アートに心癒される旅。東京都現代美術館 オラファー・エリアソン展へ

東京都

2020.07.22

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
アートに心癒される旅。東京都現代美術館 オラファー・エリアソン展へ

目次

閉じる

東京都現代美術館「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」

自然現象を利用したインスタレーション

光と影がつくる世界

氷で描かれた水墨画

いかがでしたか?

みなさんこんにちは! 旅色アンバサダーを務めさせていただくことになりました、大石絵理です。私が連載するのは「アート旅」。昔からアートが大好きでいろいろなところへ旅しているので、ステキなアートでみなさんの心が癒されるような旅をシェアできたらと思っています。

東京都現代美術館「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」

東京都現代美術館

第1弾は……こういう時期なので、都内の方向けに近場でサクッと行ける「東京都現代美術館」で開催中の展示をご紹介します。アイスランド系デンマーク人のアーティスト、オラファー・エリアソンの「ときに川は橋となる」という、日本では10年ぶりに行われた個展です。

「ときに川は橋となる」というのは、まだ明確になっていないことや目に見えないものが確かに見えるようになる、という物事の見方の根本的なシフトを意味しているそうです。今回の展覧会では彼の代表作を含む、日本で初めて公開されるたくさんの作品が展示されていましたよ!

自然現象を利用したインスタレーション

《ビューティー》1993年

《ビューティー》1993年 Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles © 1993 Olafur Eliasson

上から降らせた霧がライトの明かりによって、見え方が変わるアート作品です。近くに行けば行くほど、くっきりとした虹が見えました。みなさんにはどんな形に見えるでしょうか?

《ときに川は橋となる》2020年

《ときに川は橋となる》2020年 Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles © 2020 Olafur Eliasson

こちらは水と光の動きを利用したインスタレーション。この個展で初公開となる新作で、展覧会のタイトルにもなっています。水のゆらぎがスクリーンに映るのが美しく、ぜひ生で体感してほしいアートです。

光と影がつくる世界

《太陽の中心への探査》2017年

《太陽の中心への探査》2017年 Courtesy of the artist and PKM Gallery, Seoul © 2017 Olafur Eliasson

こちらの部屋は、中央のオブジェからさまざまな色の光や影が広がり、とても幻想的で綺麗でした。

《おそれてる?》2004年

《おそれてる?》2004年 Kunstmuseum Wolfsburg, Germany © 2004 Olafur Eliasson

《おそれてる?》2004年

《おそれてる?》2004年 Kunstmuseum Wolfsburg, Germany © 2004 Olafur Eliasson

《おそれてる?》2004年

《おそれてる?》2004年 Kunstmuseum Wolfsburg, Germany © 2004 Olafur Eliasson

カラフルな円盤が回転し、影となって壁を彩る作品。一見シンプルに見えますが、視点を変えるといろいろな色や形に変化して見えたり、思わず写真を撮りたくなる作品でした。

氷で描かれた水墨画

左《あなたの移ろう氷河の形態学(過去)》2019年、中央《メタンの問題》2019年、右《あなたの移ろう氷河の形態学(未来)》2019年

左《あなたの移ろう氷河の形態学(過去)》2019年、中央《メタンの問題》2019年、右《あなたの移ろう氷河の形態学(未来)》2019年 Courtesy of the artist; neugerriemschneider, Berlin; Tanya Bonakdar Gallery, New York / Los Angeles © 2020 Olafur Eliasson

そして、すごく好みだった水彩画。実は、紙の上で溶けていく氷河の水と絵の具で描かれているそうです。その神秘的な描写と淡い色使いに、見ていて心が落ち着きます。

いかがでしたか?

一部ですが、印象的だった作品をご紹介しました。他にも、環境問題に向き合った新素材の紹介や、20年に渡り撮影されてきたアイスランドの写真なども展示されていました。

また東京都現代美術館の地下にあるレストラン「100本のスプーン」のラザニアがおいしいので、そちらもおすすめ!(笑)9月27日まで開催しているので、ぜひ行って見てくださいね。


■オラファー・エリアソン ときに川は橋となる
会場:東京都現代美術館 企画展示室 地下2F
会期:~2020年9月27日(日)まで
休館日:月曜日(8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日
開館時間:10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
観覧料:一般 1,400 円
※そのほか詳細、開館情報は公式ホームページをご確認ください

Author

アート旅 大石絵理

Ambassador

アート旅アート旅

大石絵理

1993年12月22日、東京都生まれ。高校2年生の時にモデルとしてデビュー。ロンドン留学時代、美術館に訪れたことがきっかけでアート鑑賞が趣味に。モデルとして活動し、アパレルブランド「KOL」をプロデュースしている。また、TV、雑誌、広告と多岐にわたって活動中。

Articles

アート旅 大石絵理

黒と白で表現された世界。ヴァロットンの木版画に触れる旅

アート旅 大石絵理

60年の歳月をかけた作品「包まれた凱旋門」に触れる旅

アート旅 大石絵理

【埼玉】ゴッホの世界に没入。デジタルアートを全身で浴びる

New articles

- 新着記事 -

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!
  • NEW

長野県

2024.05.24

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

みっちゃん

甲信&ドライブ旅

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】
  • NEW

長崎県

2024.05.23

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅
  • NEW

福岡県

2024.05.22

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅

女子旅 ほしこ

ほしこ

女子旅

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内
  • NEW

大分県

2024.05.21

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内

九州&着物旅 かっきー

かっきー

九州&着物旅

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】
  • NEW

山梨県

2024.05.20

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】

鉄道旅 なお

なお

鉄道旅

今一番アツい交差点はここ! 原宿「ハラカド」で最先端カルチャーを浴びる

東京都

2024.05.14

今一番アツい交差点はここ! 原宿「ハラカド」で最先端カルチャーを浴びる

編集部 ホソブチ

ホソブチ

編集部

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

甲信&ドライブ旅甲信&ドライブ旅

みっちゃん

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

女子旅 ほしこ

女子旅女子旅

ほしこ

九州&着物旅 かっきー

九州&着物旅九州&着物旅

かっきー

鉄道旅 なお

鉄道旅鉄道旅

なお

編集部 ホソブチ

編集部

ホソブチ

親子旅 トシ

親子旅親子旅

トシ

LIKESレポーター ERI

LIKESレポーターLIKESレポーター

ERI