オフシーズンも雨もなんくるないさ~、ちょっとツウな沖縄女子旅

沖縄県

2024.01.22

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
オフシーズンも雨もなんくるないさ~、ちょっとツウな沖縄女子旅

全国のおすすめ女子旅を紹介する旅色LIKESライターのほしこです。今回は、お得な航空チケットを使って冬の沖縄を旅してきました。沖縄といえば、夏のイメージがありますが、オフシーズン(春、秋、冬)や雨でも楽しめるアート体験や美しいスポットもたくさんあります! 定番に飽きたという人もぜひ参考にしてみてください。

目次

閉じる

沖縄には行ってみたい! やってみたい! があふれている

沖縄の海を持って帰る「海レジンアート体験」

お気に入りの「やちむん」を求めて

自然に癒される、ちゅらさん(きれい)な穴場スポット

海を見ながらおしゃべり弾む、のんびりホテルステイ

おわりに

沖縄には行ってみたい! やってみたい! があふれている

冬は沖縄のオフシーズンといわれ、旅先の候補から外れがちではありませんか? 今回は「オフシーズンでも楽しめる場所を知りたい」、「天気を気にせず楽しみたい」、「沖縄の思い出を持ち帰りたい」といった願いを叶えるスポットを紹介します。

沖縄の海を持って帰る「海レジンアート体験」

完成品がこちら。1週間ほどでレジンが乾くので、その後に郵送してくれます。思い出が届くのがとても嬉しい。

アクリル絵の具で海を描く。濃い青と薄い青の境目は実ははっきり分かれているのです。ここがこだわりポイント!

砂浜に実際の砂を使ったり、貝殻や琉球ガラスの破片を乗せてもいい。

白波は先生に助けてもらいながら、ドライヤーで描く。一番難しい作業です……。

私が以前からチャレンジしたかった「海レジンアート体験」。パネルやコースターに海を描いて、レジンでコーティングして作るものです。友人と同じ海を思い浮かべて作成しても、色合いや使うパーツによって全く異なるものができるのがおもしろい。海が大好きな私は「沖縄の海を持って帰る」をテーマに、特に色合いにこだわって制作しました。旅中で撮った写真の中から見本となる海をイメージしておくと迷いが軽減するかも!?

教えてくださったのは「ちむどんどん夫婦」。優しくてあったかい方々で、おしゃべりも弾みます。沖縄の観光情報を発信しているインスタグラマーでもあるお二人から、島のおすすめも教えていただき、忘れられないひと時となりました。

◆OKINASIA
住所:ご予約された方への詳細送付
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日
体験料:アートパネル B5 7,800円、A4 8,900円、B4 13,800円、インテリア時計 正方形 12,800円、円形 12,800円
所要時間:1.5〜2.5時間ほど
※1回の体験3名まで

「OKINASIA」公式Instagram

お気に入りの「やちむん」を求めて

壺屋やちむん通りができた頃に作られたといわれている登り窯。

壺屋やちむん通りができた頃に作られたといわれている登り窯。

“やちむん”とは、焼物のことです。那覇市の「壺屋やちむん通り」は、1600年代から海外へ泡盛などを輸出するための焼き物づくりで栄えた町。焼き物を大量につくるために登り窯で作られていました。しかし大量の煙が出てしまうことから、拠点を読谷村(よみたんそん)の「やちむんの里」に移すことに。今でも登り窯以外の方法で、焼き物づくりが行われています。沖縄の“やちむん”としてよく目にする上焼(じょうやち)は、絵付けをして釉薬(ゆうやく)※1 を塗り、焼いたもので表面がつやっとしています。昔ながらのお店ではシーサーや大きな骨壺も売られていて驚きましたが、最近はオシャレな食器類などを扱うお店も増えています。様々な作家さんの作品が並ぶため、好みの「やちむん」に出会えること間違いなし!

※1 陶磁器の表面を覆うガラス質の膜

さまざまな風合いのお皿が並びます。

焼き物アクセサリーにハマる私が一目ぼれした、ミンサー(織物)をモチーフにしたピアス。色違いもたくさんあって悩みます。

クマが覗くかわいい空間。

私のお気に入りのお店は「ヤッチとムーン」。ディスプレイがとても素敵で、飾ってあるお皿を見るだけでワクワクします。セレクトショップのように個性豊かな器が揃っていました。

◆ヤッチとムーン
住所:沖縄県那覇市壺屋1-21-9
電話:098-988-9639
営業時間:10:00~18:30
定休日:年中無休

「ヤッチとムーン」公式HP

徒歩約1分のところにある姉妹店の「UTSUWA チャタロウ」も訪れることで、より多くの焼き物に出会うことができます。

◆UTSUWA チャタロウ
住所:沖縄県那覇市壷屋1-8-12
電話:098-862-8890
営業時間:10:00~19:00

ホテルの客室で出会って一目ぼれしたコップ。

ホテルの客室で出会って一目ぼれしたコップ。

やちむん通り以外にも素敵なお店があります。ホテルで出会ったのは、北部にある本部町(もとぶちょう)の「Laboratorio 43pottery」のコップ。沖縄の海を彷彿とさせる碧が魅力的です。ほかにも、鮮やかな青が美しいうるま市にある「うるま陶器」など、沖縄にはたくさんのやちむんのお店があります。

◆Laboratorio 43pottery
住所:沖縄県国頭郡本部町山川1421
電話:0980-43-7789
営業時間:10:00~18:00

◆うるま陶器
住所:沖縄県うるま市与那城屋慶名405
営業時間:10:00~16:00
定休日:年中無休
支払い方法:現金のみ

「Laboratorio 43pottery 」公式HP
「うるま陶器」公式Instagram

自然に癒される、ちゅらさん(きれい)な穴場スポット

1. 果報(かふう)バンタ

眼下には、満月の日にはウミガメが産卵する砂浜。雨でもこんな美しいのです。

道中にあるパワースポット「竜宮門」。元日にはご来光と奥の「かめ島」を見に来る人も。

車で本島から海中道路を走って宮城島へ。ぬちまーす観光製塩ファクトリーの駐車場から少し歩くと、敷地内に「果報バンタ」という絶景があります。岸壁に囲まれた海岸を見下ろすと、あいにくの雨・強風の日に訪れてもエメラルドグリーンの美しい海を見ること。晴れていたらどれだけ美しいことでしょうか。

ほんのりブルーな「うみそら塩ソフト」。しょっぱ甘くて美おいしい!

ほんのりブルーな「うみそら塩ソフト」。しょっぱ甘くて美おいしい!

ぬちまーす観光製塩ファクトリーは、宮城島の海水のみを原料とした塩づくりをする世界唯一の工場。「ぬち」は命、「まーす」は塩という意味です。塩づくりの様子が無料で見学できるほか、お土産や塩グルメをいただくことができます。お土産のおすすめは、「海まるごと本格だし」。贅沢なだしパックはミネラルをたくさん含んだ塩が使われていて、このまま煮出すだけでほんのり塩味のおいしいスープが完成!

◆ちまーす観光製塩ファクトリー、果報バンタ
住所:うるま市与那城宮城 2768
電話:098-983-1111
営業時間:9:00~17:30

「ぬちまーす観光製塩ファクトリー」公式HP

2. 備瀬のフクギ並木

フクギの木のトンネル。

YonnaBise(よんなーびせ)。

美ら海水族館から車で10分ほどのところに、高さ約15メートルのフクギの木で囲まれた並木道があります。防風林として家の周りに植えられたのが始まりで、晴れた日には木漏れ日が気持ちよく、また少しの雨や雨上がりでは、緑が濃くなり美しい。自転車や電動キックボードをレンタルして、辺りを巡ることもできます。海沿いに出れば、ゆっくりと海を眺めてお散歩できる心地よいスポットです。「YonnaBise(よんなーびせ)」というカフェやワークショップ体験ができる施設もあります。

◆備瀬のフクギ並木
住所:国頭郡本部町備瀬389
駐車場:無料(近くにコインパーキングも有)

◆YonnaBise
住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬505

「YonnaBise」公式Instagram

海を見ながらおしゃべり弾む、のんびりホテルステイ

「オーシャンスタイルデラックスルーム」は2~6名での宿泊が可能。

海を眺めながらのおしゃべりは最高。

今回訪ねたのは名護市にある「TWIN-LINE HOTEL YANBARU OKINAWA」。2023年夏にリニューアルオープンした建物は、入り口からお洒落。アメニティコーナーに自分好みの香りを選べる“バスソルト”や“ヘアオイル”もあるのが女子には嬉しいポイントです。オーシャンビューの部屋は、どこに座ろうか迷ってしまう広さ……。

沖縄カルタなど、ボードゲームも豊富。

ビールやソフトドリンクはもちろん、泡盛も飲み放題!

ビリヤードやダーツも完備。飲み物片手に勝負も楽しい。

夕食の前後はラウンジへ。アルコールを含む飲み物はフリーフロー、さらにボードゲームやビリヤード、ダーツも完備されています。ソファでゆったりおしゃべりもよし、ゲームをして盛り上がるもよし!

朝からモリモリ! 沖縄そばも自分で作れるんです。

南国風情があふれるビュッフェ会場。夕食は宿泊者以外も利用可能です。

今宵のショーは夫婦デュオ「emikutu(エミクトゥ)」。

ホテルのイチオシはビュッフェ。沖縄の食材をふんだんに使った食べ切れないほど多くの種類のお料理が並びます。特に日替わりチャンプルーがおいしかったです。夕食時には日替わりで生演奏を楽しめます。一緒に沖縄民謡「カチャーシー」を踊ったり、手拍子して楽しいひとときを過ごせました。

◆TWIN-LINE HOTEL YANBARU OKINAWA
住所:沖縄県名護市幸喜108
電話:0980-53-0330
駐車場:有料

TWIN-LINE HOTEL YANBARU OKINAWA

おわりに

今回の旅では、うちなんちゅ(沖縄生まれ)の友人やアート体験で出会ったご夫婦に教えてもらった場所を巡りました。地元の人も愛するスポットは、季節や天気関係なく、いつ行っても素敵な体験をさせてくれるパワースポットばかりでした。オフシーズンは航空券やホテル代などを押さえていくことができるメリットもあります。夏に行く沖縄とはちょっと違う、ツウなスポットを巡り、新たな沖縄を発見してみてはいかがでしょうか。

Related Tag

#ホテルステイ #離島 #沖縄 #女子旅 #自然 #ものづくり体験 #クラフト

Author

女子旅 ほしこ

女子旅女子旅

ほしこ

都内在住の旅好きOLです。特に好きなのはグルメ(お酒)・写真・島旅・クラフト。日帰り旅や週末旅行を中心に楽しむ中で、女子に嬉しい情報を発信していきます。

Articles

女子旅 ほしこ

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅

女子旅 ほしこ

選んで楽しい! もらって嬉しい! 女子におすすめの京都みやげ新定番

女子旅 ほしこ

福島県の桜の名所「三春町」に行くなら立ち寄ってほしいグルメスポット

New articles

- 新着記事 -

湯田温泉の仕掛け人に聞く! 観光客を呼ぶアイデアの生み方と実現できる理由
  • NEW

山口県

2024.06.19

湯田温泉の仕掛け人に聞く! 観光客を呼ぶアイデアの生み方と実現できる理由

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【京都在住ライターのご近所さんぽ】京都迎賓館と周辺を歩く
  • NEW

京都府

2024.06.17

【京都在住ライターのご近所さんぽ】京都迎賓館と周辺を歩く

京都おさんぽ旅 ちあき

ちあき

京都おさんぽ旅

【長野】 「松本はしごマップ」でお得に楽しむ! 松本ツウの筆者おすすめ、雨の日でも楽しめる屋内施設8つ
  • NEW

長野県

2024.06.16

【長野】 「松本はしごマップ」でお得に楽しむ! 松本ツウの筆者おすすめ、雨の日でも楽しめる屋内施設8つ

ワーケーション旅 &ヨシカ

&ヨシカ

ワーケーション旅

変わったこと、変わらないこと。今の神戸の楽しみ方を、観光局に聞きました

兵庫県

2024.06.13

変わったこと、変わらないこと。今の神戸の楽しみ方を、観光局に聞きました

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【結果発表】旅色×川越市「#小江戸川越春夏秋冬の景色」フォトコンテスト

埼玉県

2024.06.12

【結果発表】旅色×川越市「#小江戸川越春夏秋冬の景色」フォトコンテスト

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【倉方俊輔の建築旅】神戸・北野エリアに集う7つの宗教建築を巡る

兵庫県

2024.06.11

【倉方俊輔の建築旅】神戸・北野エリアに集う7つの宗教建築を巡る

建築史家 倉方俊輔

倉方俊輔

建築史家

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

京都おさんぽ旅 ちあき

京都おさんぽ旅京都おさんぽ旅

ちあき

ワーケーション旅 &ヨシカ

ワーケーション旅ワーケーション旅

&ヨシカ

LIKESレポーター ERI

LIKESレポーターLIKESレポーター

ERI

建築史家 倉方俊輔

建築史家

倉方俊輔

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

甲信&ドライブ旅甲信&ドライブ旅

みっちゃん

トレンド旅 おんり

トレンド旅トレンド旅

おんり

旅色LIKES メンバー

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー