もお店さながらの「お取り寄せラーメン」3選

コロナ禍の影響により、みなさま悶々とした日々をお過ごしのことでしょう。ラーメン業界も甚大な煽りを受け、販売方法をテイクアウトやネットショップに切り替えるなど、様々な工夫を凝らし頑張っておられます。そんな店舗の少しでもお役に立てるよう、ラーメンをお取り寄せし‟おうち時間ラーメンライフ”を送っています。「お取り寄せってどんなものが届くの?」 「トッピングは?」 そんな疑問にお答えしながら、おすすめの3つをご紹介いたします。

Text&Photo:森本聡子

目次

閉じる

①6年連続ミシュラン獲得店舗。通販とは思えないもちプルの麺が主役!「らぁ麺やまぐち」(東京/西早稲田)の「スタミナまぜそば」

②おいしくて体に優しい天然水を使ったラーメン! 「AFURI」(東京/関東近郊/海外)の「柚子塩らーめん」

③自分流のトッピングができるのが嬉しい! お酒好き必見の「らーめん 恵本将裕」(東京/中目黒)の「えびまぜそば」

【番外編】和歌山ラーメンのお取り寄せが気になる!

おわりに

①6年連続ミシュラン獲得店舗。通販とは思えないもちプルの麺が主役!「らぁ麺やまぐち」(東京/西早稲田)の「スタミナまぜそば」

お取り寄せでは、シンプルに麺と調味タレのみが到着します。

【1】麺

ひと口で“麺が主役”と言わせるのが本物の証。京都の老舗製麺所「麺屋棣鄂(めんやていがく)」の麺を使用し、茹で上がりはモチモチぷるぷるとまるで生きているかのような質感! 魅惑の啜り心地にあなたもきっと驚くはず。

【2】調味ダレ

真っ黒な調味タレはまぜそばにしては量がたっぷり!? と思っていたら……実はこの中にトロっとした玉ネギと背脂が入っていました。やまぐちらしいテクニックにやられました。

【3】自分で用意したもの

麺に調味ダレをからませたら、実際のスタミナまぜそばに忠実に、ニンニク、ニラ、炒めた豚バラ肉をトッピング。最後に生卵をプラスしてまぜまぜするとあっという間に完成です。ニンニク、ニラの凶暴さもうまくまとめてしまう万能タレに甘辛い玉ネギと背脂がこれでもかというほどマッチします!

【4】ビールは必須アイテム

ひと口目で気づくこと、それは「ビールが飲みたい」と心の底から願ってしまう私の気持ち。このまぜそばを目の前にして、キンキンに冷やしたビールは不可避。 脳内でも相性がいいのは想像出来ますが、実際やってしまうと想像以上の中毒性です。スーパードライなどの超辛口ビールを合わせようか悩みましたが、辛さとフルーティーさを兼ね備えたクラフトビールにして個人的には正解でした。まぜそば×お酒の世界も深掘りしたくなります。

ラーメンがおつまみになる時代がやって来ました! さすがは6年連続ミシュラン獲得店舗。「らぁ麺やまぐち」らしいテクニックがつまったスタミナまぜそばをこの機会にぜひご賞味ください。

◆らぁ麺やまぐち
住所:東京都新宿区西早稲田3丁目13-4
電話番号:03-3204-5120

公式オンラインショップはこちら

②おいしくて体に優しい天然水を使ったラーメン! 「AFURI」(東京/関東近郊/海外)の「柚子塩らーめん」

「AFURI」といえば、「柚子塩らーめん」!ということで届いたのがこちら。

【1】スープ
神奈川県の阿夫利山の天然水を用いた美しい黄金スープには、新鮮な鶏ガラと香味野菜・昆布・鰹節などの魚介類が丁寧に抽出されています。ついつい最後まで飲んでしまうクセになる味わいです。

【2】麺
特徴の異なる2種の国産小麦にビタミンなどの栄養価が高い全粒粉が配合された美容麺。真空のミキサーで練り上げる「真空手もみ麺」なのでかなりモチモチしています! ところどころに感じる手もみのウネウネとした食感が好きで、お店でオーダーする時はいつもこの麺に変更している私。AFURIの通販、分かってる〜と勝手に大興奮なのでありました。

【3】豪華な具材
肉厚でジューシーな炙りチャーシュー、食べやすくカットされた細切りメンマ、特上の板のり付きです。水菜とゆず皮さえ用意すればAFURIそのままのヴィジュアルに。

【4】生搾りゆず果汁(ボトル)
奥深い旨味スープには生搾りゆず果汁がピッタリ! お店では感じることの出来なかったフレッシュな香りに思わず鳥肌が。心なしか柚子がバージョンアップされたような気さえします。

【5】自分で用意したもの
味玉、水菜、ゆず皮。

さらにこちらのオンラインショップ、ラーメンだけでなく、オリジナルのラーメン丼やマグカップまで購入できるんです。店名の由来でもある阿夫利山が描かれた丼ぶりでいただけば、もはやここはお店です。

コロナ自粛中も嫌なことばかりではありませんでした。先日ふと宇多田ヒカルさんのインスタライブを拝聴していたところ「AFURIの柚子塩ラーメンが好き」なんていうラヲタの耳を幸せにする最高のワードが飛び出したのであります! 世界の歌姫も大好きな柚子塩ラーメンがご自宅で楽しめちゃいますよ。

◆AFURI 恵比寿店
住所:東京都渋谷区恵比寿1-1-7 117ビル 1F
電話番号:03-5795-0750
※そのほか原宿、中目黒、麻布十番、六本木、横浜、ポートランド、シンガポールなど全16店舗

「AFURI」公式オンラインショップはこちら

③自分流のトッピングができるのが嬉しい! お酒好き必見の「らーめん 恵本将裕」(東京/中目黒)の「えびまぜそば」

東京・中目黒にある本店でも女性に一番人気なのが甘エビをベースに作られた「えびまぜそば」。お店で何度も食べているメニューなのですが、あの味が恋しくて早々にお取り寄せしました。

【1】麺
もちもちの太麺は10番手とかなり太め。海老本来の味がわかりやすく出せるように小麦の味わいはあえて目立たないような構造になっているとのこと。濃厚ながらしつこさのないソースをしっかりキャッチする麺はパスタとも全く違った中華麺ならではのプリプリ感です。

【2】タレ
タレの基本は塩のみといたってシンプルで、メイン食材であるエビのうま味を引きだすように合わせてあります。甲殻類の芳ばしさもありつつ、ほんのり甘みも感じます。自分でお好みのトッピングを加えて、オリジナルの食べ方を見つけるのもアリです。

【3】具材
付属のトッピングにはチャーシュー、メンマ、ナルト、ホウレンソウが入っていたので、それぞれを食べやすいように切り分けて盛り付けました。買い足したのはアーリーレッド(紫たまねぎ)、生卵、刻み海苔。あってもなくてもおいしいですが一気に華やかになったので個人的には買って正解でした。

作り方はいたってシンプル。麺とトッピングを沸かしたお湯に袋ごと入れて、茹で上がったら丼に移し、麺とタレを絡めトッピングを乗せて完成です。

【4】おまけの動画
説明書にあった何気ないQRコード。何かな? と思い読み込んでみるとまるで「恵本将裕」のお店に訪れたような演出が……!(これは面白い!どんなしかけは買ってみてからのお楽しみです)。買う度に内容が変わるとのことなので、定期的に購入したくなりますね。

完成品がこちら。

エビの味わいがぎゅっとつまったタレは時間をおいても消えることなく、最後までエビの香りが口いっぱいに広がりました。私はクラフトビールを合わせていただきましたが、白ワインなども合いそうです。プライベートはお酒好きということもあってか、自宅では呑みながらゆっくりいただける食事が好きな私。麺が伸びないのでおつまみとしても成立してしまう「汁なしラーメン」との相性がとくにいいことに気づいてしまいました。ラーメン=ビールという固定概念もいろいろなお酒を合わせるうちに消えてきて、日本酒、焼酎、ウイスキーなど楽しみ方が模索できるのはお取り寄せならでは。新しいラーメンの形を楽しんでいきたいですね。

◆らーめん 恵本将裕
住所:東京都目黒区上目黒2丁目7-10
電話番号:03-6452-2849

「らーめん 恵本将裕」公式オンラインショップはこちら

【番外編】和歌山ラーメンのお取り寄せが気になる!

色々とお取り寄せを調べていたら……あら? 灯台下暗し。「旅色」でもお取り寄せラーメンがあるじゃないですか! 私が気になったのは和歌山県の南部高校の学食にも納品している麺屋さんが作った梅干付きの豚骨醤油ラーメンです。

和歌山ラーメンって濃厚なんだけどしつこくなくてまた食べたくなってしまうご当地ラーメンの代表なんですが、ここに紀州本庄うめよしの梅干しもついてくるのは豪華ですね。

かれこれ1、2年本場で食べていないので、これを機に和歌山ラーメンのお取り寄せをしてみようかな(ぽちっ!)。

「和歌山ラーメン」の詳細はこちら

おわりに

有名店であればあるほど直接食べに行かねばならなかった今までとは違い、お取り寄せにによってご当地ラーメンのハードルがぐっと下がり、自分の舌に合うのか、気軽に試せる時代に変化してきています。ラーメン店の業態自体も「リアル店舗」と「オンライン」、両方向で成長していきそうな予感です。

セレクトの幅も一気に広がったことで、自宅にストックしておけば、普段ラーメンを食べないゲストにも、本格的な味わいでさっとおもてなしできちゃいます。自分で楽しむのはもちろん、ラーメンに目覚めるきっかけが増えるかも。みなさまもぜひこの機会にお取り寄せしてみてくださいね。

◆森本聡子(もりもと・さとこ)
「女性が一人でもラーメンを食べることの出来るカルチャーを広めたい」そんな思いから食べ歩きを開始して16年。47都道府県を食べ歩き、年間600杯以上を食べるラーメン大好き女子。男性のラーメンフリークが多いなか、タレントとしても活動しながら体型維持も視野に入れたラーメンライフにも注目。人気ラーメン店を貸し切るなどした「ラーメン女子会」を主宰し、メディアでも活躍中。2018年には株式会社Ramen Switchを設立し、世界初のラーメンジュエリーブランド「ZURU+.」をリリース。著書『東京ラーメンコレクション』(昭文社)

"旅のプロ"のおうち時間は予想の斜め上!? 個性あふれるSTAY HOMEの過ごし方

Related Tag

#旅 #旅行 #ラーメン女子 #森本聡子 #お取り寄せ

Author

ラーメン女子

森本聡子

Articles

【勝手に栃木応援】ラーメン女子・森本聡子さんに聞く! 宇都宮の絶品ラーメン3選

女子だってラーメン巡り! ラーメン女子・森本聡子さんに聞く駅近ラーメン店4【岡山編】

ラーメン女子・森本聡子さんに聞く! “女子向けおしゃれ”だけじゃない絶品ラーメン店4【大阪編】

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

埼玉県

2021.12.02

かわいすぎるムーミンたちに夢中! 「metsä」で紅葉と北欧の世界を堪能する旅

フォトジェグループ

映え旅

  • NEW

全国

2021.12.01

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色編集部

TABIIRO

和歌山県

2021.11.25

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

旅色編集部

TABIIRO

全国

2021.11.25

映え&コンパクト重視なデイキャンプのおすすめアイテム3選

フォトジェグループ

映え旅

大分県

2021.11.22

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

旅色編集部

TABIIRO

東京都

2021.11.18

ホップ収穫から仕込みまで 東京でビールづくり体験

古賀麻里沙

ビール旅

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

映え旅映え旅

フォトジェグループ

TABIIRO

旅色編集部

ビール旅ビール旅

古賀麻里沙

ドローン旅ドローン旅

とまこ

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

恋愛旅恋愛旅

くじら

アート旅アート旅

大石絵理

ファッション旅ファッション旅

美優