絵画から広がる想像の旅へ 日本初開催のピーター・ドイグ展

東京都

2020.09.16

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
絵画から広がる想像の旅へ 日本初開催のピーター・ドイグ展

目次

閉じる

ピーター・ドイグとは?

東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」

いかがでしたか?

こんにちは! 大石絵理です。
皆さま元気に過ごされていますか? お天気が少しずつ秋へと変わり始めていますね。秋といえば、芸術の季節♪ 今回も旬なアート旅をご紹介します。

今回ご紹介したいのは、東京国立近代美術館で現在開催中の「ピーター・ドイグ展」です!

ピーター・ドイグとは?

1959年生まれ、現在61歳の画家ピーター・ドイグ。ロマンチックでミステリアスな雰囲気の作品が特徴的と言われていて、いま世界で最も注目されている現代アーティストの一人です。

スコットランドで生まれ、幼少期に父親の都合でカリブ海の島国、トリニダード・トバゴに移り、その後はカナダで生活。ファインアートを学ぶため通ったロンドンのアートスクール、チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインでは、修士号も取得しています。

彼の作品はゴッホ、マティスなどの近代アートから影響を受けているそうです。どこか懐かしい感じもありながらもモダンな風景が描かれていて、その世界観に引き込まれることでしょう。いい意味で異様さがなく、自然と受け入れることができるのです。

今回は、日本初となる個展! ピーター・ドイグの活動初期から最新作までを展示しています。それでは早速作品をご紹介していきたいと思います。

東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」

まずは、森の奥で描かれたという作品たちから…

《天の川》 1989~90年、油彩・キャンバス、152×204cm、作家蔵 ©Peter Doig. Collection of the Artist. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《天の川》 1989~90年、油彩・キャンバス、152×204cm、作家蔵 ©Peter Doig. Collection of the Artist. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

空模様からは冬にも、植物や木々からは真夏の夜にも見える、想像するのが楽しい絵画。湖に反転した天の川が美しかったです。ダークカラーにも関わらず、温かみを帯びていて、思わずじっと立ち止まってしまう作品です。

《カヌー=湖》 1997-1998年、油彩・キャンバス、200 x 300 cm、ヤゲオ財団コレクション、台湾 ©Peter Doig. Yageo Foundation Collection, Taiwan. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《カヌー=湖》 1997-1998年、油彩・キャンバス、200 x 300 cm、ヤゲオ財団コレクション、台湾 ©Peter Doig. Yageo Foundation Collection, Taiwan. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《ブロッター》 1993 年、油彩・キャンバス、249×199 cm、リバプール国⽴美術館、ウォーカー・アート・ギャラリー蔵 ©Peter Doig. National Museums Liverpool, Walker Art Gallery, Presented by the John Moores Family Trust 1993. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《ブロッター》 1993 年、油彩・キャンバス、249×199 cm、リバプール国⽴美術館、ウォーカー・アート・ギャラリー蔵 ©Peter Doig. National Museums Liverpool, Walker Art Gallery, Presented by the John Moores Family Trust 1993. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

こちらは自分の生まれた1993年の作品ということもあり、印象に残りました。凍ったピンク色の池に立ち、足元を眺める男性の一枚。儚くて、尊くて、優しい。真冬の風景をピンク色で描くという発想も素晴らしい!

《コンクリート・キャビンⅡ》 1992年、油彩・キャンバス、200 x 275 cm、アローラ・コレクション ©Peter Doig. ARORA COLLECTION. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《コンクリート・キャビンⅡ》 1992年、油彩・キャンバス、200 x 275 cm、アローラ・コレクション ©Peter Doig. ARORA COLLECTION. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

フランス北西部のブリエ・アン・フォレにあるユニテ・ダビタシオンという集合住宅を描写した作品。木々に覆われたアパートをまるで覗き込んでいるように感じる一枚。タイトルは建物なのに、それが隠されているように描かれているのが面白いです。

《夜の⽔浴者たち》 2019 年、油彩・⿇、200×275 cm、作家蔵 ©Peter Doig. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《夜の⽔浴者たち》 2019 年、油彩・⿇、200×275 cm、作家蔵 ©Peter Doig. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

こちらは2019年に描かれた新しい作品。上から空、海、砂浜と3つの色面で分けられています。砂浜と女性の組み合わせはありふれているようにも感じますが、淡いブルーで描かれた体と、うっすらこちらを眺めている女性を見ていると、不思議と心が落ち着きます。水色は人間が一番リラックスできる色なのだとか。

《ラペイルーズの壁》 2004 年、油彩・キャンバス、200×250.5cm、ニューヨーク近代美術館蔵 ©Peter Doig. Museum of Modern Art, New York. Gift of Anna Marie and Robert F. Shapiro in honor of Kynaston McShine, 2004. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《ラペイルーズの壁》 2004 年、油彩・キャンバス、200×250.5cm、ニューヨーク近代美術館蔵 ©Peter Doig. Museum of Modern Art, New York. Gift of Anna Marie and Robert F. Shapiro in honor of Kynaston McShine, 2004. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

ポート・オブ・スペインの中心地にあるラペイルーズ墓地の壁沿いを、男性がパラソルをさしながら歩いているこの作品。影になっていて見えない表情を思い浮かべようとしてしまう。壁の模様でさえも、地図のようだし、何かのシルエットにも見えるし、サビの跡とも取れる。絵の具で描かれたものは、いつも見る人によって形を変えるのが面白いですね!

《夜のスタジオ(スタジアフィルムとラケット・クラブ)》 2015年、油彩・キャンバス、296 x 200 cm、個人蔵 ©Peter Doig. Private Collection. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《夜のスタジオ(スタジアフィルムとラケット・クラブ)》 2015年、油彩・キャンバス、296 x 200 cm、個人蔵 ©Peter Doig. Private Collection. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

体をひねりながら立っている男性像ですが、書き直した線があえて残されているところが、マティスの室内画を思い出させます。ファッションなどスタイルはモダンでイマドキなのが融合されていて興味深い作品です。

《花の家(そこで会いましょう)》 2007~09年、油彩・キャンバス、300×200cm、ニューヨーク近代美術館 ©Peter Doig. Museum of Modern Art, New York. Gift of Steven and Alexandra Cohen, 2012. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《花の家(そこで会いましょう)》 2007~09年、油彩・キャンバス、300×200cm、ニューヨーク近代美術館 ©Peter Doig. Museum of Modern Art, New York. Gift of Steven and Alexandra Cohen, 2012. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

展示会場の中には、ドローイングがたくさん並べ掛けられているコーナーも。ヨーロッパのレトロな映画館の壁のようで、ファッショナブルな空間でした。

展示風景

展示風景

なかでも私が気に入ったのが2つのドローイング。家に飾りたくなるような淡い配合で、すっと受け入れやすい作品。空間が一気におしゃれになりそうですよね!

《AMY エイミー》(「スタジオフィルムクラブ」より) 2015年、油彩・紙、99×71cm、作家蔵 ©Peter Doig. Collection of the Artist. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《AMY エイミー》(「スタジオフィルムクラブ」より) 2015年、油彩・紙、99×71cm、作家蔵 ©Peter Doig. Collection of the Artist. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《情事》(「スタジオフィルムクラブ」より) 2004年、油彩・紙、72.5×57.5cm、ヴィーホフ・コレクション ©Peter Doig. Sammlung Viehof GBR. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

《情事》(「スタジオフィルムクラブ」より) 2004年、油彩・紙、72.5×57.5cm、ヴィーホフ・コレクション ©Peter Doig. Sammlung Viehof GBR. All rights reserved, DACS & JASPAR 2020 C3120

いかがでしたか?

遠くにお住まいの方、お忙しい方、足を運べない方々も、この連載で美術館を訪れたような気分を味わっていただけたら嬉しいです。

ピーター・ドイグ展は、10月11日まで開催。東京都国立近代美術館のまわりには、北の丸公園などお散歩するととても気持ちいい場所があるので、訪れた方はぜひそちにも寄ってみてください! それではまた来月、こちらでお会いしましょう~♪

■ピーター・ドイグ展
会場:東京国⽴近代美術館 1階 企画展ギャラリー
会期:~2020年10⽉11⽇(⽇)まで
休館日:⽉曜⽇(ただし8⽉10⽇、9 ⽉21⽇は開館)、8⽉11⽇、9⽉23⽇
開館時間:10:00~17:00 ⾦曜・⼟曜は 20:00 まで(⼊館は閉館30分前まで)
観覧料:⼀般1,700円
※そのほか詳細、開館情報は公式ホームページをご確認ください

Author

アート旅 大石絵理

Ambassador

アート旅アート旅

大石絵理

1993年12月22日、東京都生まれ。高校2年生の時にモデルとしてデビュー。ロンドン留学時代、美術館に訪れたことがきっかけでアート鑑賞が趣味に。モデルとして活動し、アパレルブランド「KOL」をプロデュースしている。また、TV、雑誌、広告と多岐にわたって活動中。

Articles

アート旅 大石絵理

黒と白で表現された世界。ヴァロットンの木版画に触れる旅

アート旅 大石絵理

60年の歳月をかけた作品「包まれた凱旋門」に触れる旅

アート旅 大石絵理

【埼玉】ゴッホの世界に没入。デジタルアートを全身で浴びる

New articles

- 新着記事 -

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!
  • NEW

長野県

2024.05.24

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

みっちゃん

甲信&ドライブ旅

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】
  • NEW

長崎県

2024.05.23

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅
  • NEW

福岡県

2024.05.22

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅

女子旅 ほしこ

ほしこ

女子旅

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内
  • NEW

大分県

2024.05.21

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内

九州&着物旅 かっきー

かっきー

九州&着物旅

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】
  • NEW

山梨県

2024.05.20

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】

鉄道旅 なお

なお

鉄道旅

今一番アツい交差点はここ! 原宿「ハラカド」で最先端カルチャーを浴びる

東京都

2024.05.14

今一番アツい交差点はここ! 原宿「ハラカド」で最先端カルチャーを浴びる

編集部 ホソブチ

ホソブチ

編集部

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

甲信&ドライブ旅甲信&ドライブ旅

みっちゃん

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

女子旅 ほしこ

女子旅女子旅

ほしこ

九州&着物旅 かっきー

九州&着物旅九州&着物旅

かっきー

鉄道旅 なお

鉄道旅鉄道旅

なお

編集部 ホソブチ

編集部

ホソブチ

親子旅 トシ

親子旅親子旅

トシ

LIKESレポーター ERI

LIKESレポーターLIKESレポーター

ERI