お酒にグルメ、温泉も! 東海オンエアゆめまるさんと土佐有輝さんが巡った武雄市“飲み旅”スポットまとめ

佐賀県

2023.05.12

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
お酒にグルメ、温泉も! 東海オンエアゆめまるさんと土佐有輝さんが巡った武雄市“飲み旅”スポットまとめ

佐賀県の西部に位置する武雄市は、「佐賀県日本酒で乾杯を推進する条例」や「The SAGA 認定酒」としておいしい日本酒の認定など、日本酒文化が根強いまちです。「お酒とおつまみを楽しむ飲み旅から、その町を知る」をテーマに、町の魅力や飲み旅の楽しみ方を深掘り、発信する旅色のYouTube番組「飲み旅-NOMITABI-チャンネル」では、お酒を飲みながら武雄市の観光地を巡りつつ、武雄市の魅力に迫りました。動画クリエイターグループの東海オンエア・ゆめまるさんと、お笑い芸人の土佐兄弟・有輝さんが実際に巡ったスポットを紹介していきます。

目次

閉じる

武雄市の玄関口にある「武雄 旅 書店」

市内唯一の造り酒屋「牟田酒造場」

武雄市に来たら必ず見ておきたい“武雄の3大巨木”

735年創建の「武雄神社」

地元で愛され続ける居酒屋「御食事処 がねび」

“若楠ポーク”が味わえる居酒屋「旬彩料理 このみ」

国の重要文化財にもなっている楼門が目を引く「武雄温泉」

オーナーのこだわりが感じられる「coffee shop 喜蔵」

武雄土産を買うならここ! 「武雄温泉物産館」

ちゃんぽんだけでなくかつ丼も人気!? 「井手ちゃんぽん 本店」

おわりに

武雄市の玄関口にある「武雄 旅 書店」

旅書店
旅書店

西九州新幹線の開業に合わせてオープンした「武雄 旅 書店」。“旅”をコンセプトにした店内には、旅に関連する本や西九州エリアの工芸品や食べ物、お酒などが揃います。扱っている商品はどれもこだわりを感じられ、思わず手に取りたくなるものばかりです。

旅書店
旅書店

外にはテラス席があるので、天気がいい日は武雄の景色を眺めながらお酒を飲むことで、気分がリフレッシュできそう。店内奥にも座席スペースが設けられていて、お店で販売されている本を片手にコーヒーを飲んだり、新幹線が来るまでの時間をつぶしたり、ゆったりと過ごしてみては。

◆武雄 旅 書店
住所:佐賀県武雄市武雄町大字昭和13-21
電話番号:0954-22-2542
営業時間:8:00~21:00
定休日:年末年始

市内唯一の造り酒屋「牟田酒造場」

牟田酒造場
牟田酒造場

約400年の伝統を誇る老舗で、武雄市に現存する唯一の造り酒屋「牟田酒造場」。現在は販売のみ行っていますが、当時の蔵はそのまま残されています。店内には武雄市にある巨木をパッケージにした「巨木の里 武雄」や、酒粕で造られた焼酎「かすとり本部」なども売られているので、武雄市に行った際には要チェックです。

御船山

ここで販売されているお酒の中でも特に注目は、純米大吟醸「御船山」。西九州新幹線の開業を記念して誕生しました。牟田酒造場が地元の米を使用して一からプロデュースしたオリジナル。フルーティーでスッキリとした飲み口なので、普段日本酒を飲まない方にもおすすめです。「御船山」についてもっと知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

◆牟田酒造場
住所:佐賀県武雄市若木町本部
電話番号:0954-26-2001
営業時間:9:00~17:00

西九州新幹線開業記念で誕生した武雄市の日本酒「御船山」を知る

武雄市に来たら必ず見ておきたい“武雄の3大巨木”

市内にある3大巨木も、武雄旅に欠かせないスポット。それぞれ面白い特徴があるので、一つずつ紹介します。

全国5位の巨木「川古の大楠」

川古の大楠

武雄市若木町にある「川古の大楠」は、全国5位の大きさを誇る巨木です。樹齢3000年という、長い歴史を持っています。「飲み旅-NOMITABI-チャンネル」では、土佐兄弟・有輝さんが、巨木付近にあるリアルなマネキンを使ったネタを披露。こちらも必見です!

◆川古の大楠
住所:佐賀県武雄市若木町大字川古7843

過去に落雷があったものの今も残り続ける「塚崎の大楠」

塚崎の大楠

先ほど紹介した「川古の大楠」は全国5位という大きさでしたが、「塚崎の大楠」は1963年に落雷にあったものの、今も力強い姿でそびえ立つ巨木です。落雷の影響で、巨木の中心部が空洞になっているのが特徴。小高い山を登った先に「塚崎の大楠」が見えてきます。

◆塚崎の大楠
住所:武雄市武雄町大字武雄5563-2 文化会館北側

神社の敷地内にある「武雄の大楠」

武雄の大楠

最後に紹介するのは、武雄神社内にある「武雄の大楠」。樹齢3000年で、全国7位という歴史ある巨木です。「武雄の大楠」に向かう入り口には“御神木”と書かれた鳥居が。くぐり抜けて進んだ先は、厳かな空気に包まれています。

◆武雄の大楠
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄5327

735年創建の「武雄神社」

武雄神社
傘みくじ

ゆめまるさんと有輝さんが挑戦した“傘みくじ”

「武雄の大楠」がある「武雄神社」は御船山の東麓に位置する、市内最古の歴史を持つ神社。“延命長寿”や“病気平癒・無病息災”を願う「大楠守」をはじめとするお守りや、傘の形をした“傘みくじ”など、気になるものがたくさん用意されています。東海オンエアのゆめまるさんと土佐兄弟の有輝さんは傘の形をした「傘みくじ」に挑戦。2人とも「旅・旅行」の結果に嫌な予感を隠せない様子……。気になる結果は動画をチェック。

◆武雄神社
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄5327
電話番号:0954-22-2976

白亜の本殿に入手困難なお守り、ユニークなご朱印……武雄神社を徹底解説[佐賀県]

地元で愛され続ける居酒屋「御食事処 がねび」

がねび

武雄温泉駅から徒歩約4分の場所にある「御食事処 がねび」。九州の日本酒や牛すじ煮込み、おでんなど、豊富なメニューが用意されている居酒屋です。

がねび

地元客はもちろん、出張で武雄市に来ているビジネスマンも多く訪れるそう。居心地がよく、アットホームな雰囲気で過ごせるのが、地元で愛され続ける理由かもしれません。お店おすすめの佐賀名物「温泉豆腐」は、ここに来たら絶対に食べてほしい注目の逸品です。

◆御食事処 がねび
住所:佐賀県武雄市武雄町富岡7751-28
営業時間:16:30~22:00
定休日:無休

“若楠ポーク”が味わえる居酒屋「旬彩料理 このみ」

このみ

こちらも武雄温泉駅から徒歩約4分のところにある居酒屋。武雄特産のレモングラスをスープに使用した、さっぱりとした味わいが人気の“レモしゃぶ”発祥のお店としても知られており、武雄市名産のレモングラスを使った焼酎「白金香酔」など、佐賀グルメを楽しむのにぴったりのお店です。

このみ

「旬彩料理 このみ」で特に食べてほしいお肉は、武雄市のブランド豚「若楠ポーク」。武雄市若木町にある川口畜産で育てられた「若楠ポーク」は、かつて肉質日本一にも輝いたことがある、市の特産品。店内では、岩盤焼きやしゃぶしゃぶなどにして食べられます。武雄市に来たら、ぜひ食べてみては。

◆旬彩料理 このみ
住所:佐賀県武雄市武雄町大字富岡7754-3
電話番号:0954-23-3622
営業時間:17:00~22:30
定休日:日曜日―※予約があれば営業

酒のアテにぴったりな「若楠ポーク」とは!? 地元の方が激推しする理由を調査

国の重要文化財にもなっている楼門が目を引く「武雄温泉」

武雄温泉

武雄市の観光に欠かせないのが温泉。“美人の湯”としても知られている「武雄温泉」は、1300年以上の歴史を持ち、共同浴場や貸し切り湯など、さまざまなお風呂が楽しめます。アルカリ単純泉の湯で肌触りがよいことが特徴で、土佐兄弟の有輝さんや東海オンエアのゆめまるさんも「お肌がスベスベになっている気がする~」と満喫されていました。

楼門

楼門

武雄温泉新館

武雄温泉新館

思わず見とれてしまうほどの立派な楼門と、門をくぐり抜けた先に見える武雄温泉新館は、東京駅を手掛けた建築家・辰野金吾氏が設計。大正時代に建てられた国の重要文化財としても知られています。温泉だけではなく、建物にも注目してみてくださいね。

◆武雄温泉
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425
電話番号:0954-23-2001
営業時間:6:30~24:00
定休日:無休

オーナーのこだわりが感じられる「coffee shop 喜蔵」

喜蔵
喜蔵

武雄温泉から徒歩約2分、武雄温泉通りにある「coffee shop 喜蔵」は、豊富な豆の種類が揃うコーヒーショップ。豆は世界各国から厳選されたものだけを扱うというこだわりで、浅煎りや深煎りなど、お好みの味を選べます。カフェスペースでは挽きたての珈琲のほか、クラフトビールを楽しむことも。

東海オンエアのゆめまるさんは「宇宙SENSEI」(写真右)、土佐兄弟の有輝さんは「Banana splash」(写真中央)を飲みました!

ゆめまるさんは「宇宙SENSEI」(写真右)、有輝さんは「Banana splash」(写真中央)を飲みました!

東海オンエアのゆめまるさんは「宇宙SENSEI」(写真右)、土佐兄弟の有輝さんは「Banana splash」(写真中央)を飲みました!

クラフトビールは見慣れないラベルのものが並んでいて、どれも興味をそそられるものばかり。東海オンエアのゆめまるさんは「宇宙SENSEI」を、土佐兄弟の有輝さんは「Banana splash」をそれぞれ選んで乾杯! お店に行った際にはクラフトビールを店内で味わってみては。

◆coffee shop 喜蔵
住所:武雄町大字武雄7425
電話番号:0954-22-2662
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休

武雄土産を買うならここ! 「武雄温泉物産館」

物産館

お土産は旅に欠かせないですよね。武雄旅の思い出にぜひ立ち寄ってほしいのが「武雄温泉物産館」。地元のスイーツや野菜、武雄市ならではのお土産が何でも揃います。

物産館

「武雄温泉物産館」では、お土産以外にも注目してほしいポイントが。それはお店の名物お姉さんたち! 明るい接客に、笑顔になること間違いありません。ここにきたら買い物だけではなく名物お姉さんたちにも声をかけて、さらに旅の思い出を深めてみましょう。

◆武雄温泉物産館
住所:佐賀県武雄市武雄町大字昭和805
電話番号:0954-22-4597
営業時間:8:30~17:00
定休日:無休

ちゃんぽんだけでなくかつ丼も人気!? 「井手ちゃんぽん 本店」

ちゃんぽん

地元のおいしいグルメで旅を締めくくりましょう。武雄市の名物といえば「井手ちゃんぽん」。別名“武雄・北方ちゃんぽん街道”とも呼ばれている国道34号線沿いにあるお店は、毎日お昼になると行列ができるほど高い人気を誇ります。創業以来変わらない、たっぷりの野菜とこってりしたスープの味わいに、多くの人が魅了されています。

ちゃんぽん
かつ丼

ちゃんぽんだけではなく、実はカツ丼もおいしいと評判なのですが、福岡空港には、この井手ちゃんぽんがプロデュースする「井手カツ丼」というカツ丼専門店があります。福岡空港に行く機会があれば、ぜひ「井手カツ丼」をご賞味ください。ビールとの相性が抜群なちゃんぽんを食べて、さらに武雄での飲み旅を満喫してみましょう。

◆井手ちゃんぽん 本店
住所:佐賀県武雄市北方町大字志久1928
電話番号:0954-36-2047
営業時間:11:00~21:00(LO20:30)※第1、3、5火曜日は11:00~15:00
定休日:水曜日

おわりに

旅色の動画番組「飲み旅-NOMITABI-チャンネル」で巡った観光スポットを紹介しました。今回行った場所以外にも、まだまだ魅力が詰まっています。お酒、グルメ、温泉と、旅に欠かせない要素が詰まった武雄市で「飲み旅」をしてみては。

旅色の動画番組「飲み旅-NOMITABI-チャンネル」はこちらから

Related Tag

#ビール #日本酒 #飲み旅 #佐賀県 #武雄市

Author

編集部 シラタ

編集部

シラタ

あまり関西弁は出ませんが生まれも育ちも兵庫県、生粋の関西人です。今年こそは沖縄の海に潜りたい。旅色LIKESのことならお任せください!

Articles

編集部 シラタ

大震災を機にUターンしておむすび屋を開業した店主・栃本さんに聞く、新たな一歩を踏み出す福島県浪江町が持つ魅力とは

編集部 シラタ

羽田美智子さんが町のあたたかさに触れる 『月刊旅色2024年3月号』が公開!

編集部 シラタ

美肌は1日にしてならず。高梨臨さんの【旅グッズ】4選

New articles

- 新着記事 -

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!
  • NEW

長野県

2024.05.24

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

みっちゃん

甲信&ドライブ旅

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】
  • NEW

長崎県

2024.05.23

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅
  • NEW

福岡県

2024.05.22

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅

女子旅 ほしこ

ほしこ

女子旅

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内
  • NEW

大分県

2024.05.21

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内

九州&着物旅 かっきー

かっきー

九州&着物旅

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】
  • NEW

山梨県

2024.05.20

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】

鉄道旅 なお

なお

鉄道旅

今一番アツい交差点はここ! 原宿「ハラカド」で最先端カルチャーを浴びる

東京都

2024.05.14

今一番アツい交差点はここ! 原宿「ハラカド」で最先端カルチャーを浴びる

編集部 ホソブチ

ホソブチ

編集部

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

甲信&ドライブ旅甲信&ドライブ旅

みっちゃん

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

女子旅 ほしこ

女子旅女子旅

ほしこ

九州&着物旅 かっきー

九州&着物旅九州&着物旅

かっきー

鉄道旅 なお

鉄道旅鉄道旅

なお

編集部 ホソブチ

編集部

ホソブチ

親子旅 トシ

親子旅親子旅

トシ

LIKESレポーター ERI

LIKESレポーターLIKESレポーター

ERI