PR

「蒸気機関車D51」を展示する道の駅が北海道安平町にオープン。地元の食や歴史・文化に触れる旅へ

全国

2019.06.24

LINEでシェア
はてなでシェア
「蒸気機関車D51」を展示する道の駅が北海道安平町にオープン。地元の食や歴史・文化に触れる旅へ

北の大地ならではのおいしい食べ物を味わい、豊かな自然を満喫する北海道旅行のプランに取り入れたいのが、新千歳空港から車で30分圏内の安平町巡り。なかでも2019年4月にオープンした安平町の観光拠点「道の駅あびらD51ステーション」は、地元の特産品や、鉄道とゆかりの深い町の歴史に出合える新名所です。町巡りの前に、訪れてみてはいかがでしょう?

Text:小林優子

目次

閉じる

名馬を生んだ、魅力いっぱいの北海道安平町

安平町の新たな観光拠点として、道の駅が誕生

旅の立ち寄りスポットに! 特産品や新鮮野菜、ご当地フードを販売

SLラストランの地にちなんだ鉄道資料館を併設

おわりに

名馬を生んだ、魅力いっぱいの北海道安平町

名馬を生んだ、魅力いっぱいの北海道安平町

北海道の自然豊かな丘陵地帯に広がる安平町は、新千歳空港から車で約30分、札幌からも約1時間と、旅の拠点としてアクセスのよい好立地。魅力的な特産品も豊富です。国内チーズ専門工場の発祥地であることから、高品質なチーズが揃い、安平町追分の高級銘柄「アサヒメロン」は、夕張メロンの糖度をしのぐと言われるほど、甘く、ジューシーな味わい。

また、訪れる人々を魅了するのが、四季折々の花々が広がる美しい風景です。5月中旬~6月上旬にかけて、菜の花が丘陵地を黄色に染め、これからは蓮の花が咲き誇ります。

SLラストランの地として、鉄道ファンに広く知られるほか、「雪だるま郵便局」や広大なゴルフ場など観光スポットも盛りだくさん。7冠馬「ディープインパクト」や「ジェンティルドンナ」などの名馬を輩出した、競走馬産地としても全国的に注目を集めています。

安平町の新たな観光拠点として、道の駅が誕生

安平町の新たな観光拠点として、道の駅が誕生

見どころ満載の安平町に、2019年4月、新たに誕生したのが「道の駅あびらD51ステーション」です。安平町の農畜産品を揃えた特産品販売所と共に、地域の観光・歴史・文化情報の発信地としての役割を集約させています。町内外の交流やつながりを生み出すことを目的としてつくられました。

休憩コーナー(写真)で名産品を味わいながら一息ついたり、鉄道と共に繁栄した安平町の歴史に触れることができますよ。

旅の立ち寄りスポットに! 特産品や新鮮野菜、ご当地フードを販売

旅の立ち寄りスポットに! 特産品や新鮮野菜、ご当地フードを販売

テイクアウトコーナーでは、もくもくと煙を出しながら力強く走る蒸気機関車をイメージした灰色のご当地ソフトクリームや「レストランYOSHIMI」監修による復興応援企画の熟成カレーなど、安平町ならではの豊富なフードやドリンクを楽しめます。焼きたてパンを販売するベーカリーも評判です。町内外の名産品を集めた特産品コーナーでは、上質なチーズのほか、ハムやソーセージなどの加工品も充実。道の駅オリジナルグッズも揃います。

4月〜10月まで営業する農産物直売所、通称「ベジステ」には、朝採れ野菜や加工品がずらり。地元生産者のほか、近隣市町の生産者も含め、約60戸で構成された生産者協議会から届けられる新鮮野菜は格別ですよ。

施設全体のデザインと調和した、アンティーク調の高級感あふれる24時間トイレもあり、多目的トイレや授乳室も完備。子育て世代も利用しやすいのもポイントですね。

SLラストランの地にちなんだ鉄道資料館を併設

SLラストランの地にちなんだ鉄道資料館を併設

安平町の追分地区は、明治時代に炭鉱から石炭を運ぶ鉄道拠点として発展したエリア。こちらの道の駅には、「蒸気機関車D51 320号」や、北海道仕様の特急列車「キハ183系車両」が展示保存された鉄道資料館が併設されています。また、アトリウムの無料休憩コーナーに隣接したレガシーギャラリーには、大型サイネージに映し出される鉄道関連写真や映像をはじめ、街の発展を支えた鉄道文化の歴史資料を展示。鉄道ファンならずとも、見ごたえ十分です。

おわりに

この道の駅に立ち寄れば、安平町の歴史や文化、食の魅力を存分に知ることができそうです。清潔感あふれる24時間トイレや多目的トイレもあるので、北海道ドライブの休憩にぴったりですね!

魅力豊富な安平町を体感する旅をしませんか。


◆安平町 道の駅あびらD51ステーション
住所:北海道勇払郡安平町追分柏が丘49-1
電話番号:0145-29-7751
営業時間:9:00〜18:00(4〜10月)、9:00〜17:00(11〜3月)
※農産物販売所9:00~17:00(11~3月は閉鎖)
※鉄道資料館(11~3月は閉鎖)
休み:12月31日~1月3日(駐車場と公衆トイレを除く)

「安平町 道の駅あびらD51ステーション」公式ページはこちら

Related Tag

#道の駅 #旅色 #旅行 #北海道 #安平町 #グルメ #歴史

Author

TABIIRO

旅色編集部

Articles

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

全国

2021.12.06

絶景を撮影する陰には苦労も...それでも続けるドローン旅

とまこ

ドローン旅

  • NEW

埼玉県

2021.12.02

かわいすぎるムーミンたちに夢中! 「metsä」で紅葉と北欧の世界を堪能する旅

フォトジェグループ

映え旅

  • NEW

全国

2021.12.01

今こそ注目したい! マンホーラー・白浜公平がおすすめする“マンホールのふた”起点の旅

旅色編集部

TABIIRO

和歌山県

2021.11.25

旅色初登場の中村ゆりさんが湯浅町の旅をナビゲート【月刊旅色2021年12月号】

旅色編集部

TABIIRO

全国

2021.11.25

映え&コンパクト重視なデイキャンプのおすすめアイテム3選

フォトジェグループ

映え旅

大分県

2021.11.22

【民藝を巡る旅】「ここにしかない価値を守る」小鹿田焼のこれからを担う陶工・坂本創さん

旅色編集部

TABIIRO

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

ドローン旅ドローン旅

とまこ

映え旅映え旅

フォトジェグループ

TABIIRO

旅色編集部

ビール旅ビール旅

古賀麻里沙

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

恋愛旅恋愛旅

くじら

アート旅アート旅

大石絵理

ファッション旅ファッション旅

美優