帝国ホテルの朝食について考えてみる/ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.5

東京都

2022.10.12

LINEでシェア
はてなでシェア
pocketでシェア
帝国ホテルの朝食について考えてみる/ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.5

近年、進化著しいホテル朝食にフォーカスし、全国のビジネスホテルやシティーホテルの朝食を紹介してきた本連載。最終回は日本を代表するホテルといっても過言ではない「帝国ホテル 東京」の朝食を取り上げたいと思います。

写真/瀧澤信秋

目次

閉じる

はじめに:サービスアパートメントを利用して感じたこと

朝食1:日本料理 東京なだ万

朝食2:オールデイダイニング パークサイドダイナー

朝食3:ルームサービス

番外編 クリーニングもサブスク!?

おわりに

はじめに:サービスアパートメントを利用して感じたこと

連載スタート当初は予定のなかったテーマでしたが、今回、帝国ホテル 東京の朝食に着目したのは個人的な事情によるものです。

というのも、コロナ禍のホテルトピックとして大きな話題を呼んだ「帝国ホテル 東京のサービスアパートメント」、いわゆるホテル暮らしを体験したことでした。サービスアパートメントは帝国ホテル 東京のタワー館となりますが、多彩な客室が用意されており、なかでも、最上階31Fペントハウスフロアの2ベッドルームスイートは天井高3m超えで開放感抜群、贅沢この上ない空間となっています。

サービスアパートメントの朝食として、ルームサービスではサブスク方式も採用されており、一人5泊31,500円/30泊63,000円でオーダーし放題(1度の注文で1品目1つまで)となっています。メニューはカレー/サラダ/スープ/サンドイッチ(パン類)/パスタ類/デザートなど一定のカテゴリーにしてバリエーション豊富。

ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.5

オーダー可能な時間帯は11時~22時までと遅めの朝食(ブランチ)に遅めのランチ、夕食で利用すれば食事は、(理屈としては)全て賄えることになります。客室の小型タブレットでオーダーできるのも気楽でイイ。帝国ホテルでタブレットオーダーなんて時代の進化を感じますが、こうした取り組みなどを見ると、決して伝統と格式に甘んじない先取性を感じます。

ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.5

客室に届けられるルームサービスワゴンの雰囲気はさすがの“帝国クオリティー”です。生花を欠かさないのも流石としか言い様がありません。サービスアパートメントの食事として別途料金の発生するサブスクについて解説しましたが、朝食という点では、サービスアパートメント誕生に伴い各フロアにコミュニティルームが新設、7時~10時の間にはパンが提供されます。

ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.5

そのほか、コーヒーベンダー、電子レンジ、トースター、アイスベンダー、洗濯機、アイロンなど長期滞在に助かる設備も揃っています。とはいえ折角の帝国暮らし、普段なかなか体験できない朝食もしっかりと体験してきました。3つの朝食を紹介したいと思います。

朝食1:日本料理 東京なだ万

まずは、本館地下1階の「日本料理 東京なだ万」へ。なだ万といえば190年という歴史と伝統に培われた格調高い日本料理で知られます。まさに帝国ホテル 東京にふさわしい和食の名店といえますが、店内は数奇屋風で雰囲気も抜群、実際に出向くとその質感の高さを改めて感じることでしょう。四季を感じつつ旬の素材が味わえる懐石料理はまさにイメージのなだ万ですが、そんな本格的な和のエッセンスは朝食にも体現されています。

ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.5

本格的な和定食であることは当然として、何よりまず感動するのがふっくらと炊き上げられているご飯。これを見て味わっただけで朝食クオリティーがわかるような気がします。お味噌汁、料理一つひとつも味付けが秀逸。和食でありがちな甘ったるさはなく、繊細なダシを感じるのはさすがとしか言いようがありません。
料金/4,400円
営業時間/7:00~10:00(ラストオーダー)

朝食2:オールデイダイニング パークサイドダイナー

こちらは本館1階にあるオールデイダイニングで早朝から深夜まで利用可能。みゆき通りに面しており、朝は窓から光が差し込む明るく開放的な空間を感じられる時間です。店内はカウンター席、広々としたベンチシート、窓側のラウンドシートなど多彩。利用形態に応じてフレキシブルに座席もセレクトできそうです。パンケーキ、アメリカンクラブハウスサンドイッチ、シーザーサラダや野菜カレーといった帝国ホテル伝統の人気メニューをはじめ、ボリュームのあるハンバーガーやグリル料理など楽しめるダイナーですが、朝食も充実。

ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.5

ジュース(オレンジ、グレープフルーツなど5種類から)のおいしさで体が目覚め、卵料理(オムレツ、目玉焼き、スクランブル、ポーチ、ボイルの5種類から)にもホテルらしさを味わいつつ、付け合わせ(ベーコン、ハム、ソーセージ)も含めてパンと共に楽しめます。まさに“帝国クオリティー”なスタンダードアメリカンブレックファスト。コーヒーまたは紅茶付き、卵料理はパンケーキにも変更できます。

料金/4,400円~
営業時間/7:00~11:00(ラストオーダー)

朝食3:ルームサービス

せっかくの長期“帝国暮らし”ということで各種朝食を試してきましたが、やはり外せないルームサービス朝食も紹介します。和と洋を1セットずつなどオーダーできるのはルームサービスの醍醐味といえますが、届いてみるとなだ万とパークサイドダイナーの合わせ技であることが判明。部屋でゆったりとなだ万、そしてパークサイドダイナーの朝食が堪能できるなんて贅沢この上ない時間です。ルームサービスワゴンには帝国ホテルのアイデンティティーとも言えそうな生花が。

ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.5

●アメリカンブレックファスト
各項目より一つずつ選べる
・オレンジジュース/グレープフルーツジュース/アップルジュース/トマトジュース/ベジタブルジュース  
・目玉焼き/スクランブル/プレーンオムレツ/ゆで卵/ポーチ
・ハム/ソーセージ/ベーコン
・ブレックファストロール/トースト
・コーヒー/紅茶

料金/4,620円~
提供時間/6:00~11:30

ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.5

●和朝食
・ご飯またはお粥
・小鉢盛/焼魚/煮物/焼海苔
・味噌汁

料金/4,620円
提供時間/7:15~10:00

上記のようなセットメニューのほかにも、トーストや卵料理、スープなど、多彩なアラカルトメニューも用意されているので、自分流アレンジで好みの組み合わせができるのも嬉しいところ。いずれにしても、部屋で時間を気にせずゆっくりと朝食を楽しめるのは何よりです。

番外編 クリーニングもサブスク!?

帝国ホテルサービスアパートメントのサブスクとして、ルームサービスに加えクリーニングもあります。ライトプラン(30泊34,500円)でも個人的に日常着衣する上半身範囲はほぼカバーできました。

ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.5

おわりに

帝国ホテル 東京のサービスアパートメントの朝食をはじめとした朝食ラインナップはいかがだったでしょうか? 今回はサブスクリプションのルームサービスと朝食のラインナップを紹介しましたが、もちろん多彩なレストランを擁するホテルだけに魅力的なグルメが揃っています。出向けば伝統と格式を実感できることでしょう。

なお、記載の料金は消費税込、サービス料別、紹介したメニューが変更になる場合などありますので、実際の利用に際しては公式サイトなどでチェックいだたければと思います。

Related Tag

#ホテル #宿 #朝食 #サブスク #瀧澤信秋 #帝国ホテル #ホテル暮らし #サービスアパートメント

Author

ホテル評論家 瀧澤信秋

ホテル評論家

瀧澤信秋

1971年生まれ。ホテル評論家、旅行作家。国内ホテルを対象に、利用者目線やコストパフォーマンスを重視した取材調査、評論、批評を行う。財団法人宿泊施設活性化機構理事、一般社団法人宿泊施設関連協会アドバイザリーボードを務めるほか、多数メディアでも幅広く活躍。著書に『辛口評論家、星野リゾートに泊まってみた』(光文社新書)など。 (プロフィール画像撮影:片桐圭)

Articles

ホテル評論家 瀧澤信秋

サミット会議場のホテルも! ホテル評論家・瀧澤信秋が選ぶ広島の注目ホテル3選

ホテル評論家 瀧澤信秋

朝食がすごいシティホテル3選/ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.4

ホテル評論家 瀧澤信秋

朝食ブッフェがすごいビジネスホテル3選(西日本編)/ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.3

New articles

- 新着記事 -

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!
  • NEW

長野県

2024.05.24

【長野・小川村】おやきの故郷、「小川の庄おやき村」で縄文おやき作り体験をしよう!

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

みっちゃん

甲信&ドライブ旅

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】
  • NEW

長崎県

2024.05.23

2024年5月にプライベートサウナがオープン! 旅色地域プロデューサーが足繁く通う「雲仙みかどホテル」で、骨抜きになる癒し旅へ【長崎】

tabiiro 旅色編集部

旅色編集部

tabiiro

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅
  • NEW

福岡県

2024.05.22

【福岡・糸島】おすすめの絶景とカフェへ! 初夏のドライブ女子旅

女子旅 ほしこ

ほしこ

女子旅

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内
  • NEW

大分県

2024.05.21

【開催間近!】市の一大イベント「川開き観光祭」と合わせて巡りたいスポットを九州在住ライターがご案内

九州&着物旅 かっきー

かっきー

九州&着物旅

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】
  • NEW

山梨県

2024.05.20

富士山周辺の観光を堪能! 鉄道旅ライターが行く、富士急行旅【山梨】

鉄道旅 なお

なお

鉄道旅

今一番アツい交差点はここ! 原宿「ハラカド」で最先端カルチャーを浴びる

東京都

2024.05.14

今一番アツい交差点はここ! 原宿「ハラカド」で最先端カルチャーを浴びる

編集部 ホソブチ

ホソブチ

編集部

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

甲信&ドライブ旅 みっちゃん

甲信&ドライブ旅甲信&ドライブ旅

みっちゃん

tabiiro 旅色編集部

tabiiro

旅色編集部

女子旅 ほしこ

女子旅女子旅

ほしこ

九州&着物旅 かっきー

九州&着物旅九州&着物旅

かっきー

鉄道旅 なお

鉄道旅鉄道旅

なお

編集部 ホソブチ

編集部

ホソブチ

親子旅 トシ

親子旅親子旅

トシ

LIKESレポーター ERI

LIKESレポーターLIKESレポーター

ERI