PR

茨城の老舗割烹店「寿多庵」のあんこう鍋が手軽におうちで食べられる?

茨城県

2020.12.04

LINEでシェア
はてなでシェア
茨城の老舗割烹店「寿多庵」のあんこう鍋が手軽におうちで食べられる?

日に日に気温が下がり、本格的な冬の訪れを感じる今日この頃。グツグツ煮込んだアツアツの鍋料理が、恋しい時期になりました。
茨城の大洗で創業して90年以上。割烹料理と蕎麦に定評があり、地元の人だけでなく観光客にも愛されている「寿多庵(すだあん)」には、11〜3月の期間限定で登場する名物鍋があります。栄養素が高く、食べ応えも十分な「あんこう鍋」は、店舗だけでなくお取り寄せ品としても人気です。

目次

閉じる

総料理長があんこうに合う食材をセレクトしたあんこう鍋

厳選素材のうま味を際立てるオリジナルスープ

五感を満たすとっておきのスペース

手打ちそばも割烹料理も食しておきたい

総料理長があんこうに合う食材をセレクトしたあんこう鍋

総料理長があんこうに合う食材をセレクトしたあんこう鍋

10月から予約がスタートし、11〜3月にかけて販売されるあんこう鍋のセット。数々のあんこう鍋を食べ歩いた社長が、「コレだ!」と思ったものを商品化しているので、おうちで簡単に本格的な味がいただけますよ。
美容効果が期待できるあんこうは、低脂質かつ高たんぱくでコラーゲンがたっぷり。皮にはビタミンC、身にはビタミンB12、ビタミンB1が含まれているので乾燥する今の季節にうってつけです。

栄養はもとより、食材選びにも余念がありません。メインのあんこうは国産で徹底し、北海道か青森県産の新鮮なものを使っています。その年の気候等によって良質なあんこうの水揚げ場所が変わるのだそう。今年はより北上した所で水揚げされたあんこうの質が良く、北海道産のあんこうを提供しています。
色とりどりの野菜も料理長が毎朝市場に出向き、直接仕入れたもの。豆腐に関しては、「あんこう鍋に合う」を基準に何十種類もの豆腐を検討し、地元大洗の手作り豆腐に行きつきました。

厳選素材のうま味を際立てるオリジナルスープ

厳選素材のうま味を際立てるオリジナルスープ

食材がいいだけでは、美味しい鍋にはなりません。全体の味をまとめる、特製スープにもひと手間を。味噌から店頭独自の味噌をブレンドして作ることで、香ばしく深みのある味噌をベースとしたコクと深みのあるスープになり、あんこうや野菜の甘みがより引き立ちます。

またあんこう鍋の〆には雑炊が一般的ですが、「寿多庵(すだあん)」ではうどんもおすすめとのこと。うどんもあんこう鍋に合ううどん粉を厳選して店頭で手打ちしており、最後のスープまで存分に楽しめるようになっています。ほんのり甘みのある手打ちうどん、こちらも試してみては?

「お店と同じ味を届けたい」という想いから、特製スープ、カット済みの食材、レシピを梱包する際も独自の方法を採用。発送から到着まで、とくに食材の鮮度が落ちないように工夫を凝らしています。また、風呂敷に包んで届くのでギフトや贈答品にもおすすめ。

五感を満たすとっておきのスペース

五感を満たすとっておきのスペース

店舗があるのは、町の中心から離れた豊かな自然が広がる場所。歴史を感じる、落ち着いた店構えが印象的です。

店内に入ると囲炉裏の部屋や座敷席、小上がり、伝統的な和風の庭が望める個室など、ゆったり寛げる空間が用意されています。ホッと心が和む、丁寧ながら親しみを感じる接客も心地よく、誰と訪れても格別の時間を過ごすことができるでしょう。

手打ちそばも割烹料理も食しておきたい

手打ちそばも割烹料理も食しておきたい

大正15年に創業した「寿多庵」には、食べておきたい一皿がいくつもあります。常陸秋そばを使った、手打ちの生蕎麦は代々受け継がれているという歴史ある一品。ひと口目からしっかりとふくよかな風味が口中に広がり、最後までいい香りが楽しめます。蕎麦も「蕎麦の実」から選り抜き、「擦りたて、打立て、茹で立て」にこだわっており、店頭でその日の朝に石臼で挽き立てた蕎麦粉を手打ちして提供しています。こちらも通販をしており、打立ての蕎麦を楽しむのもおすすめ!

季節の魚介で彩られる刺身、天ぷらなど、割烹料理にもファンが多いので、訪れた際には合わせて注文してみては。


◆寿多庵(すだあん)
住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町7929
電話番号:029-267-4611
営業時間:11:00~14:30 、17:00~20:30 ※土・日曜日は~15:00
定休日:火曜日、日曜日の夜 ※月曜日が祝日の場合は、日曜日夜(17:00~20:30)も営業
アクセス:車:東水戸道路水戸大洗ICより約12分

「寿多庵」公式サイトはこちら

Related Tag

#茨城 #老舗 #割烹店 #あんこう鍋 #旅 #旅行 #お取り寄せ #通販 #オンライン

Author

TABIIRO

旅色編集部

Articles

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

全国

2021.12.06

絶景を撮影する陰には苦労も...それでも続けるドローン旅

とまこ

ドローン旅

  • NEW

埼玉県

2021.12.02

かわいすぎるムーミンたちに夢中! 「metsä」で紅葉と北欧の世界を堪能する旅

フォトジェグループ

映え旅

  • NEW

全国

2021.12.01

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色編集部

TABIIRO

和歌山県

2021.11.25

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

旅色編集部

TABIIRO

全国

2021.11.25

映え&コンパクト重視なデイキャンプのおすすめアイテム3選

フォトジェグループ

映え旅

大分県

2021.11.22

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

旅色編集部

TABIIRO

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

ドローン旅ドローン旅

とまこ

映え旅映え旅

フォトジェグループ

TABIIRO

旅色編集部

ビール旅ビール旅

古賀麻里沙

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

恋愛旅恋愛旅

くじら

アート旅アート旅

大石絵理

ファッション旅ファッション旅

美優