一人旅での不安解消! 福島県いわき市のひとりご飯でも入りやすいお店8選

福島県

2023.01.20

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
一人旅での不安解消! 福島県いわき市のひとりご飯でも入りやすいお店8選

毎日忙しく働き、自分を甘やかすため誰にも気を使わないひとり旅をしてみたい。そんな方も多いのでは? ひとつ不安なのがひとりで過ごす“食事時間”。今回、品川駅から特急2時間30分で行ける、福島県いわき市に不安を解消できるお店を探すべく、取材で行ってきました。いわき市で水揚げされた水産物“常磐もの“が食べられるお店を含め、ひとりでも入りやすいお店を8店舗ご紹介いたします。

目次

閉じる

食事面での不安

① 個室あり・ハンバーグが人気「Delica Cafe Kibaco」

② カウンター席あり・焼菓子とコーヒーでブレイクタイム「Blue mug COFFEE」

③ カウンター席あり・あんこう鍋が食べられる「ごはん・カフェきゅういち」

④ カウンター席あり・めひかりの握りが食べられる「いわき海鮮寿司 おのざき ラトブ店」

⑤ カウンター席あり・おひとり様来店も多い「ブレイク 平本店」

⑥ カウンター席あり・食券スタイルで声かけ不要 「浜鶏 いわき・ら・ら・ミュウ店」

⑦ ご当地ス-パーでお惣菜をGET! 「スーパーマルト」

【番外編①】 ひとりご飯余裕! という方におすすめ「魚処 寿々花」

出張中滞在したホテル「Hotel Apex Resort」

おわりに

食事面での不安

一人旅を経験したいが、“一人でお店に入るのに勇気がいる”、“一人ご飯が苦手”、“一人で食事が恥ずかしい”など、どこかで不安に感じる方もいるのでは? 旅のお悩みを解決するべく、カウンター席があるお店やおひとり様が多いお店、個室、テイクアウトグルメなど、一人でも安心して食事が出来る飲食店を調査してきました。なぜ福島県いわき市? と思った方、こちらの記事をぜひ読んでみてください。

【福島・いわき市】地元人と読者からの情報で旅する5日間!行ったからこそ知る魅力

① 個室あり・ハンバーグが人気「Delica Cafe Kibaco」

ご主人がDIYしたウッド調で温もり溢れる店内は、ひと席ずつ個室に。人の目を気にすることなくおひとり様でも気軽に入れるお店です。店内にはドライフラワーや雑貨なども飾ってありとてもかわいらしく、どこの席でも写真映え。落ち着いた空間でゆっくり食事をするのにぴったりです。

入り口

入り口

手作りのプライベート空間

手作りのプライベート空間

ソファー席も完備

ソファー席も完備

席のデザインはさまざま

席のデザインはさまざま

晴れた日には日差しも気持ちい

晴れた日には日差しも気持ちい

外観

外観

おすすめのメニューが「ハンバーグ」。地元の方からも“飲めるハンバーグ”と、大人気なんです。仕込み時間を短縮したいという思いからフライパンやオーブンは使わずに、ビーフシチューと一緒に真空パックに入れ低温調理をしています。ハンバーグにはビーフシチューの旨味、ビーフシチューにはハンバーグの旨味が伝わり、旨味の逃げ場がなし!

ご飯は毎回土鍋で炊いてくれこちらのご飯目当てという方も多いんだとか。注文が入ってから炊き上げるので提供までに少々時間はかかりますが、ふっくらおいしいお米を食べるためここは我慢!

こだわりはまだあります。一緒に提供しているサラダの野菜は自家栽培。ドレッシングも手作りで、にんじん、玉ねぎ、パプリカをペースト状にしこちらも野菜の旨味がギュッと詰まっています。ドレッシングを購入していくお客様も多いそうですよ。

自慢のハンバーグと土鍋ごはん

自慢のハンバーグと土鍋ごはん

ハンバーグ

ハンバーグ

土鍋ご飯

土鍋ご飯

デザートにプリンもおすすめ

デザートにプリンもおすすめ

車で10分の距離には市内の子どもたちが「10年後のいわき」をテーマに描いた絵画が展示されている「いわき回廊美術館」があるので一緒にお楽しみ下さい。

② カウンター席あり・焼菓子とコーヒーでブレイクタイム「Blue mug COFFEE」

おしゃれな内装でカウンター席もあるこちらのお店は、ひとりで入りやすいだけではないんです。テラス席もあり愛犬との私服のひと時が過ごせます。他にもスロープがありバリアフリー仕様。妊娠してる方や若い方、ご年配の方まで幅広い層の方から人気のカフェなんですよ。テーブル席で作業をしている方もちらほら。冬は薪ストーブがあり火を眺めながら“無”になって注文したメニューが届くのを待つ時間もひとり旅ならではの贅沢な過ごし方なはず。

外観

外観

店内①

店内①

テラス席

テラス席

暖炉

暖炉

店内にある焙煎機で自家焙煎

店内にある焙煎機で自家焙煎

お店に入りすぐに置いてある焼菓子が入ったショーケース。かわいい焼菓子と共に、生豆のまま仕入れ、店内にある焙煎機で自家焙煎したコーヒーをチョイスしましょう! 香り高いコーヒーは1番人気の 「カヌレ」との相性抜群。カヌレはカリモチ触感でたまごをしっかり感じられ、つい2つ目を買いに行きたくなるおいしさ。

店内で食事をするとかわいらしい青いマグカップにてコーヒーが登場。「購入したい」と全国からお問い合わせも来るそうで、店頭でも購入可能ですが、旅行中割れないようにと心配するのもちょっと……。そんな方に朗報! LINEからも購入できるので安心です。

カヌレとキャラメルビスケットラテ

カヌレとキャラメルビスケットラテ

カヌレ

カヌレ

焼き菓子①

焼き菓子①

焼き菓子②

焼き菓子②

かわいらしいオリジナル商品

かわいらしいオリジナル商品

こちらのお店からも車で5分の距離に「いわき回廊美術館」があります。

③ カウンター席あり・あんこう鍋が食べられる「ごはん・カフェきゅういち」

あんこう鍋はどうしても食べたくお店を探していましたが、“2名様から注文可”というお店が多くお店探しに挫折しかけていました。諦めずお店を探していると“お一人鍋から注文可能です”という文字を発見。テンション爆上がり!

外観

外観

店内

店内

朝の情報番組でも取り上げられる有名店で、カウンター席がありひとりで食事がしやすいお店です。お店の方も優しくいわき市のおすすめなど親身になってお話をしてくれました。店内は華やかで晴れた日には太陽の陽ざしが心地よいそんな空間です。

あんこう鍋は11月~3月で食べられる限定のメニューですが、定食メニューも豊富。定食メニューであればテイクアウトも可能なので目の前の「豊間海岸」で海を眺めながらの食事もおすすめです。

車で5分のところには、全国に16基しかないのぼれる灯台の一つ「塩屋埼灯台」があります。「日本の灯台50選」にも選ばれている人気スポットなので併せて行ってみてください。

あんこう鍋(一人前1,800円)

あんこう鍋(一人前1,800円)

プリプリのあんこう

プリプリのあんこう

あんこう鍋のおいしい食べ方

あんこう鍋のおいしい食べ方

メニュー

メニュー

④ カウンター席あり・めひかりの握りが食べられる「いわき海鮮寿司 おのざき ラトブ店」

いわき駅の改札を出て左へ行き徒歩すぐ。創業1923年の海鮮海産物専門の老舗店です。鮮魚店直営だからこそ実現できる価格で、新鮮なネタが味わえます。お寿司はサクッと食べたい物が食べられ、食事時間を短縮できるのがおひとり様での食事でもチャレンジしやすいかも?

外観

外観

食べていただきたいのが「常磐もの七浜握り(1,800円)」です。常磐沖で育ち水揚げされた常磐もの7貫がいただけます。「醤油でもいいですが、ぜひ塩で! 」と塩も一緒に! 素材の旨味、甘味を引き出してくれる塩は案の定いい仕事をしてくれました。プリプリの身は噛めば噛むほど旨味が口いっぱいに広がります。ひとりで食べていましたが「おいしい……」と声が漏れます。7貫の中でのおすすめは「目光炙り」。皮が薄く脂が乗っているのが特徴のメヒカリは炙ることで身がギュッと引き締まり、香ばしさもプラスされます。

常磐もの七浜握り(1,800円)

常磐もの七浜握り(1,800円)

メニュー①

メニュー①

メニュー②

メニュー②

メニューには炙っていない「目光の握り」もあります。炙りがおいしかったのでもう一回食べたい気持ちもありつつ、炙ってないのも食べたいな……と悩み店員さんに「失礼な質問なんですが、どっちがおすすめですか? 」と聞いてみました。すると「炙りですね~。炙りと生1貫ずつにしましょうか? 」と……。“神”と心のなかで叫ばせていただきました。身は柔らかく脂もあるのですがやっぱり私も炙り派でした。注文時、勇気を出して質問するだけでちょっと得する事もあるんですね。

目光炙りと生の目光

目光炙りと生の目光

⑤ カウンター席あり・おひとり様来店も多い「ブレイク 平本店」

いわき駅の改札を出て左へ行き徒歩3分。デカ盛りのサンドイッチやパフェ、トーストが食べられると有名なお店です。店内はTHE喫茶店といったレトロな雰囲気。カウンター席にもテーブル席にもひとりで来店している方がちらほら。カウンター席の方ではお客さんがお店の方と話をしている姿も見られます。

外観

外観

メニューの看板

メニューの看板

メニューが豊富でどれを注文しようか迷い、またまたお店の方に質問……。「時間が限られるのでモーニングがいいかも! 」と背中を押していただき注文。

分厚いトーストとサラダ、ハムエッグのセットでこれぞモーニングという感じ。「ミックスピザ・トースト」も人気のようで注文している方のを横目でチラッと覗いてみましたがトーストの高さがあり、チーズもとろけていてボリューム満点。食べきれなかった分はテイクアウト出来るので小腹が空いた時用にいいですね。

モーニングセット①

モーニングセット①

モーニングセット②

モーニングセット②

追加注文した固めのプリン

追加注文した固めのプリン

⑥ カウンター席あり・食券スタイルで声かけ不要 「浜鶏 いわき・ら・ら・ミュウ店」

「いわきをぎゅーっと。」をキャッチフレーズにした観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」内にあるラーメン屋さんです。ひとりラーメンはちょっと抵抗ありますが、入り口すぐに食券機があるので、メニューが決まった後の一声が不要なのが嬉しいポイントかも。また、席はテーブル席だけでなく、カウンター席もあるので人目を避けたい時はカウンター席がおすすめです。

外観①

外観①

外観②

外観②

店内

店内

メニュー

メニュー

名物メニューの「浜鶏ラーメン」は、さっぱりとした鶏ガラスープに濃厚な白湯を合わせ魚介スープをアクセントとしたダブルスープのラーメンです。 あっさりとしているのにコクがあり鶏の旨味が詰まっています。いただいたのはこちらの店舗限定の「浜鶏かつお節ラーメン」。削りたてのかつお節の風味と板のり、あおさのりの磯の香りが相性抜群です。

浜鶏かつお節ラーメン

浜鶏かつお節ラーメン

⑦ ご当地ス-パーでお惣菜をGET! 「スーパーマルト」

いくら入りやすいお店があってもやっぱりひとりご飯は苦手な方もいるのでは? そんな時におすすめなのがご当地スーパーです。全国スーパーマーケット協会が主催する「お弁当・お惣菜大賞」を受賞した「店内手作りおにぎり又兵衛しまほっけ」や、カツオが旬の時期にだけ販売される「常磐ものかつおかつ重」など、いわき市の食材が詰まったとっておきのお惣菜が集まる宝庫なんです。詳しくは一般社団法人全国ご当地スーパー協会の方が紹介してくれたこちらのプランをご覧ください。

お総菜詳細はこちらもご覧ください。

私も「店内手作りおにぎり又兵衛しまほっけ」、「常磐ものかつおかつ重」を購入しホテルで食べました。おにぎりは結構お米が多く食べごたえがあります。しまほっけもたっぷり入っていて大満足! 「常磐ものかつおかつ重」はあっさりした出汁なのか、重さを感じず、胃もたれする丼ものは得意としていませんでしたが、そんな心配もなく完食。冷めてもおいしいのがお惣菜のすごいところ。私はホテルでテレビを見ながら食べましたが、海辺や公園などお好みの場所でいただけるのでいいですよね。

「店内手作りおにぎり又兵衛しまほっけ」

「店内手作りおにぎり又兵衛しまほっけ」

海苔の中

海苔の中

パックからお米を出す

パックからお米を出す

海苔を巻く(いただきます)

海苔を巻く(いただきます)

「常磐ものかつおかつ重」

「常磐ものかつおかつ重」

【番外編①】 ひとりご飯余裕! という方におすすめ「魚処 寿々花」

いわき駅から徒歩5分。駅近くに宿泊し夕食で常磐ものとお酒を楽しみたい。という方におすすめ。仲介人の資格を持つ店長が新鮮な魚介類を港から直送。魚の“うまみ”を存分に楽しめます。カウンター席からテーブル席までありカウンター席に座りお店の方とのお話も可能です。1日目の夕食で立ち寄り、私のお話に付き合っていただき、最後には一緒に写真を……。

店内

店内

優しい店長さん

優しい店長さん

まずは恒例の何を食べたら良いかの質問(笑)。チョイスしたのがメヒカリ(700円)、ホッキ貝のお造り(880円)、ヒラメのお造り(900円)です。お話を聞いていると「東京は高いよね何もかも(笑)」と、確かに! 新鮮でこのコスパの高さ。メヒカリはフワッフワの身に上品な脂。お酒が進みます!!! ホッキ貝は噛めば噛むほど甘みと旨味が広がるほどジューシー! ヒラメは淡白でありながら旨味が感じられます。もみじおろし、ネギ、わさび、柚子胡椒が添えられポン酢と一緒に提供しています。卓上にはお醤油もあるのでお好みの食べ方を見つけてみてください。

お会計時に、二日酔いに効く柿をサービスしてくれます。甘みがしっかりありジューシーでおいしかったです。「この優しさ記事にも書いてね! 」と……(笑)

サービス面での優しさはこれだけではありません。メヒカリの横で燃えている炎。実は取材用で写真を撮っていたら消えてしまったのです。すると「写真まだ撮るよね! もう一回付けますよ」と言い付け直してくれました。なんて優しいんだ……と嬉しくなりました。ひとりで居酒屋に入るのは初めてでちょっとドキドキしていましたが、楽しく食事をいただきました。

豪華なラインナップ

豪華なラインナップ

ヒラメのお造り(900円)

ヒラメのお造り(900円)

ホッキ貝のお造り(880円)

ホッキ貝のお造り(880円)

メヒカリ(700円)

メヒカリ(700円)

お会計時にくてる柿

お会計時にくてる柿

出張中滞在したホテル「Hotel Apex Resort」

いわき駅近くのお店を3つ紹介しましたが、宿泊施設にはいわき駅から徒歩10分ほどのこちらがおすすめです。

館内はハワイアンの雰囲気漂う落ち着いた空間で 「日常を忘れ、心地良い時間をお過ごしいただきたい」という思いが詰まっているんです。客室はおしゃれでありながらシンプルで、リゾートホテルの雰囲気。2泊しましたが「まだ宿泊していたい。」と思えるほど居心地の良さを感じられ、自宅にいるかのようなリラックスした時間が過ごせます。

外観①

外観①

外観②

外観②

リゾートツイン①

リゾートツイン①

リゾートツイン②

リゾートツイン②

朝食が豪華。ダイニングに続くドアを抜けると、ハワイアンカフェを彷彿とさせる爽やかな空間がお出迎えしてくれます。席はカウンター席とテーブル席の2種類。朝食の内容は白米を中心にお箸が進むようなおかずばかりで、エネルギーをしっかりチャージできるはず。

朝食①

朝食①

朝食②

朝食②

おわりに

いかがでしたでしょうか? ひとりご飯になれている私ですが、居酒屋さんはちょっとレベル高いな……とお店に入るまでドキドキしていました。でも入ってみたら楽しいもので、友達と「おいしいね」なんて交わす言葉はありませんが、食と向き合い味わって素材のおいしさと向き合える時間があります。少しでも自分にあった解消方法が見つかり、福島県いわき市の魅力にも気づき、行ってみたい! と思っていただけたら嬉しいです。

旅色ではほかにもいわき市の旅行プランを公開中です。

いわきで海鮮グルメ堪能 歴史に触れる夫婦旅
いわきのハワイアンズへ 地元グルメを堪能する旅
ハワイアンズへ女子旅 いわきで果物狩りも満喫
いわきへ日帰り観光 トマト狩りも楽しむ旅
福島ハワイアンズで遊ぶ 水族館も楽しむ子連れ旅

Related Tag

#福島県 #ひとり旅 #いわき市 #グルメ #しなの鉄道 #国内旅行 #不安解消

Author

旅色コンシェルジュ イタガキ

旅色コンシェルジュ

イタガキ

脳内観光MAP。調理師免許を持っておりおいしいグルメには目がありません。一番好きな食べ物はいちごで、ここ数年のブームはおいしいポテトフライ探し。

Articles

旅色コンシェルジュ イタガキ

【大阪】鶴橋コリアンタウン・梅田・道頓堀で大阪グルメを食べ歩き! おすすめのお店8選

旅色コンシェルジュ イタガキ

【福島・いわき市】地元人と読者からの情報で旅する5日間!行ったからこそ知る魅力

旅色コンシェルジュ イタガキ

私的魅力度ランキング第1位! 知られざる福井県の魅力お伝えします

New articles

- 新着記事 -

湯田温泉の仕掛け人に聞く! 観光客を呼ぶアイデアの生み方と実現できる理由
  • NEW

山口県

2024.06.19

湯田温泉の仕掛け人に聞く! 観光客を呼ぶアイデアの生み方と実現できる理由

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【京都在住ライターのご近所さんぽ】京都迎賓館と周辺を歩く
  • NEW

京都府

2024.06.17

【京都在住ライターのご近所さんぽ】京都迎賓館と周辺を歩く

京都おさんぽ旅 ちあき

ちあき

京都おさんぽ旅

【長野】 「松本はしごマップ」でお得に楽しむ! 松本ツウの筆者おすすめ、雨の日でも楽しめる屋内施設8つ
  • NEW

長野県

2024.06.16

【長野】 「松本はしごマップ」でお得に楽しむ! 松本ツウの筆者おすすめ、雨の日でも楽しめる屋内施設8つ

ワーケーション旅 &ヨシカ

&ヨシカ

ワーケーション旅

変わったこと、変わらないこと。今の神戸の楽しみ方を、観光局に聞きました

兵庫県

2024.06.13

変わったこと、変わらないこと。今の神戸の楽しみ方を、観光局に聞きました

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【結果発表】旅色×川越市「#小江戸川越春夏秋冬の景色」フォトコンテスト

埼玉県

2024.06.12

【結果発表】旅色×川越市「#小江戸川越春夏秋冬の景色」フォトコンテスト

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【倉方俊輔の建築旅】神戸・北野エリアに集う7つの宗教建築を巡る

兵庫県

2024.06.11

【倉方俊輔の建築旅】神戸・北野エリアに集う7つの宗教建築を巡る

建築史家 倉方俊輔

倉方俊輔

建築史家

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

京都おさんぽ旅 ちあき

京都おさんぽ旅京都おさんぽ旅

ちあき

ワーケーション旅 &ヨシカ

ワーケーション旅ワーケーション旅

&ヨシカ

LIKESレポーター ERI

LIKESレポーターLIKESレポーター

ERI

建築史家 倉方俊輔

建築史家

倉方俊輔

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

甲信&ドライブ旅甲信&ドライブ旅

みっちゃん

トレンド旅 おんり

トレンド旅トレンド旅

おんり

旅色LIKES メンバー

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー