【佐賀・有田】旅と伝統が結ぶ未来。有田焼のトレジャーハンティング

佐賀県

2022.07.02

LINEでシェア
はてなでシェア
【佐賀・有田】旅と伝統が結ぶ未来。有田焼のトレジャーハンティング

旅色LIKESメンバーの美娜さんが、有田焼で有名な佐賀県有田市へ「トレジャーハンティング」を体験。有田焼をたくさん手に入れようという思いで参加した美娜さんは、トレジャーハンティングを通して伝統と新たな価値に触れたようです。

目次

閉じる

◆この記事を書いたメンバー

佐賀県有田市に受け継がれる「有田焼」

トレジャーハンティングとは?

レッツ・トレジャーハンティング!

ハンティングの結果は?

トレジャーハンティングとSDGs

旅する器、「肥前トラベリングタンブラー」

伝統ある有田焼は、外国人によって新しい価値を生み出しました

◆この記事を書いたメンバー

美娜さん
福岡市在住です。 写真、寺社仏閣、自然、世界遺産が好きです。 鉄道旅も好きで、青春18切符で日本一周に出かけたことも。 目指せ47都道府県制覇、目指せ世界一周! コロナ禍の今は本屋に行って、雑誌を見ながら妄想旅行してます。

佐賀県有田市に受け継がれる「有田焼」

有田焼で有名な佐賀県有田市。1616年、朝鮮人陶工・李参平に陶磁器の原料である陶石が有田で発見され、日本で初めての磁器が誕生しました。それから400年以上「やきものの里」として、伝統と技術が脈々と受け継がれています。その歴史ある町で、お得に有田焼が手に入るという話を聞きつけたので体験しに行ってきました。

トレジャーハンティングとは?

トレジャーハンティングとは、倉庫にある器を制限時間90分でかごいっぱいに詰め込むことができる、佐賀県有田市にある幸楽窯でもっとも人気のあるサービスです。幸楽窯はJR有田駅から車で約5分、博多から有田まで特急電車で1時間半ほどの場所にあります。

1865年、初代徳永虎助さんが登り窯を築いて150年余り。初期は火鉢の生産や家庭用食器、戦時中は軍用食器を生産し、現在は「家庭に幸いを、食卓に楽しさを」をモットーに家庭用や割烹用、贈答品など幅広く生産されています。

まずはコースを選択します。5,500円(税込)コースは、仕掛品といった製作途中のものや、いつの窯元かわからないような年代物が中心です。11,000円(税込)コースは、5,500円コースにエリアがプラス。色付きものなど、見た目に華やかなものが多いです。

かごの数は一人で一つ、二人で一つなど、組み合わせは自由です。かごのサイズは買い物かごよりひと回り小さいサイズ。あふれた場合は高さで料金が加算されるので、買取りか戻すシステムです。

今回は二人で5,500円(税込)コースをチョイス。かごと軍手を渡されたら、いよいよトレジャーハンティングに出発です。

レッツ・トレジャーハンティング!

倉庫の中に入ると、どこを見ても器だらけ。どこから探そうか迷ってしまうほどの大量の箱が、所狭しと積み上げられています。

この中にどんな器があるのか、どれだけハンティングできるのか。運動会のリレーをスタートするようなドキドキ感がして、胸が高鳴ってきました。箱は何段にも重なっていてるので動かして大丈夫ですが、全部見て回るにはとても時間が足りそうにありません。

ひとつ手にとってはどんな料理を作ろうか、どう使おうか、いくつあるといいか。器と器がぶつかり合う音をBGMに、家に連れて帰った時のことを想像しながら、深い倉庫の中に潜り込んでいきます。

一輪挿しや醤油挿し、湯のみ、平皿、深皿。皿には重厚感があります。自分が探し出しただけなのに特別なものに見えてくるから不思議です。白磁に藍色の模様が有田焼の陶磁器らしくて素敵だと思いました。

こちらは11,000円コースのプラスエリア。5,500円コースを選択しましたが、途中で変えてもよいとのことで、どんなものがあるか覗いてみることに。模様や色が華やかなものが多く、花の形やひし形、台座が高いものなど器の形もバラエティーに富んだラインナップです。

ハンティングの結果は?

1時間ほどで物色を終え、かごからはみ出さないように詰め直したら終了です。あっという間の90分でした。

最終的には5,500円コースのままハンティングし、お会計に。少しはみ出したので500円プラスでお買取りしました。合計はなんと30点! 大満足のトレジャーハンティングでした。

トレジャーハンティングとSDGs

トレジャーハンティングを企画したのは幸楽窯で働いているブラジル人、ピメンタ・セバスチアオさん。有田焼に魅了された一人です。「もったいない」という思いから、作りすぎ、小さなごみが器にある、廃棄予定といった理由で倉庫に眠っているB級品をトレジャーハンティングに出品しています。

SDGsの目標として掲げている「働きがいも経済成長も」、「人や国の不平等をなくそう」、「つくる責任つかう責任」のもと、女性や外国人の積極的雇用、環境の配慮、社会福祉・地域支援に取り組んでいるそうです。幸楽窯さんのギャラリーを見学をしていると、従業員の方とお話することができました。

トレジャーハンティングの商品はB級品といわれるものです。器にごみがあったり、転写がずれているものもあります。しかし、家庭で使って問題があるものではありません。食洗器もレンジもほとんどがOKです。

器の上部に黒い点がついています

器の上部に黒い点がついています

廃棄されるものが商品として、訪れた人の体験・思い出として生まれ変わります。

旅する器、「肥前トラベリングタンブラー」

有田在住のカナダ人陶芸家、ジェレミーパレジュリアンさんによる旅する器、「肥前トラベリングタンブラー」も幸楽窯で取り扱っています。アーティスト支援の一環である“Artist’s Edition”として、タンブラーの売り上げから報酬が支払われる取り組みです。佐賀県と長崎県にまたがる肥前窯業圏として日本文化遺産に登録されていることから、「唐津・武雄」「有田」「伊万里」「平戸・三川内」「波佐見・吉田」の5つをデザインされています。

「トラベルリングタンブラー」という名前は、旅色メンバーにとってたまらなく魅力的なネーミング。旅好きならやはり目に留まりますし、デザインも各エリアの特色があって一緒に旅がしたくなりますね。

伝統ある有田焼は、外国人によって新しい価値を生み出しました

どれだけお得に有田焼を手に入れようかと、欲まみれだったトレジャーハンティング。実は、有田焼に魅せられた外国の方々によるアイディアでした。そこにはSDGsをはじめ地域を巻き込み、私たちの生活と有田焼を融合させ、新しい価値を生み出していました。

物質的な形のあるものから、一人ひとりの思い出に変化したトレジャーハンティング。見事に伝統と思い出を融合させる素晴らしい体験となりました。

Related Tag

#旅色LIKES #佐賀県 #有田市 #有田焼

Author

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

旅色の有料ファンコミュニティ「旅色LIKES」のメンバーたちによる旅記事。「お試しステイ」企画による滞在レポートや、ライター講座の課題の優秀作品など、メンバーの個性があふれるコンテンツを紹介しています。

Articles

【横浜・新高島】テレワークも週末デートにも。猛暑日でも楽しめるひんやりスポット「S/PARK(エスパーク)」の過ごし方

サッポロ割でアクティブにいこう! 北海道2泊3日の旅

池上本門寺でのコケ愛あふれたイベントはアツかった!

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

神奈川県

2022.08.09

【横浜・新高島】テレワークも週末デートにも。猛暑日でも楽しめるひんやりスポット「S/PARK(エスパーク)」の過ごし方

メンバー

旅色LIKES

  • NEW

愛媛県

2022.08.09

夏を楽しむ! しまなみ海道絶景スポット巡りでフォトジェニックな旅

saori

映え旅

  • NEW

北海道

2022.08.08

サッポロ割でアクティブにいこう! 北海道2泊3日の旅

メンバー

旅色LIKES

  • NEW

香川県

2022.08.08

桃太郎の鬼ヶ島といわれる香川県・女木島で、海“超目の前”の宿に癒され鬼に笑いまくる

とまこ

ドローン旅作家

  • NEW

全国

2022.08.07

朝食ブッフェがすごいビジネスホテル3選(西日本編)/ホテル評論家・瀧澤信秋 連載vol.3

瀧澤信秋

ホテル評論家

  • NEW

岡山県

2022.08.06

佐野ひなこさんが、岡山県高梁市の街を巡ります「旅色FO-CAL高梁市」が公開

アベ

編集部

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

旅色LIKES旅色LIKES

メンバー

映え旅映え旅

saori

ドローン旅作家

とまこ

ホテル評論家

瀧澤信秋

編集部

アベ

自転車旅自転車旅

土庄雄平

旅色LIKESライター旅色LIKESライター

なお

TABIIRO

旅色編集部